吉田凜音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉田 凜音
別名 RINNE HIP
生誕 (2000-12-11) 2000年12月11日(16歳)
出身地 日本の旗 日本北海道札幌市
ジャンル J-POPアイドル
職業 歌手
活動期間 2010年[1] - 現在
レーベル VERSIONMUSIC
(2014年 - 2015年)
ポニーキャニオン
(ずんね from JC-WC)
5project/コネクトハート
(2016年 - )
Dreamusic / COCONOE RECORDS(RINNE HIP)
事務所 5PROJECT
共同作業者 西寺郷太
公式サイト http://rinneyoshida.jp/
MAGI©PEPA
別名 吉田凜音(旧名)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2016年 -
事務所 5PROJECT
公式サイト http://rinneyoshida.jp/
メンバー 吉田凜音(ヴォーカル)
西寺郷太(ドラム・コーラス・プログラミング)
村田シゲ(ベース)
山形知也(ギター)
杉田未央(キーボード)

吉田 凜音(よしだ りんね[2]2000年12月11日[2] - )は、日本の女性アイドル。ソロアイドルとして活動している[3]。吉田 音は誤字[4]。また、バンド「MAGI©PEPA」(マジペパ)のヴォーカル[5]、ラッププロジェクト「RINNE HIP」(リンネヒップ)としても活動している。

北海道札幌市出身[2]。所属事務所は株式会社5PROJECT[6]。2016年現在、所属レーベルは5PROJECTの「コネクトハート」[7]

略歴[編集]

アクターズスタジオ北海道本部スターゲート校の1期生として[8]、小学校1年生の頃から同校に通っていた[9]。当時は習い事感覚であったが[9]、小学校2年生の頃に中川翔子のライブで「“しょこたんと踊る”」というコーナーでステージに立ったことがきっかけで、アイドルになることを志すようになった[10]。北海道では、ローカルアイドルグループ『p-each』のメンバーとして活動[8]。同グループは2012年10月に活動を休止した[11]。その後、主に札幌市で活動するアイドルグループ『MERCI♡COCO』のメンバーとして活動し、2013年3月9日に同グループを卒業した[12]

2013年7月からはソロ活動を開始し[13]、東京を訪れる回数が増加した[14]。2014年2月には『関ジャニの仕分け∞』に歌うまキッズ挑戦者として出演しFINAL STAGEに進出[15]。同STAGEではMay J.に敗北したが、歌唱力の高さから注目を集めた[16]。同年春から東京での活動を本格的に行うようになり[2]、夏にはTOKYO IDOL FESTIVAL 2014・@JAM EXPO 2014などに出演[9]。TOKYO IDOL FESTIVAL 2014のレポートでは「『北の橋本環奈』とも呼ばれている」と紹介された[17]。一方で、8月7日にはhanarichuの小玉梨々華と吉田のユニット『りりりんね』を結成することが発表された[18][注釈 1]。同ユニットは期間限定での活動となる[4]

2014年11月5日[9]ノーナ・リーヴス西寺郷太プロデュースによる[20]シングル「恋のサンクチュアリ!」で、ビクターエンタテインメントのアイドル/ガールポップ専門レーベルVERSIONMUSICから[3]メジャーデビュー[9]。11月24日には、原宿アストロホールで1stワンマンライブを開催した[4]

2015年に出演した映画『女子の事件は、大抵トイレで起こるのだ。』で共演した蒼波純と期間限定のアイドルユニット「ずんね from JC-WC」を結成[21]ポニーキャニオンから「14才のおしえて」で2015年11月18日デビュー[22]。同ユニットは「14歳が終わるまで」の期間限定とされており、12月11日に吉田が15歳の誕生日を迎えたことにより12月13日に解散した[23]

2016年2月16日、吉田凜音に新メンバーとして西寺と□□□(クチロロ)の村田シゲが加入。吉田凜音はバンド「吉田凜音」のヴォーカル・ギターとして活動することが発表され[24]、3月31日に代官山UNITで行われた吉田凜音ワンマンライブで初披露された。4月13日、山形知也(I HATE MONDAYS)、杉田未央を加えて、バンド名を「MAGI©PEPA」とすることが発表された[5]

