吉川愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
よしかわ あい
吉川 愛
別名義 吉田 里琴(本名)
生年月日 (1999-10-28) 1999年10月28日(21歳)
出身地 日本の旗 日本東京都葛飾区[1]
身長 162 cm[1]
血液型 B型
職業 女優タレント
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2002年 - 2016年4月1日
2017年4月 -
事務所 ムーン・ザ・チャイルド(2002年- 2016年4月1日)
研音(2017年4月 - )
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
十二人の死にたい子どもたち
虹色デイズ
ハニーレモンソーダ
テレビドラマ
オー!マイ・ガール!!
メイちゃんの執事
初めて恋をした日に読む話
恋はつづくよどこまでも
おちょやん
カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。〜
テンプレートを表示

吉川 愛(よしかわ あい、1999年10月28日 - )は、日本女優、元子役

東京都出身[2]研音所属。

吉田 里琴(よしだ りこ)として活動した後、2016年4月に一時芸能界を引退したが、2017年4月から復帰し現在の芸名へ改名[3]

経歴[編集]

3歳で芸能界入り、5歳の時にコカ・コーラ爽健美茶のCMでデビュー[4]

2016年4月1日、学業に専念することを理由として芸能活動を停止し、引退を発表した[5][6][7]

一時引退後は「勉強に専念し、芸能界の仕事には一切の未練もない」として学業に専念し、パン店でのアルバイト店員も経験するなど一般の女子高生として日々の生活を送っていたが、研音のスタッフからスカウトされたことをきっかけに未練に気付き女優業復帰を決意した[8]。研音のスタッフは、吉田里琴と知らずにスカウトしていた[8]

2017年4月1日、吉川愛と芸名を改め、研音所属俳優として心機一転の再デビューを果たした[3]。復帰第1作は同年7月期ドラマ『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ)[8]

憧れる女優は共演経験のある深田恭子綾瀬はるか[9]。子役時代の目標は同じ子役のダコタ・ファニング

出演 (吉田里琴名義)[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

雑誌(吉田里琴名義)

  • memew vol.34』(2007年)
  • 月刊少年チャンピオン』(2007年3月号)
  • ピュアピュア Vol.41』(2007年)
  • 月刊 Audition』(2007年4月号)
  • Kindai』(2007年5月号)
  • 『月刊 Audition』(2007年9月号)
  • 『ピュアピュア Vol.45』(2007年)
  • 『Kindai』(2008年4月号)
  • 『CM美少女U-19 SELECTION 100』(2008年)
  • 『Kindai』(2008年12月号)
  • できる子は10歳までに作られる』(2009年冬&春号表紙)
  • Myojo』(2009年1月号)
  • 『Girls! アイドル トレーディングカード大全 vol.27』(2009年)
  • 『memew vol.42』(2009年)
  • 『月刊 Audition』(2009年4月号)
  • 『Kindai』(2009年4月号)
  • 『memew vol.48』(2010年)
  • 『LIFEwork 第10号 100人のライフワーク』(2011年)
  • 『memew vol.51』(2011年)
  • 『memew presents ナキガオ ver.2』(2012年)
  • B.L.T. U-17 Vol.23』(2012年)
  • 『月刊 Audition』(2012年10月号)
  • 『MOTO NAVI』(2015年2月号)

出演(吉川愛名義)[編集]

テレビドラマ[編集]

インターネットドラマ[編集]

映画[編集]

吹き替え[編集]

CM[編集]

写真集(吉川愛名義)[編集]

  • i(2018年2月17日、ワニブックス、撮影:Takeo Dec.)ISBN 978-4-8470-4996-5[33]
  • off(2019年10月28日、ワニブックス、撮影:藤本薫)ISBN 978-4-8470-8238-2

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 板垣李光人とW主演。
  2. ^ 当初は6月5日に公開予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い延期された[28]

出典[編集]

