lyrical school

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
lyrical school
別名 tengal6(2010年 - 2012年
出身地 日本の旗 日本
ジャンル
活動期間 2010年 -
レーベル
事務所
  • NEWTRAL(2010年 - 2012年)
  • BootRock Inc.(2012年 - )
共同作業者 tofubeats
公式サイト lyricalschool.com
メンバー

※新メンバー募集中

旧メンバー
  • hime
  • hinako
  • yuu
  • risano
  • mariko
  • erika
  • hina
  • yumi
  • ayaka
  • mei
  • ami

lyrical school(リリカルスクール)は、日本の女性ヒップホップアイドルユニット。略称はリリスク。BootRock所属。レーベルはビクターエンタテインメント内のCONNECTONEビクターエンタテインメント)。ラップを専門としたアイドルユニットで、2010年10月にtengal6(テンギャルシックス)として結成[1]。2016年4月にリリースされた「RUN and RUN」のスマートフォンのアプリケーションが起動するかのように見せたミュージックビデオにより[2]、カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルサイバー部門銅賞を受賞した。

本項では内部ユニットについても扱う。

特徴[編集]

募集時の記載によるとヒップホップに若い女性によるヘタウマラップが合わさることであどけなさを感じられるようにする狙いが示されている[3]。後のインタビューにおいて、メンバーのmeiはユニット結成時手探りでラップを覚えたことを話し[4]、メンバーのayakaは応募時にヒップホップダンスを主軸にした℃-uteに近いユニットを想像していたことを述べている[5]。後にプロデューサーのキムヤスヒロは2019年のインタビューにて結成時点の考えは同年の時点で異なる状況になったとして、2017年5月からの新体制において「ヒップホップアイドル」「アイドルラップ」というコンセプトを考え直す必要があったと述べている[6]。この経緯のため、発足当初アイドルビジネスに精通した人間がいなかったことがヒップホップライターの高木"JET"晋一郎によって指摘されているが、ayakaはそのことが未開拓なものに挑戦する意欲に繋がったと述べている[7]。ユニットとしてのファンの総称はヘッズ[8][9][注 1]。ユニットのコンセプトはキムが決め、深掘りする際にデザイナーのmzaとバックDJとグループのマネージャーを兼ねる浅野と相談を重ねる[11]

2012年1月の『ウレぴあ』ではtengal6がこの世代のアイドルユニットの一つとして示されており[12]、この時代におけるアイドル活動の主流が週末のライブ活動にあることが言及されている[13]。それによると店舗内でのライブやホールで開催されるイベントにてパフォーマンスを披露し、その後CDを購入した顧客に対して握手や撮影といったファンサービスを提供することで根強いファンを獲得するとしている[13]。さらにこの情報がファン同士によるブログでのレポートやTwitterなどのソーシャル・ネットワーキング・サービスで流れることによって新たなファンの獲得に繋がる他、ライブを観覧できないファンに向けて動画サイトでのライブ中継や撮影した動画のアップロードで情報を公開することが重要としている[13]。この手法はAKB48によって確立されたものとされる[12]。また、キムは本ユニットがライブに力を入れていると説明している[14]

著名なアーティストが楽曲の制作を担当していることが『日経エンタテインメント!』や『ウレぴあ』では特徴として挙げられており[15][12]、例として『guidebook』では大江千里韻シストGAKU-MC[15]、『date course』ではtofubeats、イルリメ、okadada、Fragments、餓鬼レンジャーのポチョムキンなどが挙げられる[16]。新体制においてもこれは変わらず『ROCKIN'ON JAPAN』で触れられており[17]、『WORLD'S END』ではスチャダラパーのBose、KANDYTOWNのRyohu、Mellow Yellow[18]、『BE KIND REWIND』ではPESALI-KICKサイプレス上野ZEN-LA-ROCKが挙げられている[17]。himeは他のラッパーからリリックを提供してもらえるのはアイドルならではの特徴で、自分たちでは描けないものになっているとしている[19]。また楽曲は夏をテーマにしたものが多いことをメンバーのhimeはラッパーのvalkneeとの対談で語っており[20]、2020年には楽曲を集約したEPをリリースした[21]

新体制についてメンバーのminanはユニット自体は保持しつつも[22]、キムの願望の実現など中身を変えたいと考えたことを後にインタビューで述べている[23]。またhimeはワンマンライブ「lyrical school one man live 2017 "TAKE ME OUT"」を振り返ってヒップホップアイドルらしさを強調して差別化を図りたいと述べた他[24]、新体制においてはメンバーとも会話して方向性を決めていることを述べている[25]。一方で当初のコンセプトとして存在した「6本のマイク」、つまり6人体制から外れて5人になったことには驚いたと2人は述べている[26]。またパフォーマンスについても、最初の頃は振り付けなどが決まったものが多かった[27]。しかしhimeからキムにパフォーマンスの提案があったことや2018年8月にminanが骨折したことに起因して[6]、ライブでの振り付けやフォーメーションが削られ、メンバーによる自由なパフォーマンスが中心となった[28]。メンバーのrisanoはインタビューでアイドルらしさを出しつつ現代のラップグループにパフォーマンスを近づける狙いがあることを語っている[17]

『OK』のリリースと前後して、コンセプト「キング・オブ・アイドルラップ」を掲げるようになった[29]。これはヒップホップグループのRHYMESTERがユニットにつけたものとなっている[30]

来歴[編集]

武蔵野美術大学

キムやmzaたちが武蔵野美術大学造形学部在籍時に制作していた都市をテーマに据えたフリーペーパー『NEWTRAL』の企画で結成された[31][32][33]。大学では映像専攻で『NEWTRAL』の企画を担当していたキムは冊子以外の企画を考え、もしアイドルをプロデュースするのであれば何ができるかという友人との会話で登場したヒップホップとラップを組み合わせを試みたいという意図と、カラオケ店で女性の友人がラップをしている姿が可愛らしいと感じたことをインタビューで述べている[34]。そこで『NEWTRAL』にてアイドルをプロデュースする旨の広告を掲載したところ、協賛企業としてアダルトグッズメーカーのTENGAが名を上げ、6人組のラップアイドル「tengal6」として活動を開始する[35]。キムはこれらの経緯をまとめた「ヒップホップアイドルのプロデュース」を大学の卒業制作として提出する[31]。2011年6月にファーストミニアルバム『まちがう』をリリースする[34]。キムは2作目以降、『NEWTRAL』の編集作業中に流れていたtofubeatsに楽曲制作を依頼する[36]

2012年6月にタワーレコードのレーベルであるT-Palette Recordsへ移籍し、それに伴いユニット名を8月に「lyrical school」に改称する[15]。ユニット名は自分たちを見てラップに挑戦したいという人がいたらいいという目標を持ったメンバーがレベルの高いリリックを生み出せるよう互いに切磋琢磨するグループという意味が込められている[37]。2013年夏のインタビューにてメンバーのmarikoが同時期に関東以外での遠征の機会が増えたことに触れている[38]。新編成での初アルバム「datecourse」はジャケットをイラストレーターの江口寿史が担当する[16]。2014年には「ROCK IN JAPAN FES2014」や「SUMMER SONIC 2014」に出演[39]、また11月には台湾のイベントであるLittle Tokyo Crazy Kawaii Taipeiへの参加がメンバーのyumiから述べられている[40]。2015年には初の全国ツアーを開催した[39]。11月、元ライムベリーのMC HIMEこと持田妃華が12月にhimeとしてlyrical schoolに加入することが発表され、Twitterでは、検索ワードのトレンドに上がるなどの反響がKAI-YOUにて報じられる[41]

2016年にはキングレコードからメジャーデビュー。同年4月にリリースされたメジャー1stシングル「RUN and RUN」は、MVスマートフォン視聴に特化された縦型のものとして話題に上がり[42]2016年カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」サイバー部門銅賞を受賞したほか[43]、同年の「広告業界の若手が選ぶ、コミュニケーション大賞」ファイナリストに選出された[44]

2017年2月にtengal6からのオリジナルメンバーであったayaka・ami・meiが卒業し[45]、キングレコードとの契約も終了する。minan・himeとオーディションにより加入したhinako、yuu、risanoの5人により、5月21日のワンマンライブより新体制での活動を開始する[46]。2019年5月、ビクターエンターテインメント・CONNECTONEレーベルから2度目のメジャーデビューすることを発表した[47]

2020年には新型コロナウイルス感染症の世界的流行とそれによる外出自粛を受け、4月7日にYoutubeのチャンネルにて「lyrical school REMOTE FREE LIVE vol.1」を公開した[48]。4月17日に公開されたvol.2の後となる5月1日にアンコール動画が公開されたほか[49]、5月14日までの期間限定でアカペラ動画をGigaFile(ギガファイル)便からダウンロードできるよう開放した[50]。vol.3ではステージに集まっているのを事前情報で視聴者側には別撮りしていると誤認させてからフレームを外すという演出を行った[51]。ライターの香月孝史はこれをアイドル個人が今までやってきた公開の中で新しい見せ方の一つとして紹介した[52]

2022年4月12日、同年7月24日に日比谷公園大音楽堂にて開催される「lyrical school tour 2022 “L.S.”」ツアーファイナルをもって、5人体制での活動を終える旨を明らかにした[53]。新体制はminanを中心とした体制が組まれることが明らかにされた[53]。2022年4月20日、メンバーの発熱が確認され、翌日にはメンバー全員の新型コロナウイルス感染が確認された[54]。これによって『L.S.』リリースイベントはすべて中止となった[54]。2022年の5人体制のPVをメンバーの稼働なしで作るため、5000枚のチェキを集める企画を実施した[55]

運営[編集]

  • キムヤスヒロ(木村好郎)