また、2016年にはDVDマガジン『IDOL NEWSING Vol.2』の企画でE TICKET PRODUCTIONによる「りんねラップ」を歌唱[25]。2017年1月にリリースされたE TICKET PRODUCTIONのアルバム『E TICKET RAP SHOW』では「りんねラップ」に加え、続編となる「りんねラップ2」も収録されている。さらに、ラッププロジェクト「RINNE HIP」を始動。2017年3月にはミニアルバム『裏原ンウェイ.ep』をリリースする[26]

作品[編集]

シングル[編集]

  • 恋のサンクチュアリ!(2014年11月5日、VERSIONMUSIC)[9]
  • 忘れないPlace/テンセイリンネ〜GONG!GONG!GONG!〜(2015年2月25日、VERSIONMUSIC)[27]
  • ミスリーダー(2015年7月25日)※「コピンク*feat.吉田凜音」名義、会場限定[28]
  • 14才のおしえて(2015年11月18日、ポニーキャニオン)※「ずんね from JC-WC」名義
  • ちとせつづり(2016年1月29日、5project/コネクトハート)
  • りんねラップ(2016年8月28日、IDOL NEWSING)※配信限定

アルバム[編集]

  • Fantaskie(2015年3月25日、VERSIONMUSIC)[29]
  • 裏原ンウェイ.ep(2017年3月15日、Dreamusic / COCONOE RECORDS)※「RINNE HIP」名義

映像作品[編集]

  • レッツボカロダンス![30](2013年7月27日[31]

出演[編集]

ライブ[編集]

  • 1stワンマンライブ(2014年11月24日、原宿アストロホール)[4]
  • 1st ワンマンライブ追加公演×生誕祭(2014年12月8日、渋谷clubasia)[4]
  • 吉田凜音マンスリーライブシリーズ vol.1 “日曜日のドアを叩け!”(2015年1月31日、渋谷RUIDO K2)[32]

テレビ番組[編集]

Webドラマ[編集]

映画[編集]

  • 劇場版 女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。(2015年8月20日) - ノン子 役
  • 戦車ライド(2016年9月2日) - エリー 役 [36]
  • はらはらなのか。(2017年春公開予定) - 凜 役[37]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2人はアクターズスタジオ内ユニットの「WR」として活動していた[19][4]

出典[編集]

