映画 クロサギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロサギ (漫画) > クロサギ (テレビドラマ) > 映画 クロサギ
映画 クロサギ
監督 石井康晴
脚本 篠崎絵里子
原作 黒丸
夏原武
出演者 山下智久
堀北真希
加藤浩次
市川由衣
大地真央
竹中直人
飯島直子
笑福亭鶴瓶
田山涼成
奥貫薫
岸部シロー
杉田かおる
哀川翔
山崎努
音楽 山下康介
主題歌 NEWS太陽のナミダ
撮影 原田幸治
森哲郎
編集 松尾茂樹
製作会社 「映画 クロサギ」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2008年3月8日
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 17.1億円
テンプレートを表示

映画 クロサギ』(えいが クロサギ)は、2008年公開の日本映画。漫画『クロサギ』を原作としたテレビドラマ『クロサギ』の劇場版。キャッチコピーは「悲しみも喰らって、生きろ。」。

あらすじ[編集]

この世に詐欺師は、3種類ある。人を騙して金銭を奪う「シロサギ」、異性の肉体と心を弄(もてあそ)ぶ「アカサギ」、そして悪辣(あくらつ)なシロサギ・アカサギのみを獲物にするプロフェッショナル「クロサギ」だ。黒崎(山下智久)は、フランチャイズチェーン詐欺被害に遭った父親が一家心中を図り、唯一一人、生き残ったというおぞましい過去を持っていた。やがて、成長してクロサギとなった黒崎は、幸せを捨て、世に蔓延る詐欺師達を食らい続ける。

詐欺師を束ねる業界の黒幕として君臨する、桂木(山崎努)から情報を得て、巨大詐欺を企む石垣徹(竹中直人)を新たなターゲットとして追うことになる。普段の黒崎は、オンボロ・アパートを経営し、そこには検事を目指し大学法学部で学ぶ、吉川氷柱(堀北真希)も住んでいた。潔癖性で詐欺師を嫌悪する氷柱だが、敢えて危険を冒す黒崎のことだけは心配でならなかった。そんな氷柱の思いを知りながらも、黒崎は父親を騙し死に追い込んだ、御木本(岸部シロー)を追っていた。黒崎の逮捕に意欲を見せる警視庁のエリート刑事である、神志名将(哀川翔)の執拗な追求を避けながら、奪われた人生を取り戻すために。

御木本を追う黒崎は、桂木の情報で桶川レイコ(飯島直子)から依頼を受けた。難病の娘・桃花(吉田里琴)を抱える彼女は、ダイヤ付き印鑑の贈答⇒実印詐欺で大金を騙し取られた被害者だった。その犯人である石垣は、神志名も追い掛ける大物詐欺師だ。そこに石垣の過去を知るという女、銀座クラブのママ・さくら(大地真央)が現れる。さくらから聞いた栃本物産の計画倒産のことを知らされ、かつて石垣は、大規模な手形詐欺によって100社以上の会社を暗黒に落とし込んだ、伝説のシロサギであり、そして今また、巨大な詐欺事件を企んでいると言う。

新たなターゲットとして照準を石垣に定めた黒崎は、IT企業Wing Bladeの若社長に化けて、電子マネーを介したマネーロンダリング(資金洗浄)企画を餌(エサ)に彼に近付いて行く。調査を進めていた黒崎は、東京中央署の神志名刑事(田山涼成)や、汚れた大企業のみを相手にする詐欺師・白石陽一(加藤浩次)等もまた、大物の石垣を追っていることを知る。氷柱やゆかり(市川由衣)の心配を余所に、陰謀に巻き込まれて行く黒崎。石垣の趣味であるオセロの対戦で、彼の懐に飛び込んだ黒崎は、先ずはパソコンの取り込み詐欺で、更にはネット上の偽電子マネーサイトe-moneyBdyを作成しての振込詐欺で、石垣の息の根を止めることができるか・・・?!

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 黒丸、夏原武
  • 監督 - 石井康晴(TBS)
  • 脚本 - 篠崎絵里子
  • 音楽 - 山下康介
  • エクゼクティヴ・プロデューサー - 濱名一哉
  • プロデューサー - 伊與田英徳
  • アソシエイト・プロデューサー - 三城真一、大岡大介、中沢敏明
  • ラインプロデューサー - 吉田浩二
  • 撮影 - 原田幸治、森哲郎
  • 照明 - 林明仁
  • 録音 - 姉川英明
  • 映像 - 荒井秀訓
  • 美術プロデューサー - 中嶋美津夫
  • 美術デザイン - 永田周太郎
  • 美術制作 - 武田雄介
  • 音響効果 - 鳥水哲也
  • 選曲 - 御園雅也
  • 編集 - 松尾茂樹
  • 記録 - 根本純
  • VFXスーパーバーザー - 田中浩征
  • プロデューサー補 - 菅野真由美
  • 助監督 - 松田礼人
  • 制作担当 - 横原誠
  • スタントコーディネイター - 田渕景也
  • カースタント - スーパードライバーズ
  • ガンエフェクト - ブロンコ
  • 法律監修 - 野元学二
  • 技術協力 - 東通
  • 美術協力 - アックス
  • フィルムプロセス - IMAGICA
  • 製作 - 「映画 クロサギ」製作委員会(TBSジェイ・ストーム小学館東宝
  • 製作協力 - セディック・インターナショナル、ドリマックス・テレビジョン
  • 配給 - 東宝

楽曲[編集]

その他[編集]

  • 2007年8月25日にクランクイン。同年9月からエキストラ募集し、東京都を中心に撮影された。
  • 石垣(竹中)の会社の撮影では、社内、エントランスホールやエレベーターホール、駐車場等、全面的に利用出来た名古屋市の名古屋ルーセントタワーにて撮影された。劇中でのビルの名前は品川ルーセントタワーとなっている。
  • テレビシリーズの放送が終了した際に多くの続編希望がよせられ映画化が決まった。
  • 予告で印象的な、雨の中で黒崎が叫ぶシーンは、何度も撮り直しされ、そのシーンの撮影が終了したと同時にクランクアップとなった(公開記念特番より)。
  • ストーリーは、原作12巻がベース。
  • 2008年2月20日によみうりホールで行なわれた試写会の際、精巧にカラーコピーした試写状による試写状詐欺が発生した[1]
  • 関連番組として、2008年3月5日水トク!枠で「あなたも狙われている!緊急警告!悪徳サギの最新ウラ手口完全撃退スペシャル」を黒崎役の山下がナビゲートした[2]
  • 山下はこの映画の撮影にはいる前トップの髪の毛を短くしており2ブロックを軽くいれていたためテレビシリーズより若干髪が短くなっている。この映画の公開前に山下は撮影時のときに近い長さにしている。

脚注[編集]

  1. ^ 日刊スポーツ (2008年3月7日). “映画「クロサギ」試写会で偽造招待状”. 2008年3月18日閲覧。
  2. ^ あなたも狙われている!緊急警告!悪徳サギの最新ウラ手口完全撃退スペシャル

関連項目[編集]

外部リンク[編集]