プロデューサー。国際青少年映像キャンプDINFAC2006に日本代表として参加[3]。第1回アイアム映画祭にて『待つ男』で大賞並びにオーディエンス賞を受賞[56]。2021年には新潟県を活動拠点とするアイドルグループ『Negicco』のMeguの楽曲「So good」をプロデュースした[57]

  • 岩渕竜也

マネージャー兼バックDJ[58]。キムヤスヒロの中学校および高校時代の同級生[34]。「RUN and RUN」を始めとした楽曲の作詞も担当する[59]

  • mza(masataka yoshida)

デザイナー。最初のミニアルバムである『まちがう』からグラフィックを担当する[34]。イベントでの物販で並ぶ商品のイラストも手掛ける[34]

  • 浅野(DJ BIG-D[60]

マネージャー。2016年頃からDJ BIG-DとしてユニットのバックDJも務める[61]。武蔵野美術大学におけるキムヤスヒロの後輩で[11]東京芸術大学院にて映画脚本を専攻する[62]

メンバー[編集]

名前 誕生日 出身地 メンバーカラー 加入日 人物像
minan
(本多 未南)
(1990-12-05) 1990年12月5日(31歳) 群馬県 2013年7月 (2013-07) 2019年7月16日 (2019-07-16)、初のソロシングル「No More」をリリース[63]。地元の放送局であるエフエム群馬にて『Lyrical school minanのLet's チルアウト』のMCを担当している[64]
hime
(持田 妃華)
(1998-05-14) 1998年5月14日(24歳) 神奈川県 2015年12月 (2015-12) メンバーで唯一父親の影響で幼少期からラップやヒップホップに触れており[65]、小学5年生で母親を通じてHilcrhymeの影響により日本語でのラップの実践に関心を持ったことをインタビューで述べている[66]

2011年5月にアイドルグループ・usa☆usa少女倶楽部の新メンバーとして加入[67]、芸能界でのキャリアをスタートさせる。9月にusa☆usa少女倶楽部の派生グループとして結成された、アイドルラップユニット・ライムベリーのメンバーに選出された[68][69]。2014年4月、ライムベリーがエアリーズエンタテインメントからパーティクルに移籍するのに伴い、usa☆usa少女倶楽部を卒業[70]。2015年2月26日、DJ HIKARU(信岡ひかる)とともにライムベリーを卒業[71]。同年5月7日、ライムベリー時代のソロ曲「クオリア」がE TICKET PRODUCTIONSoundCloudアカウントで公開された[72]

2015年11月5日から本ユニットに参加する[73]。2019年12月にはサイプレス上野がMCを務めるYouTubeの番組「WONDER WHEEL」では2週目のMCを務めた[74]。シンガーソングライター・SHIBATA YUSUKEの楽曲「MACHIBOUKE」のミュージックビデオに出演した[75]

ライムベリーに所属していた頃はユニットの中で可愛らしさを担っていたが、リリスクではその必要がないと考え、自分のやりやすいように低音を担当するようになったと2021年のインタビューで述べている[76]

hinako 8月5日 新潟県 2017年4月 (2017-04) 幼少期からダンスを学ぶ[77]。Twitterでのアカウント開設時にたまたま最初に表示されていた本ユニットをフォローし[78]、過去に友人に勧められたオーディションに体調不良で参加できなかったことを悔やみ参加、合格した[77]。2019年に看護師資格を、2020年に保健師の資格を取得した[79]

2019年のインタビューでキムはhinakoが自身の持つアイドルらしさをパフォーマンスに落とし込む方法に苦労していたと振り返っており[6]、himeは2021年のインタビューで初対面から可愛らしさをキャラクターとして確立していたと述べている[19]。himeはヒップホップ色が以前と比べて強くなったユニットの中で、アイドルとしての要素を強く担っていると分析している[20]。『日刊SPA!』のインタビューではアイドルらしさを研究し、取り入れようとしていると説明している[80]。小学生の頃に帰宅したくないがあまり脱走した経験のあるほどの東京ディズニーリゾートのファンで[81]、パレードの動きをパフォーマンスに取り入れることもしている[20]

楽曲も可愛らしさを意識して歌うことが多いが、KMのプロデュースした楽曲「TIME MACHINE」では格好良さを意識するよう指示を受け低音を担当したと2021年のインタビューで述べている[76]。minanからは低音がいいと評価されている[76]

yuu 12月20日 兵庫県 2017年4月 (2017-04) 幼少期からダンスを学ぶ[78]。一度上京するも挫折し帰郷するも、その時のダンス教師の勧めでrisanoと出会い、彼女の勧めで応募、合格した[82]。2018年4月からFMおだわら「アイドル放送局」のパーソナリティの一人として活動する[83]。2019年には舞台『スリーアウト!~ホームラン篇~』に出演した[84][85]。2020年9月29日、TOKYO IDOL FESTIVAL オンライン 2020×週刊SPA!による投票バトルに参加した[86]

楽曲ではminanと共に歌のパートを任されることが多いと、『BE KIND REWIND』でのインタビューではされている[87]。himeからはラップのスキルについても評価されている[20]

映画に関心があり、ガジェット通信ライターの藤本エリと共に2018年に上映された映画の中で好きな映画を選ぶ『第一回 yuuデミー賞』を開催した[88]。毎週金曜日には日本テレビ系列『金曜ロードSHOW!』の放送に合わせて、Instagramライブ『yuuと金曜ロードSHOWを観る会』を生配信している[89]

risano 9月28日 東京都 2017年4月 (2017-04) リアーナに憧れアメリカロサンゼルスにてダンス留学を経験し、帰国後『PRIDE』などを聞いたことを契機にオーディションに参加、合格した[78]。ユニットでは参入初期から場の盛り上げを担当しているとキムは2019年のインタビューで述べている[6]。『日刊SPA!』および『musicite』のインタビューではハスキーボイスが特徴と称されている[90][91]。ユニットでは「CALL ME TIGHT」など楽曲の振り付けを担当することもある[92]。ラップスタイルは『日刊サイゾー』にてライターの寺西ジャジューカにCHICO CARLITOのそれに近いと評されている[93]

2020年12月より、テレビ朝日の番組「フリースタイルティーチャー」に出演し[94]、サイプレス上野とタッグを組んだ[95]。2021年4月10日には「戦極 MCBATTLE」第23章に出演した[96]

2020年8月現在、日本文化の海外発信を目的とした動画「risanoニュース」をアップロードしている[97]。また、動画で「ノリノリサーノ王国」という自身のソロでの楽曲を出すプロジェクトを実施している[98]

参加期間[編集]

旧メンバー[編集]

  • mariko(工藤まり仔、 (1988-07-19) 1988年7月19日(34歳))
    オリジナルメンバー。2013年1月26日のライブをもって卒業。
  • erika(知名えりか、 (1988-01-11) 1988年1月11日(34歳))
    オリジナルメンバー、初代リーダー。2013年6月をもってグループ卒業。
  • hina(小松ひな、 (1996-06-05) 1996年6月5日(26歳))
    2013年3月加入。加入をきっかけに福島県から上京[99]。2014年2月27日発売ニンテンドー3DS専用ソフト『牧場物語 つながる新天地』のミュージックビデオに出演[100]。同年の東京アイドルフェスティバルと連動した『週刊プレイボーイ』のグラビアでは6ユニットの代表の中で優勝した[101]。2015年12月13日、「学校で勉強している語学を生かした仕事に就きたい」という思いから海外留学を希望し、グループを離れる[102]
  • yumi(清水裕美、 (1990-09-19) 1990年9月19日(32歳))
    オリジナルメンバー。サニーデイ・サービス苺畑でつかまえて」のミュージックビデオに出演[103]。2016年7月から体調不良で休養していたが、9月5日付で脱退となった[104]
  • ayaka(大部彩夏、 (1990-08-31) 1990年8月31日(32歳))
    オリジナルメンバー[105]。初代リーダーerikaの卒業に伴い、2代目リーダーに就任[106]。元コスミックガール、Chu☆Oh!DollyミスiD2017セミファイナリストの大部萌衣(おおぶもえ)を妹に持つ[107]。17歳の時にアイドルグループAKB48のオーディションを受けるも最終審査で不合格となる[108]。自身もアイドルファンであることを公言しており[108]、2015年2月23日にオープニングアクトにアイドルネッサンスを加えたアップアップガールズ(仮)との対バンライブ「6MIC7SOUL∞」(新宿BLAZE)が開催された他[109]、2015年9月5日には、大部が出演者を選定した「TOKYO IDOL PROJECT LIVE curated by lyrical school ayaka」が開催された[110]。映画『キネマ純情』にカズコ役として出演[111]。2017年2月26日卒業とともに芸能界を引退[45]
  • mei(芽依、 (1991-04-19) 1991年4月19日(31歳))
    オリジナルメンバー。高校時代に芸能事務所にスカウトされたことを契機に芸能界入りし、高校卒業間際にtengal6のオーディションを受けた[112]。活舌に悩みながらもステージでの盛り上げ役としてメンバーからは「部長」、他にも「特攻隊長」などとも称された[112]。2013年7月公開の映画『讐 〜ADA〜』に出演[113]。2017年2月26日卒業。
  • ami(細越麻未、 (1991-07-05) 1991年7月5日(31歳))
    オリジナルメンバー。小学三年生の時に児童劇団に合格し、芸能活動を開始する[114]。中学入学時に学業に専念すべく休業するも、高校進学時に進路を考えた際に芸能界を目指すべく高校卒業の年に芸能事務所に所属、その後tengal6のオーディションに合格する[114]。ユニットでの自身の役割を土台と称し、メンバーを支える役割をしたいと『日経エンタテインメント!』では語っている[114]。2017年2月26日卒業。

内部ユニット[編集]

ブラガ[編集]