  1. ^ a b 【吉川愛】プロフィール(年齢・身長・ツイッター・インスタグラム) - エキサイトニュース” (2021年3月9日). 2021年5月9日閲覧。
  2. ^ 公式プロフィール”. 研音. 2017年4月6日閲覧。
  3. ^ a b 子役で活躍 吉田里琴が芸能界復帰 吉川愛に「いろんなことにチャレンジ」”. Sponichi Annex (2017年4月6日). 2017年4月6日閲覧。
  4. ^ 高倉文紀. “可憐な演技派・吉田里琴は15歳にして女優歴10年”. タレントパワーランキング. アーキテクト. 2015年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月4日閲覧。
  5. ^ ““天才子役”吉田里琴、ブログで芸能界引退を発表…今後は学業に専念”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2016年4月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160401/geo16040116530021-n1.html 2016年4月1日閲覧。 
  6. ^ ご報告”. 吉田里琴 公式ブログ. LINE (2016年4月1日). 2016年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月1日閲覧。
  7. ^ ““天才子役”“あまちゃん”吉田里琴が芸能界引退を発表…学業専念”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年4月1日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/01/kiji/K20160401012323210.html 2021年1月4日閲覧。 
  8. ^ a b c “あまちゃん出演の吉川愛 引退から1年…街でスカウト、女優復帰”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年7月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/27/kiji/20170726s00041000308000c.html 2017年7月27日閲覧。 
  9. ^ 衣輪晋一 (2020年3月20日). “『恋つづ』好演が話題の吉川愛、“天才子役”が芸能界に復帰した理由”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年3月20日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j k 吉川愛 プロフィール - 研音
  11. ^ “「吉田里琴」改め吉川愛で1年半ぶり女優復帰!”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年6月6日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170605-OHT1T50184.html 2017年6月6日閲覧。 
  12. ^ “平岡祐太演じるルポライターのロマンスも! 四万十の隠れ里に潜む宿命とは? 新・浅見光彦シリーズ「平家伝説殺人事件」”. music.jpニュース (株式会社エムティーアイ). (2018年5月21日). http://music-book.jp/video/news/news/186552 2018年5月21日閲覧。 
  13. ^ “ドラマ 「初めて恋をした日に読む話」出演! 吉川愛さんにインタビュー|”. ウォーカープラス (株式会社KADOKAWA). (2019年1月16日). https://www.walkerplus.com/article/175998/ 2020年3月22日閲覧。 
  14. ^ “緊急取調室:第9話 キントリ、最後の事件 吉川愛演じる“北山未亜”が再登場 吉田鋼太郎も”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2019年6月13日). https://mantan-web.jp/article/20190612dog00m200049000c.html 2019年6月14日閲覧。 
  15. ^ “シャーロック:吉川愛&和田正人がゲスト出演 “前世”で起こした殺人の記憶を巡る事件が発生”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年11月4日). https://mantan-web.jp/article/20191104dog00m200020000c.html 2019年11月12日閲覧。 
  16. ^ “【いだてん】新たな出演者16人発表 三谷幸喜、松田龍平、怒髪天の増子ら出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年9月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2144891/full/ 2020年3月22日閲覧。 
  17. ^ “ミキ昴生、吉川愛、堀田真由、平岩紙が「恋はつづくよどこまでも」でナース役”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年12月11日). https://natalie.mu/eiga/news/358965 2020年3月22日閲覧。 
  18. ^ “「世にも奇妙な物語’20秋の特別編」の放送が決定!広瀬すず、濱田岳、高橋克己、大竹しのぶらが出演”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年7月11日). https://hochi.news/articles/20200711-OHT1T50113.html 2020年7月12日閲覧。 
  19. ^ “吉川愛:NHK「就活生日記」第2弾で主演 “メガネっ娘”の女子大生に 就活仲間役に鞘師里保”. まんたんウェブ (MANTAN). (2020年12月24日). https://mantan-web.jp/article/20201224dog00m200033000c.html 2020年12月29日閲覧。 
  20. ^ 《2020年度後期》連続テレビ小説 新たな出演者&「語り」決定!”. NHKオンライン. NHK (2020年8月13日). 2020年8月13日閲覧。
  21. ^ “吉川愛:カフェーの店員役で「おちょやん」に登場 流ちょうな富山弁に「一発でファン」「最強」の声”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2021年1月4日). https://mantan-web.jp/article/20210104dog00m200027000c.html 2021年1月4日閲覧。 
  22. ^ “橋本環奈、連続ドラマW初出演&初主演 葵わかな&吉川愛と共演”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2020年12月6日). https://www.crank-in.net/news/83795/1 2020年12月6日閲覧。 
  23. ^ “「ジェンダーレス男子に愛されています。」ドラマ化!吉川愛、板垣李光人のW主演”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2021年3月2日). https://natalie.mu/comic/news/418324 2021年3月2日閲覧。 
  24. ^ “松坂桃李、現代社会を斬るブラックコメディードラマで主演<今ここにある危機とぼくの好感度について>”. モデルプレス. (2020年11月24日). https://mdpr.jp/news/detail/2319681 2020年11月24日閲覧。 
  25. ^ “映画「虹色デイズ」女子キャストに吉川愛、恒松祐里、堀田真由、坂東希”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年1月12日). https://natalie.mu/comic/news/264874 2018年2月18日閲覧。 
  26. ^ “杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜!「十二人の死にたい子どもたち」出演者判明”. 映画.com. (2018年11月21日). https://eiga.com/news/20181121/4/ 2018年12月17日閲覧。 
  27. ^ 堀未央奈×山戸結希『ホットギミック』特報&ポスター公開 反町隆史、志磨遼平らの出演も明らかに”. Real Sound|リアルサウンド 映画部 (2019年3月21日). 2019年3月21日閲覧。
  28. ^ “映画「のぼる小寺さん」公開日が6月5日から7月3日へ変更”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年5月11日). https://natalie.mu/comic/news/378527 2021年3月16日閲覧。 
  29. ^ “工藤遥、『のぼる小寺さん』実写化で映画初主演 共演に伊藤健太郎、鈴木仁ら”. ORICON NEWS. (2019年11月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2147935/full/ 2019年11月3日閲覧。 
  30. ^ SnowManラウール、映画単独初主演 『ハニーレモンソーダ』実写化でヒロインは吉川愛”. ORICON NEWS (2020年9月12日). 2020年9月12日閲覧。
  31. ^ 吉川愛、ディズニー新ヒロイン・ラーヤの吹替担当「一生の宝物」”. ORICON NEWS (2021年2月2日). 2021年2月2日閲覧。
  32. ^ “『マイナビウエディング』初の男性イメージキャラクターに俳優の新田真剣佑さん、 3代目マイナビウエディングガールに女優の吉川愛さんが就任” (プレスリリース), マイナビ, (2018年9月1日), https://www.mynavi.jp/news/2018/09/post_17807.html 2020年3月22日閲覧。 
  33. ^ “吉川愛「羽生選手を超えるくらいの出来栄え」水着初披露の写真集に満足と後悔”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年2月18日). https://mdpr.jp/news/detail/1747525 2018年2月18日閲覧。 

外部リンク[編集]