  1. ^ p-each”. Pigooご当地アイドル. 2016年2月17日閲覧。
  2. ^ a b c d Profile”. 吉田凜音/よしだりんね オフィシャルサイト. 株式会社5PROJECT. 2015年2月9日閲覧。
  3. ^ a b 吉田凜音、メジャーデビュー曲は西寺郷太担当”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2014年9月4日). 2015年2月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e f “2000年生まれ”吉田凜音が見せた次世代アイドル幕開けの予感”. 日刊SPA! (2014年12月1日). 2015年2月18日閲覧。
  5. ^ a b 吉田凜音新バンド名はMAGI(c)PEPA、山形知也&杉田未央が加入”. 音楽ナタリー (2016年4月13日). 2016年4月14日閲覧。
  6. ^ Artists”. 株式会社5project. 2015年2月9日閲覧。
  7. ^ ちとせつづり [CD+DVD]<初回限定生産盤>”. TOWER RECORDS ONLINE. 2016年2月16日閲覧。
  8. ^ a b c 吉田凛音(ご当地アイドル)”. 株式会社レゾリューション. 2015年2月18日閲覧。
  9. ^ a b c d e f 北海道で生まれた“大器の予感”漂う13歳・吉田凜音を直撃インタビュー”. 日刊SPA!. 扶桑社 (2014年11月12日). 2015年2月9日閲覧。
  10. ^ “動く!アイドル:吉田凜音 “北の美少女”がものまね披露 憧れはしょこたん”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年2月8日). http://mainichi.jp/mantan/news/20150207dyo00m200031000c.html 2015年2月18日閲覧。 
  11. ^ NORTHTRACKのツイート (261125619180531712). 2015年2月19日閲覧。
  12. ^ MERCI COCO OFFICIAL web SITE(OLD)”. 2015年2月18日閲覧。
  13. ^ 篠本634 (2014年8月30日). “夏の終わりの“超”アイドルイベント@JAM EXPO直前! 出演アイドル3連続インタビュー第三弾 吉田凜音”. 週プレNEWS. 集英社. p. 2. 2015年2月18日閲覧。
  14. ^ 「アイドル甲子園」吉田凜音を直撃!『素直な気持ちで言えば今は不安です』”. Smartザテレビジョン. KADOKAWA (2014年10月13日). 2015年2月18日閲覧。
  15. ^ 関ジャニの仕分け∞ バックナンバー 2014年2月22日”. テレビ朝日. 2015年2月18日閲覧。
  16. ^ 斉藤貴志 (2015年2月15日). “アイドル界に乱立する“ポスト橋本環奈”に辟易?”. ORICON STYLE. 株式会社oricon ME. 2015年2月18日閲覧。
  17. ^ アイドル界の大甲子園「東京アイドルフェスティバル2014」レポ! やっぱ一番スゲぇのはアイドルなんだよ!【後編】”. 週プレNEWS (2014年8月9日). 2015年2月18日閲覧。
  18. ^ 真夏に咲いた笑顔の花!お花アイドル・hanarichuが1周年記念ワンマンライブで新曲続々披露!”. GirlsNews. 株式会社レゾリューション (2014年8月8日). 2015年2月18日閲覧。
  19. ^ rinne_staffのツイート (506745533726064640). 2015年2月19日閲覧。
  20. ^ ピ~ス!久保田 (2014年11月12日). “吉田凜音 “恋のサンクチュアリ!” あっと驚く未来が(また)北からやってきた!”. Mikiki. タワーレコード. 2015年2月19日閲覧。
  21. ^ 蒼波純&吉田凜音が女子トイレから飛び出した!「ずんね」デビュー曲のMV到着”. 映画ナタリー (2015年8月21日). 2015年8月21日閲覧。
  22. ^ 蒼波純×吉田凜音の新ユニット ずんね from JC-WCが11月18日CDデビュー”. ポニーキャニオン (2015年9月24日). 2015年10月19日閲覧。
  23. ^ 「15歳になってもやりたいね!」ずんねラストライブ、再開への意気込みも”. 音楽ナタリー (2015年12月13日). 2016年1月2日閲覧。
  24. ^ 吉田凜音がバンド化!?ドラムに西寺郷太、ベースに口ロロの村田シゲが正式加入!”. IDOL NEWSING (2016年2月16日). 2016年2月16日閲覧。
  25. ^ 吉田凜音、E TICKET PRODUCTIONプロデュースで本格ラップ”. 音楽ナタリー (2015年12月17日). 2017年3月8日閲覧。
  26. ^ 吉田凜音"RINNE HIP"デビュー作にDOTAMA、DE DE MOUSEら参加”. 音楽ナタリー (2017年1月27日). 2017年3月8日閲覧。
  27. ^ アイドル企画 「NO MUSIC, NO IDOL?」ポスター最新版“吉田凜音”登場!”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2015年2月18日). 2015年2月18日閲覧。
  28. ^ コピンク*feat.吉田凜音「ミスリーダー」”. 吉田凜音 オフィシャルサイト. 2016年2月17日閲覧。
  29. ^ 吉田凜音、西寺郷太プロデュースの1stアルバム「Fantaskie」”. 音楽ナタリー (2015年2月8日). 2015年2月18日閲覧。
  30. ^ actors studio:アクターズスタジオ,芸能スクール”. 2015年2月18日閲覧。
  31. ^ レッツボカロダンス!”. ATOSS.JP. アトス・インターナショナル. 2015年2月18日閲覧。
  32. ^ 吉田凜音 - 「吉田凜音マンスリーライブシリーズ vol.1 “日曜日のドアを叩け!”」”. GiRLPOP Scheduler(ガールポップスケジューラー). エムオン・エンタテインメント. 2015年2月19日閲覧。
  33. ^ りんねちゃんからメッセージです!”. エコチルTV -みんなのブログ- (2011年10月24日). 2015年2月18日閲覧。
  34. ^ 応援ありがとうございました。”. エコチルTV -みんなのブログ- (2013年4月1日). 2015年2月18日閲覧。
  35. ^ a b rinne_staff (2015年4月7日). “【コピンクス!「コノワール(吉田凜音)登場」(2015/4/6放送)】”. 吉田凜音STAFF. Twitter. 2015年7月9日閲覧。
  36. ^ “戦車の迫力をMX4Dで、吉田凜音主演のアトラクション映画「戦車ライド」”. 映画ナタリー. (2016年7月19日). http://natalie.mu/eiga/news/194727 2016年7月19日閲覧。 
  37. ^ “吉田凜音が酒井麻衣「はらはらなのか。」に“ロックンロール生徒会長”役で出演”. 映画ナタリー. (2016年7月1日). http://natalie.mu/eiga/news/192932 2016年7月4日閲覧。 

外部リンク[編集]