2018年10月26日に開催されたツアー"WORLD'S END" at STUDIO COASTにて結成されたユニット[115]。hinakoとyuuの2名で構成されている[115]。2018年の講演では楽曲「ブランニューガール」を披露した[116]。2020年5月22日には「ブランニューガール」のリモートライブ映像を公開した[117]。6月15日、クラウドファンディングを通じて新曲の製作費を集め、その進捗をYouTubeにて公開するという企画を発表した[118]。資金集めはリミスタにて行われた[118]。このクラウドファンディングは2020年6月15日から6月28日まで開催された[119]。最終的に目標50万円に対し208万3550円が集められ[119]、7月28日には制作された楽曲「hey!魔法」がYouTubeでプレミア公開された[120][121]

評価[編集]

2020年のヤングジャンプでは日本のヒップホップアイドルの草分けと紹介されている[122]。旧体制について音楽評論家の宗像明将はユニットの結成当時ラップを専門とした唯一のアイドルグループであるとし[123]、高木は音楽ナタリーの連載「the scene of RAP IDOLS」(2018年)において、ラップの技術的には稚拙であるとしつつも当時他にないアイドルとラップの組み合わせや確立したクリエーターの存在および運営のサポートから翌2011年に結成されたライムベリー(RHYMEBERRY)とともに、ラップアイドルの嚆矢かつ2大グループと評している[31]。新体制について高木は体制変更後に発売されたライブのCDである『“TAKE ME OUT” ON DEC 16』と『”lyrical school tour 2018 “WORLD’S END”』の変化を踏まえ[124]、各メンバーの個性が際立つようになりパフォーマンスが確立したとしている[125]

略歴[編集]

tengal6[編集]

2010年
  • 7月、NEWTRALがアイドルプロデュースプロジェクトを発表し、メンバーと協賛企業の募集を開始[3]。8月、アイドルプロデュースプロジェクトの協賛企業にTENGAが確定、グループ名はTENGAL6(tengal6)と発表された[3]。10月、最終候補者12名から6名を選ぶ一般投票がウェブで行われ、新宿クラブワイヤーで開催された最終オーディションイベントで6名のメンバー(erika、yumi、ayaka、ami、mariko、mei)が決定[126]
2011年
  • 5月7日、初のCD作品となるミニ・アルバム『まちがう』の手売り販売開始[127]。7月15日、ミニ・アルバム『まちがう』が全国流通盤にて発売開始[128]。10月28日、シングル「プチャヘンザ!」発売。
2012年
  • 5月25日、ファースト・アルバム『CITY』発売[129]
  • 6月9日、タワーレコードのアイドル専門レーベル「T-Palette Records」の発足1周年記念ライヴにゲスト出演し、同年8月より同レーベルへの参加と、「lyrical school」への改名を発表[130]。8月1日、レーベル移籍を機にグループ名を「lyrical school」に改名。

lyrical school[編集]

2012年
  • 8月22日、改名後初のシングル「そりゃ夏だ!/おいでよ」をT-Palette Recordsより発売[131]。11月1日、marikoが2013年1月26日のライブをもっての卒業と、併せてグループにとって初となる新メンバーのオーディション開催決定を発表[132]
  • 12月12日、シングル「リボンをきゅっと」発売。
2013年
  • 1月26日、渋谷SOUND MUSEUM VISIONでのワンマンライブ「lyrical school one man live 2013 Vol.1 mariko卒業『君にも書いたよ招待状』」をもってmarikoが卒業[133][134]。3月17日、2012年11月より募集開始したオーディションで選ばれたhinaが加入。タワーレコード秋葉原店にて新メンバーのお披露目インストア・ライヴ開催[135]。5月15日、シングル「PARADE」発売。
  • 5月19日、タワーレコード新宿店にて開催されたシングル「PARADE」発売記念イベントにて、erikaが6月に卒業することを発表[136]。6月28日、タワーレコード渋谷店B1「CUTUP STUDIO」で行われた「lyrical school oneman live erika卒業『掴んだマイク』」でerikaがグループを卒業[137]
  • 7月4日、新メンバーオーディションを7月14日にスタジアムプレイス青山にて開催することを発表[138]。7月27日、オーディションで新メンバーに決定したminanが、TOKYO IDOL FESTIVAL 2013「ENJOY STUDIUM」に5人と共に出演[139]。8月24日に行われた大宮ステラタウンでのイベントからminanが正式に合流[140]
  • 9月18日、改名後初のアルバム『date course』発売。12月11日、アルバムからのリカット・シングル「わらって.net/Myかわいい日常たち」発売。
2014年
  • 2月7日、渋谷WWWにて「lyrical school oneman live 2014」開催。オープニングDJにはレーベルメイトであるNegiccoのMeguがDJ Meguとして参加[141]
  • 4月2日に「brand new day」、7月15日に「FRESH!!!」、10月28日に「PRIDE」と、3枚のシングルを発売。
  • 11月2日、恵比寿LIQUIDROOMにて「lyrical school oneman live 2014 @ LIQUIDROOM」開催。オープニングDJとしてLinQの深瀬智聖がゲスト出演[142]
2015年
  • 1月27日、前年11月2日に恵比寿LIQUIDROOMで行われたワンマン・ライヴを収録した初の映像作品『lyrical school oneman live 2014 at LIQUIDROOM』発売。3月10日、アルバム『SPOT』発売。
  • 5月31日、沖縄サイバーボックスより初の全国ツアー「lyrical school tour 2015 “date spot”」スタート。7月25日には同ツアーの最終公演としてZepp DiverCity TOKYOでワンマンライブを開催[143]。11月4日には、同公演の模様を収録した2枚組DVD『lyrical school tour 2015 “date spot” FINAL at Zepp DiverCity』を発売[144]
  • 10月10日、青山Restaurant Bar CAYにて結成5周年記念 ワンマンライブ開催[145]。更に11月6日、川崎CLUB CITTA'にて結成5周年記念オールナイトイベント〝midnight date spot”を開催[145]
  • 10月13日、hinaが海外留学を希望し、12月に卒業することを発表[146][147]
  • 11月5日、12月13日のhina卒業公演後にhimeの加入を発表[73][148]
  • 12月13日、渋谷SOUND MUSEUM VISIONで行われたワンマンライブ「lyrical school one man live 小松ひな卒業公演」でhinaがグループを卒業[102]
  • 12月20日、新宿BLAZEで行われた「T-Palette Records 感謝祭 2015」にてhime加入後の初ライブを披露[149]
2016年
  • 1月21日、キングレコードからのメジャーデビューと、初主演映画『リリカルスクールの未知との遭遇』の完成を記者会見にて発表[150][151]
  • 4月27日、メジャー・デビュー・シングル「RUN and RUN」発売[150]
  • 4月28日、メジャーデビュー後初のワンマンライブをCLUB CITTA'で開催。中継配信映像が、75万を超える視聴数を獲得する[152]
  • 5月28日、映画『リリカルスクールの未知との遭遇』公開[151]
  • 7月5日、yumiが体調不良のため、活動休止を発表[153]
  • 7月6日、メジャー2ndシングル「サマーファンデーション」発売。
  • 7月31日、2週間の休止後活動を再開したyumiが再び体調を崩したため、改めて活動休止を発表[154]
  • 8月12日、代々木公園野外ステージにて無料ワンマンライブ「SUMMER FOUNDATION 2016」開催[155]
  • 9月5日、体調不良で7月から休養していたyumiの脱退[156]・5人での活動継続が発表[104]
  • 10月5日、メジャー3rdシングル「マジックアワー/格好悪いふられ方 -リリスクの場合-」発売[157]
  • 10月7日、ライブ「6周年パーティー」を川崎CLUB CITTA'にて行う。ゲストはcallmeアイドルネッサンスGANG PARADE
  • 11月16日、メジャー1stアルバム『guidebook』発売。12月2日に「アルバム完全再現ライブ」を川崎CLUB CITTA'にて行う[158]
  • 12月21日、初期メンバーのami、ayaka、meiが2017年2月末開催のワンマンライブを持って卒業し、その後残った2名を中心とした新体制で活動することが発表される[105]
2017年
  • 1月22日、かつて所属していたT-Palette Recordsの感謝祭にゲスト出演、同レーベルのアイドルネッサンスとコラボし、期間限定ユニット「リリカルネッサンス」としてシングルをリリースすることを発表、その曲「THE CUT」をパフォーマンスした[159]
  • 2月11日、リリカルネッサンスとして最初で最後のコラボイベント「リリカルネッサンス『THE CUT』リリースパーティー」を行う。
  • 2月26日、ワンマンライブをもって、ami、ayaka、meiが卒業。なお、ayakaは芸能界を引退、ami、meiは”スタミにゃす”として活動することを発表。
  • 3月8日、「lyrical school」の名前で女子のためのラップの学校を始めることを発表[160]
  • 3月29日、minanとhimeの2人体制でAbemaTV「矢口真里の火曜The NIGHT」#50に出演。minanがMPCを披露。
  • 4月18日、新体制発表。同時に、新メンバー(hinako、yuu、risano)が公式にツイッターを開始[161]
  • 5月21日、新体制お披露目ライブ「NEW GAME」を渋谷HARLEMにて行う。
  • 7月18日、新体制初のシングル「夏休みのBABY」発売。
  • 8月15日、代々木公園野外ステージにて「Negicco x lyrical school FREE LIVE Avec Summer Breeze @ Yoyogi Park」開催。
  • 9月17日、10月17日、11月5日、「秋の3ヶ月連続 ライブハウス対バン企画“MY DATE”」を開催。「MY DATE ON SEP.」ではMaison book girl、フィロソフィーのダンス「MY DATE ON OCT.」ではEnjoy Music Club、アナ、思い出野郎Aチーム、「MY DATE ON NOV.」ではサイプレス上野とロベルト吉野、Young Hastle、SUSHIBOYSとそれぞれ共演した。
  • 12月16日、「lyrical school one man live 2017 ”TAKE ME OUT”」を恵比寿LIQUIDROOMにて開催。
  • 12月19日、新体制第二弾両A面シングル「つれてってよ/CALL ME TIGHT」発売。
2018年
  • 2月14日、新体制初のライブ・アルバム「”TAKE ME OUT” ON DEC 16」発売。
  • 4月21日、「lyrical school one man live 2018 “Play It Cool”」を渋谷VISIONにて開催。
  • 6月19日、新体制初のフルアルバム「WORLD'S END」発売。
  • 7月1日、沖縄cyber-boxより、フルアルバム「WORLD’S END」を提げた全国ツアー「 lyrical school tour 2018 “WORLD’S END”」をスタート。
  • 8月14日、フリーライブ「lyrical school FREE LIVE / リリスク夏祭り」を上野水上音楽堂にて開催。
  • 12月25日、2か月連続 両A面シングル第1弾「パジャマパーティー/シャープペンシル feat. SUSHIBOYS」発売。
2019年
  • 1月22日、2か月連続 両A面シングル第2弾「Tokyo Burning/Cookin' feat. Young Hastle」発売。
  • 5月18日、フリーライブ「lyrical school FREE LIVE “全校集会” Vol.1」を開催し、ビクターエンタテインメント内のCONNECTONEに移籍することを発表。
  • 6月26日、ビクター移籍第1弾配信限定シングル「LAST DANCE」発売。
  • 7月7日、ワンマンライブ「lyrical school ONEMAN SHORT TOUR 2019 "ROAD SHOW"@川崎CLUB CITTA'」を神奈川県CLUB CITTA'にて開催。
  • 7月24日、ビクター移籍第2弾配信限定シングル「Enough is school」発売。
  • 8月12日、「lyrical school FREE LIVE 2019 "ONE SECOND SUMMER vol.2" at TOKOROZAWA KOKU PARK」を埼玉県 所沢航空記念公園野外ステージにて開催。
  • 8月28日、ビクター移籍第3弾配信限定シングル「LOVE TOGETHER RAP」発売。
  • 9月11日、ビクター移籍後初のフルアルバム「BE KIND REWIND」発売。
  • 9月13日、ワンマンライブ「lyrical school oneman live "BE KIND REWIND" at AKASAKA BLITZ」を東京・マイナビBLITZ赤坂にて開催。
  • 11月3日、7インチシングルレコード「Enough is school / LOVE TOGETHER RAP」発売。
  • 11月24日、全国ツアー「lyrical school Tour2019 "BE KIND REWIND" SERIES」の最終公演を東京・よみうりランド 日テレらんらんホールにて開催。
2020年
  • 4月22日、キャリア初となるEPOK!!!!!」発売。
  • 8月15日、「HEADS CLUB 限定LIVE HOME GAME SERIES “真夏の絶好球”」を東京・上野恩賜公園野外ステージ(水上音楽堂)にて開催。
  • 9月19日、「lyrical school oneman live 2020 PLAYBACK SUMMER」を東京・よみうりランド 日テレらんらんホールにて開催。
  • 10月28日、配信限定シングル「Bright Ride」発売。
  • 11月3日、7インチシングルレコード「Dance The Night Away feat. Kick a Show / OK!」発売。
  • 11月25日、配信限定シングル「FIVE SHOOTERS」発売。
2021年
  • 2月24日、配信限定シングル「TIME MACHINE」発売[162]
  • 3月17日、アルバム『Wonderland』より「Fantasy」を先行配信[163]
  • 4月7日、ビクター移籍後2枚目となるフルアルバム「Wonderland」発売。
2022年
  • 2月9日、配信限定シングル「The Light」発売。
  • 3月23日、配信限定シングル「Find me!」発売。
  • 4月20日、ビクター移籍後3枚目となるフルアルバム「L.S.」発売予定。

