長良川艶歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長良川艶歌
五木ひろしシングル
B面 徒然の花(4月21日発売分)
おはん(8月25日発売分)
リリース
ジャンル 演歌
時間
レーベル 徳間ジャパン
作詞・作曲 石本美由起岡千秋
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 10位(オリコン
  • 1984年度年間14位(オリコン)
  • 1985年度年間61位(オリコン)
  • 8位(ザ・ベストテン
  • 1984年度年間1位(ザ・ベストテン)
  • 五木ひろし シングル 年表
    科学万博音頭
    (1984年)
    長良川艶歌
    (1984年)
    デュオしのび逢い
    (1984年)
    テンプレートを表示

    長良川艶歌」(ながらがわえんか)は、1984年4月に五木ひろしが発売したシングルである。岐阜県長良川を舞台にした「ご当地ソング」であるが、五木ひろしが発売したご当地ソングのシングル曲では最大のヒット作となった。

    解説[編集]

    発売当初はB面が「徒然の花」であったが、8月25日発売分から「おはん」(東宝映画『おはん』主題歌)に差し替えられている。第26回日本レコード大賞・大賞(「夜空」以来2度目)、第15回日本歌謡大賞・大賞などを受賞した。累計売上はミリオンセラーを記録[1]。1986年8月中旬までのシングルの累計出荷枚数は105.1万枚(徳間ジャパン調べ)[2]で、同時点で五木のシングルとしては歴代3位のヒットとなっている(デュエット曲を除く)[2]

    TBS系の『ザ・ベストテン』では週間8位止まりながら、1984年の年間1位及び「12年間ベストテン第1位」を獲得した。当番組では、ベストテン圏内に入ったり出たりを繰り返し、長良川に因んで「鵜飼い現象」と呼ばれていた[3]。ベストテンに返り咲いた回数は6回であり、番組内の最高記録である(返り咲きを2回以上繰り返したのは、当曲と研ナオコ窓ガラス小林幸子おもいで酒とまり木岩崎宏美万華鏡〈2回〉村下孝蔵初恋〈3回〉である)。

    1985年度の日本音楽著作権協会(JASRAC)発表による楽曲別の著作権使用料分配額(国内部門)では、「浪花節だよ人生は」に続いて年間2位にランクインされた[4]

    この作品のヒットにより、五木のオリコン調べによる全てのシングルレコードの総売上枚数が1000万枚を突破した。これはピンク・レディー1979年)、森進一1979年)、山口百恵1980年)、沢田研二1980年)、西城秀樹1982年)、郷ひろみ1983年)に続いて史上7人目の快挙であった。

    収録曲[編集]

    4月21日発売分[編集]

    1. 長良川艶歌 (4分43秒)
      • 作詞:石本美由起/作曲:岡千秋/編曲:斉藤恒夫
    2. 徒然(つれづれ)の花 (4分15秒)
      • 作詞:安麻呂/作曲:岡千秋/編曲:斉藤恒夫

    8月25日発売分より[編集]

    1. 長良川艶歌 (4分43秒)
      • 作詞:石本美由起/作曲:岡千秋/編曲:斉藤恒夫
    2. おはん 

    その他[編集]

    川灯台のたもとにある「長良川艶歌」の記念碑。
    岐阜県岐阜市

    岐阜県岐阜市に架かる長良橋の南詰の鵜飼船乗り場前には「長良川艶歌」がTBSの「ザ・ベストテン」で「12年間ベストテン第1位」を獲得した時の記念碑があり歌詞が彫ってある。

    脚注[編集]

    1. ^ 読売新聞社文化部『この歌この歌手―運命のドラマ120〈下〉』現代教養文庫、1997年、228頁。ISBN 4390116029
    2. ^ a b 「『よこはま・たそがれ』ヒットから16年 2000万枚」『読売新聞』1986年9月25日付夕刊、10面。
    3. ^ 別冊ザテレビジョン ザ・ベストテン いま蘇る!80'sポップスHITヒストリーより。
    4. ^ 「浪花節だよ、首座は 昨年、国内の著作権使用料分配額 JASRAC賞決定」『朝日新聞』1986年5月6日付東京夕刊、13頁。