KUWATA BAND

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
KUWATA BAND
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 1986年 - 1987年
レーベル タイシタレーベル
公式サイト sas-fan.net
メンバー 桑田佳祐ボーカル
今野多久郎パーカッション
河内淳一ギター
松田弘ドラムス
琢磨仁ベース
小島良喜キーボード

KUWATA BAND(クワタバンド)は、サザンオールスターズ桑田佳祐を中心にして結成されたロックバンド。リーダーはパーカッション今野多久郎レコード会社はサザンの専用レーベルであるタイシタレーベル

桑田のである原由子が産休中である1986年4月から1年限定で活動した。1987年12月24日メリー・クリスマス・ショー内では一度限りの再結成を果たしている。

メンバー[編集]

概要[編集]

「いつかデタラメなロックをやってみたい!」という桑田の思いが結成動機となり、1986年に1年限定で活動。当初メンバーは琢磨・小島を除いた4人しか揃わなかったが、デビューシングル「BAN BAN BAN」でのテレビ出演時には現在のメンバーになっていた。当時桑田は「日本人・中国人・韓国人のロックもいずれ近いうちにすべて英語になるだろう」と本気で思っていたことからアルバム『NIPPON NO ROCK BAND』の曲はすべて英語詞で書かれるなど、当初から日本のロックへの問題点を投げかける姿勢が強く見られた。また、当時は桑田曰く深く考えもせずに「俺たちもいずれは海を渡っていく」と海外進出も視野に入れた発言をしていた[1]

アルバムは全英語詞だが、シングルA面は全て桑田による日本語詞であった。また、ライブでは洋楽曲のカバー、シングルc/wでもカバー曲や、アルバムも含めバンド名義での作曲に取り組むなど、サザンでは見せない様々な手法を繰り広げた。これらは全てデタラメロックに力を注ぐため、1年間の限定の活動であったこともあり、色々な事を試してみようという考えからであった。

活動自体は1986年の1年間のみだが、実際精力的に行っていたコンサートツアーは1987年に入っても続いた。ただし、結成が2月及びCDデビューは4月であるため、ラストライブまででも活動期間は1年に満たない。

当時、桑田はサザンのデビューから8年目であったが、桑田はサザンのイメージを一新・払拭しようと、音楽番組やライブで自分達は新人である事を強調し、楽曲以外でもサザンとの差別化を図っていた。

来歴[編集]

  • 1987年
    • 1月10日、『ONE DAY KUWATA BAND 〜ROCK CONCERT (AT TOHO STUDIO,19th Oct.1986)』発売。
    • 第1回日本ゴールドディスク大賞 ベスト・アーティスト・オブ・ザ・イヤー受賞。更に『BAN BAN BAN』でベスト・シングル・オブ・ザ・イヤーを受賞、『NIPPON NO ROCK BAND』でロックフォーク(グループ)部門 ベスト・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞した。
    • 解散コンサートツアー『KUWATA BAND "FINAL" ぼくら:1987』を行った後解散。
    • 12月24日、前年に引き続き日本テレビ系列『メリー・クリスマス・ショー』への参加の為に一時的に再結成する。
  • 2016年
    • 2月26日、桑田の還暦を迎え、KUWATA BANDの全曲の配信が解禁された[2]

作品[編集]

KUWATA BANDのディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 1
シングル 4
映像作品 1

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番
1st 1986年4月5日 BAN BAN BAN EP VIHX-1683
2nd 1986年7月5日 スキップ・ビート (SKIPPED BEAT) EP VIHX-1686
3rd 1986年7月5日 MERRY X'MAS IN SUMMER EP VIHX-1694
4th 1986年11月5日 ONE DAY EP VIHX-1700

再発版[編集]

1993年6月27日 1st〜4th 8cmCD化再発 (VIDL-152〜155)
2001年6月25日 1st〜4th 12cm化リマスタリング再発 (VICL-35301〜35304)

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番
オリジナルアルバム 1986年7月14日 NIPPON NO ROCK BAND LP
CD
CT
VIH-28259
VDR-1225
VCF-10282
ライブアルバム 1986年12月5日 ROCK CONCERT CD(2枚組)
CT(2本組)
VDR-9045〜9046
VCF-514〜515

再発版[編集]

1992年6月27日 『NIPPON NO ROCK BAND』『ROCK CONCERT』 CD化再発(VICL-8062・VICL-40036〜40037)
2001年6月25日 『NIPPON NO ROCK BAND』『ROCK CONCERT』 リマスタリング再発 (VICL-60801・VICL-60802〜60803)

映像作品[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番
ライブビデオ 1987年1月10日 ONE DAY KUWATA BAND〜ROCK CONCERT (AT TOHO STUDIO,19th Oct.1986) VHS
LD
β
VHD
DVD
VTM-115
SM068-3141
VBM-115
ODM-1065
VIBL-43

ライブ・コンサートツアー[編集]

公演日程 形態 ツアータイトル 公演規模 会場
1986年7月18日10月11日 コンサートツアー TDK AD SPECIAL
KUWATA BAND ROCK CONCERT
全国31都市51公演 練馬文化センター、福井フェニックスプラザ金沢市観光会館、富山市公会堂、松本社会文化会館、長野県県民文化会館新潟県民会館徳山市文化会館広島郵便貯金会館岡山市民会館倉敷市民会館島根県民会館山梨県立県民文化ホール群馬県民会館宇都宮市文化会館浦和市文化センター千葉県文化会館茨城県立県民文化センター北海道厚生年金会館、釧路市民文化会館、室蘭新日鉄ホール、岩手県民会館郡山市民文化センター宮城県民会館秋田県民会館青森市文化会館静岡市民文化会館高知県立県民文化ホール愛媛県県民文化会館、高松市立市民会館、徳島市立文化センター福岡サンパレス長崎市公会堂鹿児島市民文化ホール、宮崎市民プラザ、熊本市民会館京都会館神奈川県民ホール四日市市文化会館名古屋市民会館岐阜市民会館神戸国際会館フェスティバルホール渋谷公会堂NHKホール
1987年1月8日2月9日 コンサートツアー KUWATA BAND “FINAL” ぼくら:1987 全国8都市16公演 大阪城ホール広島サンプラザ福岡国際センター愛知県体育館仙台市体育館北海道立産業共進会場新潟市体育館日本武道館

脚注[編集]

  1. ^ 桑田佳祐『やっぱり、ただの歌詩じゃねえか、こんなもん』P8、新潮社、2012年
  2. ^ 桑田佳祐“還暦記念” ついにソロ全211曲配信解禁 オリコン 2016年2月26日配信・閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]