作品[編集]

アルバム[編集]

発売日 タイトル チャート最高位 規格品番 収録曲
Billboard Japan
Top Albums Sales
オリコン[164]
T-Palette Records
1st 2013年9月18日 date course 36[165] 42 TPRC-0054(CD)
TPRV-0004(LP)
2nd 2015年3月10日 SPOT 27[166] 24 TPRC-0127(CD)
TPRV-0014(LP)
KING RECORDS
3rd 2016年11月13日 guidebook 66[167] 75 KICS-3429(CD)
NAS-2033(LP)
BootRock
ライブ 2018年2月14日 “TAKE ME OUT” ON DEC 16 45[168] 44 BRTW-1053
4th 2018年6月19日 WORLD'S END 18[169] 10 BRTW-1054(CD)
BRTW-1055(LP)
BRTW-1056(カセットテープ)
リミックス 2018年10月23日 WORLD’S END 南半球REMIX - 262 BRTW-1064
ライブ 2019年3月19日 lyrical school tour 2018“WORLD’S END” - 95 BRTW-1064
CONNECTONE / ビクターエンタテインメント
5th 2019年9月11日 BE KIND REWIND 13[170] 12 VICL-65236(CD)
BRTW-1069(LP)
配信 2019年11月6日 BE KIND REWIND INSTRUMENTALS - VEATP-36902(配信限定)
配信 2020年1月1日 BE KIND REWIND (Expanded Edition) - VEATP-37078(配信限定)
6th 2021年4月7日 Wonderland 15[171] 16 VICL-65466(CD)
BRTW-1070(LP)
配信 2021年7月4日 Wonderland INSTRUMENTALS - VEATP-38863(配信限定)
7th 2022年4月20日 L.S. - VICL-65696(CD)

EP[編集]

発売日 タイトル チャート最高位 規格品番 収録曲
Billboard Japan
Top Albums Sales
オリコン[164]
CONNECTONE / ビクターエンタテインメント
2019年11月6日 Enough is school EP - VEATP-36906(配信限定)
2020年4月22日 OK!!!!! 18[172] 17 VICL-65367
2020年7月29日 PLAYBACK SUMMER - VEATP-37533(配信限定)
2020年8月19日 PLAYBACK SUMMER ver.1.1 - VEATP-37657(配信限定)
2020年9月30日 OK!!!!! INSTRUMENTALS - VEAWA-37763(配信限定)
2020年11月4日 Dance The Night Away -EP- - VEATP-37985(配信限定)
2021年8月4日 PLAYBACK SUMMER ver.1.2 - VEATP-38923(配信限定)

シングル[編集]

発売日 タイトル チャート最高位 規格品番 収録曲
Billboard Japan
Top Singles Sales
オリコン[164]
T-Palette Records
2012年8月22日 そりゃ夏だ!/おいでよ 50[173] 70 TPRC-0022
2012年12月12日 リボンをきゅっと 48[174] 48 TPRC-0027
2013年5月15日 PARADE 29[175] 34 TPRC-0041(初回限定盤)
TPRC-0042(通常盤)
2013年12月11日 わらって.net/Myかわいい日常たち 37[176] 40 TPRC-0063(初回限定盤)
TPRC-0064(通常盤)
2014年4月2日 brand new day 9[177] 13 TPRC-0073(初回限定盤A)
TPRC-0074(初回限定盤B)
TPRC-0075(通常盤)
2014年7月15日 FRESH!!! 18[178] 21 TPRC-0092(初回限定盤)
TPRC-0093(通常盤)
2014年10月28日 PRIDE 7[179] 9 TPRC-0109(通常盤)
TPRC-0110〜0115(初回限定盤)
2015年7月21日 ワンダーグラウンド 18[180] 26 TPRC-0139(通常盤)
TPRC-0140(初回限定盤)
KING RECORDS
2016年4月27日 RUN and RUN 26[181] 16 KICM-91669(初回限定盤)
KICM-1670(通常盤)
NMAX-1225(イベント会場限定/初回限定盤)
NMAX-1226(イベント会場限定/通常盤)
2016年7月6日 サマーファンデーション 39[182] 30 KICM-91694(初回限定盤A)
KICM-91695(初回限定盤B)
KICM-1694(通常盤)
NMAX-1235(イベント会場限定)
2016年10月17日 マジックアワー/格好悪いふられ方 -リリスクの場合- 46[183] 32 KICM-91721(初回限定盤)
KICM-1722(通常盤)
NMAX-1247(イベント会場限定)
BootRock
2017年7月18日 夏休みのBABY 22[184] 14 BRTW-1034(通常盤)
BRTW-1035〜1039(メンバー盤)
2017年12月19日 つれてってよ/CALL ME TIGHT 18[185] 11 BRTW-1045(通常盤)
BRTW-1046(初回限定盤A)
BRTW-1047(初回限定盤B)
BRTW-1049(7インチシングルレコード)
BRTW-1050(カセットテープ)
2018年12月25日 パジャマパーティー/シャープペンシル feat.SUSHIBOYS 32[186] 16 BRTW-1062(CD)
BRTW-1066(7インチシングルレコード)
2019年1月22日 Tokyo Burning/Cookin’feat.Young Hastle 30[187] 22 BRTW-1063(CD)
BRTW-1067(7インチシングルレコード)
CONNECTONE / ビクターエンタテインメント
2019年6月26日 LAST DANCE - VE3WA-18444(配信限定)
2019年7月24日 Enough is school - VE3WA-18471(配信限定)
2019年8月28日 LOVE TOGETHER RAP - VE3WA-18482(配信限定)
2019年11月3日 Enough is school / LOVE TOGETHER RAP - NKS-722(7インチシングルレコード)
2020年4月8日 OK! - VE3WA-18700(配信限定)
2020年10月28日 Bright Ride - VEATP-37937(配信限定)
2020年11月3日 Dance The Night Away feat. Kick a Show / OK! - NKS-730(7インチシングルレコード)
2020年11月25日 FIVE SHOOTERS - VEATP-38089(配信限定)
2021年2月24日 TIME MACHINE - VEATP-38435(配信限定)
2022年2月9日 The Light - VE3WA-19592(配信限定)
2022年3月23日 Find me! - VE3WA-19664(配信限定)

映像作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 オリコン最高位
2015年1月27日 lyrical school oneman live 2014 at LIQUIDROOM TPRD-0009 101位
2015年11月4日 lyrical school tour 2015“date spot”FINAL at Zepp DiverCity BRTW-1020 66位
2016年9月7日 -Run and Run- lyrical school one man live 2016@CLUB CITTA’ KIXM-248(Blu-ray)
KIBM-596(DVD)
129位
2016年12月7日 リリカルスクールの未知との遭遇 KIXF-437(Blu-ray)
KIBF-1452(DVD)
-
2017年4月25日 lyrical school tour 2016 guide book FINAL at Zepp Tokyo BRTW-1031(Blu-ray) -

参加作品[編集]

  • さよならポニーテール『青春ファンタジア』(2013年3月6日)- 初回生産限定盤に3MC(ami、ayaka、yumi)による「恋するスポーツ」のカバーを収録[188]
  • tofubeats『First Album』(2014年10月2日)- 「20140809 with lyrical school」に参加。
  • Various Artists『アイドルばかりピチカート-小西康陽×T-Palette Records-』(2015年4月22日)- 小西康陽プロデュースによる、ピチカート・ファイヴ楽曲のカバー・アルバム。T-Palette Records所属の5グループが参加[注 4]。「ヒッピー・デイ」に参加[189]
  • リリカルネッサンス「THE CUT」(2017年2月14日)- アイドルネッサンスとのコラボ作品、原曲はBase Ball BearとRHYMESTERのコラボ。

ミュージック・ビデオ[編集]

活字媒体[編集]

tengal6名義[編集]

発売日 タイトル 形式 規格 品番
2011年06月15日 会場限定配布 CD -
2011年07月15日
まちがう
#タイトル作詞作曲編曲
1.「tengal6」呂布/岩渕竜也坪光成樹KakashiRec.
2.「photograph」岩渕竜也坪光成樹KakashiRec.
3.「ルービック キューブ」呂布/岩渕竜也坪光成樹KakashiRec.
4.「Akikaze」呂布/岩渕竜也坪光成樹KakashiRec.
5.「まちがう」呂布/岩渕竜也坪光成樹KakashiRec.
6.「ルービックキューブ」(Fragment remix)呂布/岩渕竜也坪光成樹 
ミニアルバム CD RRSH-002
2011年10月28日
プチャヘンザ!
#タイトル作詞・作曲編曲
1.「プチャヘンザ!」tofubeatstofubeats
2.「プチャヘンザ!」(inst)  
3.「プチャヘンザ!」(Acappella)  
プチャヘンザ!(DVD)
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「photograph PV」  
2.「tengal6の「訳あって作詞」」  
シングル CD
DVD
RRSH-004
RRSH-004D
2012年05月25日
CITY
#タイトル作詞作曲編曲
1.「perfect ☆キラリ」ポチョムキン from 餓鬼レンジャーROMANTIC PRODUCTION 
2.「fallin'night」泉水マサチェリー from WEEKEND泉水マサチェリー from WEEKEND 
3.「〜call〜 (skit)」   
4.「決戦はフライデー」泉水マサチェリー from WEEKEND泉水マサチェリー from WEEKEND 
5.「苺のショート」岩渕竜也坪光成樹 & 藤島ユウ 
6.「もし」岩渕竜也Fragment 
7.「girl's flowers」ERONE from 韻踏合組合, CHIEF ROKKAokadada 
8.「〜cypher〜 (skit)」   
9.「プチャヘンザ!」tofubeatstofubeats 
10.「しってる / しらない」tofubeatstofubeats 
11.「bye bye」呂布ROMANTIC PRODUCTION 
12.「〜end〜 (skit)」   
13.「6本のマイク」tengal6/岩渕竜也坪光成樹 & KakashiRec. 
スタジオ・アルバム CD
LP
BORO-002
BOLP-001

主なライブ・イベント[編集]

2015年
  • 5月31日 - 7月25日、全国ツアー「lyrical school tour 2015 "date spot"」
  • 8月1・2日、TOKYO IDOL FESTIVAL 2015
  • 12月5日、-Minan Birthday Jam Party-(渋谷NOS ORG)[192]※本多未南生誕祭、バンドセットによるソロLIVE。
  • 12月20日、T-Palette Records 感謝祭 2015〜今年新しく出来たyouthsource recordsも箱レコォズの面々も出るよ、もちろんTパレアームレスリング大会も開催!!年末大大感謝祭!!〜(新宿BLAZE)[193]
2016年
2017年

出演[編集]

インターネット放送[編集]

  • チェケラっ超TV(2014年12月15日 -、2.5D)mei、minanのみ出演

ラジオ[編集]

  • アイドル放送局〜隣のあの子もアイドルだ!〜(2014年4月10日- 、FMおだわら)- 毎月第3、第4週のサブパーソナリティーをyuuが担当[197]。以前はamiが出演していた[198]
  • MMAradio771(2018年4月9日 - 、エフエム諫早)※毎月第二月曜日の番組内のコーナー担当[199]
  • Lyrical school minanのLet's チルアウト(2019年 - 、エフエム群馬)※minanのみ[200]
  • lyrical schoolのラジッパ(2021年10月3日- 、全国のAM局(ラジオ大阪、南海放送、西日本放送、大分放送、岐阜放送))※メンバー2人が2週交代で担当[201]

テレビ[編集]

  • アイドル New Year サミット 2016(2016年1月1日 2:30-6:00、フジテレビ)[202]
  • 流派R-since 2001 (2022年6月24日 26:30-27:00、テレビ東京)

映画[編集]

  • リリカルスクールの未知との遭遇(2016年5月28日公開) - 主演・lyrical school 役[151]

舞台[編集]

  • LIBERUSプロデュース 東京ギロティン倶楽部第一回公演「東京奇人博覧会」(2013年4月17日‐21日、スペース・ゼロ

CM[編集]

  • 出前館「出前館×AbemaTV」(2018年12月 - 2019年1月) - 矢口真里の火曜The NIGHTとの番組タイアップCM[203]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ヒップホップの用語としてヒップホップのファンという意味を持つ[10]
  2. ^ ayaka盤「tengal6 take3」、minan盤「Akikaze take2」、hina盤「photograph take2」、yumi盤「まちがう take2」、mei盤「プチャヘンザ! take2」、ami盤「しってる/しらない take2
  3. ^ 初回限定盤A「つれてってよ ENJOY Xmas!!! Remix」、初回限定盤B「CALL ME TIGHT-Jun Kamoda Remix
  4. ^ 参加グループ:lyrical school、Negiccoバニラビーンズワンリルキスアイドルネッサンス

出典[編集]

  1. ^ tengal6、タワレコアイドルレーベル参加&“リリスク”に改名”. ナタリー. ナターシャ (2012年6月9日). 2017年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月19日閲覧。
  2. ^ 市來孝人「スマホがジャックされた感覚に!lyrical school 縦型MV 監督に聞く撮影秘話」『SENSORS』2016年4月19日。 オリジナルの2018年12月4日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20181204061622/http://www.sensors.jp/post/lyrical_school_mv.html 
  3. ^ a b c d 『NEWTRAL アイドルプロデュースプロジェクト』NEWTRAL、2010年7月14日。 オリジナルの2011年9月12日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20110912061959/http://newtral.info/2010/07/idol-produce-project/2011年6月15日閲覧 
  4. ^ mei; yumi; minan; ami (2016年4月26日). インタビュアー:竹間葵. “HIPHOP×アイドルの融合! 待望のメジャーデビューをはたすlyrical schoolの魅力”. マイナビニュース: pp. 1-2. https://news.mynavi.jp/article/20160426-lyrical_school/ 2021年9月14日閲覧。 
  5. ^ 高木 2015、144頁。
  6. ^ a b c d 臼杵成晃 『lyrical school 5つの個性がビートを刻む ガールズラップの可能性』ナターシャ、4頁。 オリジナルの2019年9月20日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190920170044/https://natalie.mu/music/pp/lyricalschool05/page/42019年9月21日閲覧 
  7. ^ 高木 2015、145頁。
  8. ^ リリスク新シングル“PARADE”はtofubeats制作! LinQ智聖コラボ曲も」『TOWER RECORDS ONLINE』タワーレコード、2013年4月18日。2013年6月22日のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月22日閲覧。
  9. ^ リリスクの夏が今年も到来、5カ月ぶりにヘッズと再会」『音楽ナタリー』ナターシャ、2020年8月15日。2020年9月2日のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月2日閲覧。
  10. ^ hip-hop head”. Lexico.com. 2020年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月28日閲覧。
  11. ^ a b キムヤスヒロ (2019年9月11日). インタビュアー:藤本エリ. “lyrical school プロデューサー・キムヤスヒロに聞く 新アルバムやMVへのこだわり「長いようで短い青春と重ね撮りした“VHS”」”. ガジェット通信. https://getnews.jp/archives/2204763 2021年9月14日閲覧。 
  12. ^ a b c ウレぴあ 2012、31頁。
  13. ^ a b c ウレぴあ 2012、30頁。
  14. ^ 丸山愛菜「『おうちでも、ライブはできます』アイドルも在宅勤務!?まさかの『リモートライブ』を開催したグループが話題に」『BuzzFeed』2020年4月29日。2020年5月1日のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月1日閲覧。
  15. ^ a b c 「lyrical school」『日経エンタテインメント!アイドルSpecial 2017』、136頁2017年2月。ISBN 978-4822238704 
  16. ^ a b 土屋恵介「lyrical school」『marquee』第99巻、66頁、2013年10月。ISBN 978-4822238704 
  17. ^ a b c 田中大「lyrical school」『ROCKIN'ON JAPAN』第33巻10(通号512)、259頁、2019年9月30日。 
  18. ^ OVERTURE 2018、120頁。
  19. ^ a b FNMNL編集部「【インタビュー】hime(lyrical school)『Wonderland』|ヒップホップでもなくアイドルでもなくリリスクらしさを」『fnmnl』Space Shower Network、2021年4月9日。
  20. ^ a b c d ヒラギノ游ゴ「特別対談 hime(lyrical school)× valknee 後編」『Spincoaster』2020年8月1日。2020年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月3日閲覧。
  21. ^ lyrical school、夏をテーマにした配信限定EP『PLAYBACK SUMMER』リリース。リモート・フリー・ライヴ最新作を本日21時にYouTubeプレミア公開」『skream!』激ロックエンタテインメント、2020年7月29日。2020年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月3日閲覧。
  22. ^ lyrical school(リリスク)minan単独インタビュー」『ガチ恋!』、1頁2018年6月19日。 オリジナルの2019年7月27日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190727112451/http://www.musicite.net/sp/lyrical_schoolminan_7.php2019年5月21日閲覧 
  23. ^ lyrical school(リリスク)minan単独インタビュー」『ガチ恋!』、2頁2018年6月19日。 オリジナルの2019年7月27日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190727111951/http://www.musicite.net/sp/lyrical_schoolminan_2.php2019年5月21日閲覧 
  24. ^ lyrical school(リリスク) hime単独インタビュー」『ガチ恋!』、1頁2018年1月6日。 オリジナルの2019年6月4日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190604083937/http://www.musicite.net/sp/lyrical_school_hime.php2019年6月4日閲覧 
  25. ^ lyrical school(リリスク) hime単独インタビュー」『ガチ恋!』、2頁2018年1月6日。 オリジナルの2018年5月20日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20180520185330/http://www.musicite.net/sp/lyrical_school_hime_2.php2018年5月20日閲覧 
  26. ^ 臼杵成晃「lyrical school 生まれ変わり突き進むアイドルラップ道」『音楽ナタリー』、ナターシャ、1頁、2019年9月20日のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月20日閲覧。
  27. ^ 大前至「lyrical schoolが考えるアイドルとラップグループのバランス感覚 それぞれが確信する『今の5人だからできること』」『RealSound』blueprint、2020年4月24日、1頁。2020年5月4日のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月4日閲覧。
  28. ^ インタビュー:証人になって欲しい――ワンマン・ライヴ <TAKE ME OUT> 開催を控えるlyrical schoolの”いま””. CDジャーナル (2017年11月27日). 2019年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月5日閲覧。
  29. ^ 山田邦子「【インタビュー】lyrical school、挑戦作『OK!!!!!』でネクストフェーズへ」『BARKS』JAPAN MUSIC NETWORK、2020年5月1日。2021年1月16日の[https://www.barks.jp/news/?id=1000179827 オリジナルよりアーカイブ。2021年1月16日閲覧。
  30. ^ 寺西ジャジューカ「『フリースタイルティーチャー』鬼気迫るyukarinと陽キャのrisano、RHYMESTERを取り合う!?」『日刊サイゾー』2021年2月3日、2頁。2021年4月10日のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月10日閲覧。
  31. ^ a b c 高木"JET"晋一郎 (2018年7月30日). “the scene of RAP IDOLS 第2回 ラップアイドルの誕生 lyrical schoolとライムベリー”. 音楽ナタリー. 2018年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月20日閲覧。
  32. ^ 飯田 2013, p. 161.
  33. ^ 【event】トークイベント『これもデザインなの?』」『武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ』2013年10月。 オリジナルの2017年10月27日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20171027084328/https://d-lounge.jp/2013/10/2378 
  34. ^ a b c d e 飯田 2013, p. 156.
  35. ^ 鈴木妄想 (2012年8月2日). “TENGAが育てた清純派アイドルtengal6。T-Palette移籍&lyrical schoolに改名!”. ウレぴあ総研. p. 1. 2016年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月20日閲覧。
  36. ^ 飯田 2013, p. 157.
  37. ^ 『tengal6改めlyrical school、タワー発アイドル専門レーベルの仲間入り!』タワーレコード、2012年6月9日。 オリジナルの2018年10月1日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20181001100221/https://tower.jp/article/news/2012/06/09/n012019年9月24日閲覧 
  38. ^ 「lyrical school」『SPECIAL EDITION GiRLPOP presents T-Palette Records artist book 2012-2013 2013 Winter 特別付録』、11頁2013年。 
  39. ^ a b Girl’s Rapのパイオニアlyrical school(リリカルスクール)の素顔を直撃 メジャー1stアルバム『guidebook』までの道のり」『modelpress』Netnative、2016年11月26日。2018年12月5日のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月5日閲覧。
  40. ^ lyrical school『PRIDE』インタビュー」『musicite』、musicite、3頁、2014年10月28日http://www.musicite.net/gk/sp/lyrical_schoolpride.php/32020年5月8日閲覧 
  41. ^ コダック川口 (2015-11-05), リリカルスクールに元ライムベリーのhimeが電撃加入! アイドル界に激震, オリジナルの2018-11-29時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20181129024008/https://kai-you.net/article/22885 
  42. ^ lyrical school“あのスマホMV”メイキング解禁”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2016年4月27日). 2018年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月7日閲覧。
  43. ^ lyrical schoolリリスクの“スマホジャック縦型MV”、カンヌ広告祭で銅賞に”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2016年6月23日). 2019年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月25日閲覧。
  44. ^ 檀上真里奈「【ワカテの方が、ワカッテる?】注目のU30インタビュー:lyrical school篇」『AdverTimes』、宣伝会議、1頁、2017年10月13日。 オリジナルの2020年6月7日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20200607085711/https://www.advertimes.com/20171013/article259139/2020年6月7日閲覧 
  45. ^ a b 『リリスクはまだ終わりません!』現体制ラストライブで涙こぼし歌った“9本のマイク””. 音楽ナタリー (2017年2月28日). 2019年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月5日閲覧。
  46. ^ lyrical school新章の始まり、ワンマン&フリーライブで夏先取りの新曲披露”. 音楽ナタリー (2017年5月22日). 2019年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月5日閲覧。
  47. ^ リリスク2度目のメジャーデビュー!ニッパーくんと共に世界へ”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2019年5月19日). 2019年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月20日閲覧。
  48. ^ 田沢梓門, @samebbq「YouTubeで在宅ライブ、ガールズ・ラップ・ユニット『lyrical school』に舞台裏をインタビュー」『engadget 日本版』Verizon Media Japan、2020年4月17日。2020年4月23日のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月23日閲覧。
  49. ^ lyrical school|めちゃくちゃ逆境に強い“アイデア・グループ”なので」『ガルポ!』ハピネット・メディアマーケティング、2020年6月25日。2020年6月26日のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月26日閲覧。
  50. ^ OTOTOY「『lyrical school REMOTE FREE LIVE vol.2』のアンコール・ライヴ映像公開」『ガジェット通信』東京産業新聞社、2020年5月1日。2020年10月5日のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月5日閲覧。
  51. ^ 河合律子、高橋ミレイ「ソーシャルディスタンスが変えた創作のスタンダード:宮本道人×松永伸司が語り合う(前編)」『RealSound』blueprint、2020年9月21日、1頁。2020年10月4日のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月4日閲覧。
  52. ^ 香月孝史「乃木坂46、東京ドーム初単独公演特別配信での“ライブ感の共有” コロナ禍で変化みせるアイドルの発信」『RealSound』blueprint、2020年5月18日、1頁。2020年7月1日のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月1日閲覧。
  53. ^ a b 音楽ナタリー編集部「リリスクから4名卒業、野音で現体制ラストライブ」『音楽ナタリー』、ナターシャ、2022年4月12日。 オリジナルの2022年4月12日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20220412062132/https://natalie.mu/music/news/4735642022年4月12日閲覧 
  54. ^ a b リリスク、全員が新型コロナ感染でリリイベが中止に」『音楽ナタリー』、ナターシャ、2022年4月21日。 オリジナルの2022年4月22日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20220422010523/https://natalie.mu/music/news/4748212022年4月22日閲覧 
  55. ^ リリスク現体制最後のMV作るためチェキ5000枚募集」『音楽ナタリー』、ナターシャ、2022年4月23日。 オリジナルの2022年4月22日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20220422191040/https://natalie.mu/music/news/4751052022年4月22日閲覧 
  56. ^ 藤本エリ 『lyrical school プロデューサー・キムヤスヒロがメンバーにおすすめしたい映画とは? アルバム『BE KIND REWIND』と「青春」の関係性も』東京産業新聞社、201909-22、2頁。 オリジナルの2019年9月28日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190928125134/https://getnews.jp/archives/2209546/2 
  57. ^ ナシモト「Negicco・Meguが本格的なラップに初挑戦!【インタビュー前編】」『Komachi Web』2021年11月11日。2021年11月11日のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月11日閲覧。
  58. ^ 『ミサラボ。HipでHopなアイドルラップユニット lyrical school 前編』ASBS、2014年11月5日。 オリジナルの2019年9月28日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190928125259/https://asbs.jp/archives/34304 
  59. ^ 高木“JET”晋一郎「インタビュー:“リリスクとして”可能性を広げていく6人、lyrical schoolの新たなスタート『RUN and RUN』」『CDJournal』2016年4月27日。 オリジナルの2019年9月28日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190426004120/https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/lyrical-school/10000011762019年4月26日閲覧 
  60. ^ lyrical schoolツアーファイナルに新曲大量投入『いつだって今が最高』」『音楽ナタリー』、ナターシャ、2018年10月23日。 オリジナルの2019年9月21日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190921024429/https://natalie.mu/music/news/3049102019年9月28日閲覧 
  61. ^ 山末あつみ、VDC編集部 『lyrical school(minan / hinako)「どうやったら自分らしく、しかもカッコよくラップできるんだろうって」+ DJ BIG-D[Special Interview』]Vocal & Dance Collection、2019年1月11日https://wp.vdc.tokyo/article/44152019年9月28日閲覧 
  62. ^ 藤本エリ 『lyrical school プロデューサー・キムヤスヒロがメンバーにおすすめしたい映画とは? アルバム『BE KIND REWIND』と「青春」の関係性も』2019年9月22日、1頁。 オリジナルの2019年9月28日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190928124743/https://getnews.jp/archives/22095462019年9月28日閲覧 
  63. ^ リリスクminan、自身が作詞した曲と全英語詞2曲を収録したソロシングル発売”. 音楽ナタリー (2019年5月4日). 2019年5月5日閲覧。
  64. ^ 5月より、FM GUNMAさんでminanがパーソナリティをつとめる30分のラジオ番組がスタート!”. lyrical school OFFICIAL SITE (2019年4月2日). 2021年2月25日閲覧。
  65. ^ 内藤悦子「lyrical school」『日経エンタテインメント!アイドルSpecial 2017』、147頁2017年2月。ISBN 978-4822238704 
  66. ^ ヒラギノ游ゴ「特別対談 hime(lyrical school)× valknee 前編」『Spincoaster』2020年7月30日。2020年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月31日閲覧。
  67. ^ 新メンバー紹介”. usa☆usa少女倶楽部公式ブログ (2011年5月6日). 2020年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月5日閲覧。
  68. ^ 「ライムベリー」メンバー発表!”. usa☆usa少女倶楽部公式ブログ (2011年9月6日). 2020年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月4日閲覧。
  69. ^ 話題のアイドルラップユニットが1stシングルリリース”. ナタリー. ナターシャ (2012年6月11日). 2013年1月19日閲覧。
  70. ^ ライムベリー移籍のお知らせ”. usa☆usa少女倶楽部公式ブログ (2014年4月11日). 2020年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月7日閲覧。
  71. ^ ライムベリーから2人卒業、プロデューサーも契約終了 活動は継続”. KAI-YOU (2015年2月26日). 2019年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月7日閲覧。
  72. ^ 元ライムベリーの2人が未音源化曲を無料配信「今までありがとうございました」”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2015年5月7日). 2019年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月23日閲覧。
  73. ^ a b lyrical school、卒業hinaに代わる新メンバーは元ライムベリーhime”. ナタリー. ナターシャ (2015年11月5日). 2018年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月5日閲覧。
  74. ^ サ上、SIS、リリスクhime、えみそん、フィロのス奥津MCのYouTube番組スタート」『音楽ナタリー』ナターシャ、2019年11月23日。2019年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月18日閲覧。
  75. ^ SHIBATA YUSUKE新曲『MACHIBOUKE』MVにリリスク・hime出演」『音楽ナタリー』ナターシャ、2020年4月10日。2020年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月31日閲覧。
  76. ^ a b c lyrical schoolインタビュー|チャレンジに満ちたアルバム『Wonderland』でアイドルとしてラッパーとして新たな世界へ」『音楽ナタリー』ナターシャ、2021年4月7日、3頁。2021年4月7日のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月7日閲覧。
  77. ^ a b lyrical school(リリスク)hinako単独インタビュー」『ガチ恋!』、3頁2018年4月20日。 オリジナルの2019年9月21日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190921142409/http://www.musicite.net/sp/lyrical_schoolhinako_3.php2019年9月21日閲覧 
  78. ^ a b c lyrical school|それぞれの曲に色があるので、これを聴いてエモまってほしいです。エモまってください!」『Speak emo』2018年7月1日。 オリジナルの2018年8月31日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20180831000656/http://news.space-emo.com/2018/07/01/post-417/2019年9月21日閲覧 
  79. ^ 三浦良純「lyrical schoolインタビュー|チャレンジに満ちたアルバム「Wonderland」でアイドルとしてラッパーとして新たな世界へ」『音楽ナタリー』、ナターシャ、1頁、2021年4月7日。 オリジナルの2021年4月7日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20210407030040/https://natalie.mu/music/pp/lyricalschool062021年4月7日閲覧 
  80. ^ ポポ伊藤「アイドルが未経験でラップグループに!躍進中の『lyrical school』に聞く」『日刊SPA!』扶桑社、2019年11月19日。2頁。2020年1月6日のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月6日閲覧。
  81. ^ hinako (2018年8月14日). インタビュアー:藤本エリ. “『lyrical school(リリカルスクール)』hinakoがディズニー愛を語る!「脱走事件」「好きすぎるショー」「メンバーで仮装をするなら?」”. ガジェット通信. https://getnews.jp/archives/2069172 2021年9月14日閲覧。 
  82. ^ lyrical school(リリスク)yuu単独インタビュー」『ガチ恋!』、1頁2018年2月9日。 オリジナルの2019年9月21日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190921152354/http://www.musicite.net/sp/lyrical_schoolyuu.php2019年9月21日閲覧 
  83. ^ 『2018年4月より FMおだわら「アイドル放送局」新パーソナリティにyuuが就任!』lyrical school。 オリジナルの2019年9月21日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190921150311/http://lyricalschool.com/56022019年9月21日閲覧 
  84. ^ 『舞台『スリーアウト!~ホームラン篇~』キャスト:★チーム/2019年6月7日~6月16日』Dormi。 オリジナルの2019年6月14日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190614004834/https://www.dp-isr.com/three-out_2019/star/2019年9月21日閲覧 
  85. ^ 『舞台『スリーアウト!~ホームラン篇~』キャスト:♪チーム/2019年6月8日~6月16日』Dormi。 オリジナルの2019年5月22日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190522200022/https://www.dp-isr.com/three-out_2019/note/2019年9月21日閲覧 
  86. ^ 『週刊SPA!』×「TOKYO IDOL FESTIVAL」コラボ あなたの一票で表紙が決まる” (日本語). Real Sound|リアルサウンド ブック (2020年9月18日). 2020年10月1日閲覧。
  87. ^ 臼杵成晃「lyrical school 5つの個性がビートを刻む ガールズラップの可能性」『音楽ナタリー』ナターシャ、1頁。2020年10月26日のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月26日閲覧。
  88. ^ 藤本エリ (2019年2月24日). “映画好きアイドルyuu(lyrical school)が2018年一番良かった作品は? 『第一回 yuuデミー賞』発表!”. ガジェット通信. https://getnews.jp/archives/2126368 2021年9月14日閲覧。 
  89. ^ TV Bros. (2021年2月25日). “【lyrical school 6DAYS vol.02】yuu「リリスクに入る前は映画館でバイトしてました!」”. note. 2021年2月25日閲覧。
  90. ^ ポポ伊藤「アイドルが未経験でラップグループに!躍進中の『lyrical school』に聞く」『日刊SPA!』扶桑社、2019年11月19日。3頁。2020年1月22日のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月22日閲覧。
  91. ^ lyrical school(リリスク)risano単独インタビュー」『musicite』2018年3月26日、6頁。2021年3月31日のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月31日閲覧。
  92. ^ lyrical school(リリスク)risano単独インタビュー」『musicite』2018年3月26日、5頁。2021年3月31日のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月31日閲覧。
  93. ^ 寺西ジャジューカ「『フリースタイルティーチャー』、今シーズンが1番アツい! 『楽しんでる』と『タコ死んでる』アイドルとしての決意と押韻」『日刊サイゾー』2020年12月29日、2頁。2021年1月10日のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月10日閲覧。
  94. ^ えいたそ、リリスクrisano、汐りんら『フリースタイルティーチャー』アイドルラッパー育成SPでバトル」『音楽ナタリー』ナターシャ、2020年11月26日。2020年12月2日のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月2日閲覧。
  95. ^ 日刊サイゾー編集部「『フリースタイルティーチャー』サイプレス上野、アイドル2人に告白されて『どうすりゃいいんですか!?』」『日刊サイゾー』2020年12月8日、2020年12月8日のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月8日閲覧。
  96. ^ 2021年 戦極MCBATTLE 第23章」『戦極MCBATTLE』2021年。2021年4月1日のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月1日閲覧。
  97. ^ 「lyrical school risano × himeが語る『かつて天才だった俺たちへ』Creepy Nuts最新作」『ブブカ』2020年10月号、白夜書房、2020年8月27日、84頁。
  98. ^ lyrical school(リリスク)risano単独インタビュー」『musicite』2018年3月26日、1頁。2021年3月31日のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月31日閲覧。
  99. ^ 2013年 プレスリリース”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2013年3月13日). 2013年3月13日閲覧。
  100. ^ Human vs Animals 〜The amazing eyes of animal〜【3DS 牧場物語 つながる新天地】 - YouTube
  101. ^ 篠本634「週プレ×TIF2014連動企画 『真夏のMIZUGIバトル』を制したリリカルスクールが水着グラビアを撮影!」、『週プレNEWS』、集英社、2014年11月13日、2020年10月25日閲覧。
  102. ^ a b 世界ではじけろポップコーンガール!リリスクhina笑顔で卒業”. ナタリー. ナターシャ (2015年12月14日). 2015年12月14日閲覧。
  103. ^ サニーデイ新曲MVにNegiccoのKaede、リリスクyumiらゲスト出演”. ナタリー. ナターシャ (2016年1月14日). 2016年1月14日閲覧。
  104. ^ a b yumiに関するお知らせ” (2016年9月5日). 2016年9月5日閲覧。
  105. ^ a b lyrical schoolから初期メンバー3名卒業、新体制での活動へ”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2016年12月21日). 2016年12月22日閲覧。
  106. ^ lyrical school、リーダーerika最後の“6本のマイク””. 音楽ナタリー. ナターシャ (2013年6月30日). 2016年3月5日閲覧。
  107. ^ アイドル甲子園”. 大部彩夏オフィシャルブログ (2015年8月9日). 2016年3月4日閲覧。
  108. ^ a b lyrical school「PRIDE」発売記念特集 (2/7) ayaka単独インタビュー「大部のアイドル道」(前編)”. 音楽ナタリー (2014年10月28日). 2016年3月4日閲覧。
  109. ^ 「6MIC7SOUL」はコラボ祭!アプガ、リリスク、アイルネが再び乱舞”. 音楽ナタリー (2015年10月16日). 2016年3月5日閲覧。
  110. ^ 9/5 ayakaが、キュレートする TOKYO IDOL PROJECT LIVE 開催決定!”. lyrical school official web site (2015年8月4日). 2016年3月5日閲覧。
  111. ^ ストーリー&キャラクター”. 映画『キネマ純情』公式サイト. 2016年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年6月2日閲覧。
  112. ^ a b カネコシュウヘイ「lyrical school」『日経エンタテインメント!アイドルSpecial 2017』、143頁2017年2月。ISBN 978-4822238704 
  113. ^ アプガ仙石&佐藤がW主演! ホラー映画〈讐 〜ADA〜〉にTパレ所属アイドル大挙出演”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2013年6月17日). 2013年7月16日閲覧。
  114. ^ a b c 田口俊輔「lyrical school」『日経エンタテインメント!アイドルSpecial 2017』、141頁2017年2月。ISBN 978-4822238704 
  115. ^ a b ブラガTV 史上最強のアイドル計画 season1始動します!」『lyrical school オフィシャルブログ』LINE BLOG、2020年6月15日。2021年3月27日のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月27日閲覧。
  116. ^ リリスクhinako&yuu、明日YouTubeLiveで『ブラガTV』生配信」『音楽ナタリー』ナターシャ、2020年6月12日。2021年1月14日のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月14日閲覧。
  117. ^ May 22, 2020」『lyrical school オフィシャルブログ』LINE BLOG、2020年5月22日。2021年3月27日のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月27日閲覧。
  118. ^ a b リリスクhinako&yuu、クラウドファンディングで“最高に可愛い新曲”制作」『音楽ナタリー』ナターシャ、2020年6月15日。2021年2月27日のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月27日閲覧。
  119. ^ a b ブラガTV 史上最強のアイドル計画season1 クラウドファンディングで製作費を募って、最高に可愛い新曲を制作するゾ!」『リミスタ』2021年3月27日のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月27日閲覧。
  120. ^ lyrical school内部ユニット『ブラガ』、リモート・ライヴで新曲披露」『OTOTOY』2020年7月28日。2020年10月28日のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月28日閲覧。
  121. ^ リリスク内ユニット『ブラガ』の新曲“hey!魔法”が完成」『OTOTOY』2020年7月29日。オリジナルよりアーカイブ。2020年10月29日閲覧。
  122. ^ 高木"JET"晋一郎「木村昴のHIPHOP HOORAY 日本語RAPの魅力騙り尽くし!vol.17」『週刊ヤングジャンプ』1992号、2020年11月19日、166頁。
  123. ^ 宗像明将「メジャーデビュー8か月でメンバーの過半数が脱退。リリカルスクールの衝撃と功績」『幻冬舎plus』、5年後アイドルはどうなるのか第1巻、2016年12月26日https://www.gentosha.jp/article/6961/2019年9月13日閲覧 
  124. ^ 高木"JET"晋一郎 『lyrical school、再びメジャーデビューへ 確立したキャラクター性と進化したパフォーマンスを分析』2019年6月11日、1頁。 オリジナルの2019年6月22日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190622044929/https://realsound.jp/2019/06/post-373354.html2019年9月25日閲覧 
  125. ^ 高木"JET"晋一郎 『lyrical school、再びメジャーデビューへ 確立したキャラクター性と進化したパフォーマンスを分析』2019年6月11日、2頁。 オリジナルの2019年6月11日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190611145511/https://realsound.jp/2019/06/post-373354_2.html2019年9月25日閲覧 
  126. ^ “学生とTENGA がタッグを組んだ、アイドルユニット「TENGAL6」が発動。 WEB上で最終メンバー決定に向けた一般投票を開催中!”. リアルライブ. (2010年10月6日). https://npn.co.jp/article/detail/20176698/ 2021年9月14日閲覧。 
  127. ^ TENGAが贈る清純派Hip Hopアイドル、初のCDリリース決定”. ナタリー. ナターシャ (2011年4月23日). 2011年4月23日閲覧。
  128. ^ tengal6、手売りのデビュー作「まちがう」全国流通盤に”. ナタリー. ナターシャ (2011年5月23日). 2011年5月23日閲覧。
  129. ^ tengal6が初アルバム!豪華作家陣を迎え1年間の総決算”. ナタリー. ナターシャ (2012年4月5日). 2012年4月5日閲覧。
  130. ^ tengal6改めlyrical school、タワー発アイドル専門レーベルの仲間入り!”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2012年6月9日). 2012年8月24日閲覧。
  131. ^ tengal6改めlyrical school、新作は夏全開パーティチューン”. ナタリー. ナターシャ (2012年8月2日). 2012年8月2日閲覧。
  132. ^ リリスクmariko卒業に伴い新メンバーオーディション”. ナタリー. ナターシャ (2012年11月1日). 2012年11月1日閲覧。
  133. ^ lyrical school新メンバー募集中 mariko卒業ライブは1/26に”. 2.5D (2012年11月7日). 2013年1月26日閲覧。
  134. ^ リリスクのメンバー卒業ワンマンをリポート!【lyrical school one man live 2013 Vol.1 mariko卒業「君にも書いたよ招待状」】”. Kawaii Girl Japan (2012年2月6日). 2013年2月12日閲覧。
  135. ^ lyrical school新メンバー決定! 3月17日タワー秋葉原店でお披露目”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2013年3月13日). 2013年3月13日閲覧。
  136. ^ lyrical schoolリーダーerika、6月でグループ卒業”. ナタリー. ナターシャ (2013年5月20日). 2013年5月20日閲覧。
  137. ^ lyrical school、リーダーerika最後の“6本のマイク””. ナタリー. ナターシャ (2013年6月30日). 2013年7月1日閲覧。
  138. ^ lyrical schoolが新メンバー募集オーディションを開催! アイドルを目指す女子必見”. KAI-YOU. カイユウ (2013年7月4日). 2013年7月4日閲覧。
  139. ^ profile”. lyrical school official web site (リリカルスクール) (2012年8月10日). 2014年4月1日閲覧。
  140. ^ lyri_schの2013年8月24日のツイート- Twitter
  141. ^ リリスク真冬の灼熱ワンマン、Megu参加で“7本のマイク”に”. ナタリー. ナターシャ (2014年2月8日). 2014年2月8日閲覧。
  142. ^ リリスク、初のリキッドワンマンで怒涛の33曲”. ナタリー. ナターシャ (2014年11月4日). 2015年11月1日閲覧。
  143. ^ 「みんなに素敵なワンダーランドを見せたい!」リリスク、初の全国ツアー大成功”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2015年7月28日). 2015年11月1日閲覧。
  144. ^ 11月4日(水)にlyrical schoolライブDVD発売決定!!インストア情報更新”. lyrical school official web site (リリカルスクール) (2015年10月13日). 2015年11月1日閲覧。
  145. ^ a b リリスク結成5周年!ワンマンライブとオールナイトパーティ開催”. ナタリー. ナターシャ (2015年9月18日). 2015年9月18日閲覧。
  146. ^ lyrical schoolからhinaが卒業、ラストライブは12月予定”. ナタリー. ナターシャ (2015年10月13日). 2015年10月13日閲覧。
  147. ^ 小松ひな 卒業のお知らせ”. lyrical school official web site (リリカルスクール) (2015年10月13日). 2015年10月13日閲覧。
  148. ^ リリカルスクール新メンバーhime加入のご報告”. lyrical school official web site (リリカルスクール) (2015年11月5日). 2015年11月5日閲覧。
  149. ^ lyri_schの2015年12月20日のツイート- Twitter
  150. ^ a b lyrical school、キングレコードからメジャーへ「もっと強い“チームリリスク”に」”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2016年1月21日). 2016年1月21日閲覧。
  151. ^ a b c lyrical school、初主演映画の完成をメジャーデビュー記者会見で発表”. 映画ナタリー. ナターシャ (2016年1月21日). 2016年1月21日閲覧。
  152. ^ メジャーへ駆け出すlyrical school、ワンマン中継視聴者75万人超え”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2016年4月30日). 2016年5月7日閲覧。
  153. ^ cindy900919の2016年7月4日のツイート- Twitter
  154. ^ lyri_schの2016年7月30日のツイート- Twitter
  155. ^ リリスク代々木公園ワンマンで全国ツアー告知、ファイナルはZepp Tokyo”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2016年8月16日). 2016年9月2日閲覧。
  156. ^ lyrical school、yumiが脱退「もうしばらくの休養と構想期間に」”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2016年9月5日). 2016年9月5日閲覧。
  157. ^ lyrical school、大江千里サンプリング曲のタイトルは“リリスクの場合””. 音楽ナタリー. ナターシャ (2016年9月1日). 2016年9月2日閲覧。
  158. ^ リリスク、グラタンチャリもサプライズも飛び出すアルバム完全再現ライブ”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2016年12月5日). 2016年12月22日閲覧。
  159. ^ lyrical schoolとアイドルネッサンス、期間限定コラボでCDリリース”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2017年1月24日). 2017年3月10日閲覧。
  160. ^ ラップが学べるlyrical school、女の子のための実践教育「ラップ女子校」”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2017年3月8日). 2017年3月10日閲覧。
  161. ^ リリスクに3人加わり新体制、5月のライブで「NEW GAME」の始まり”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2017年4月18日). 2017年4月19日閲覧。
  162. ^ lyrical school、アルバム『Wonderland』詳細発表+KMプロデュースの"TIME MACHINE"先行配信」『BARKS』JAPAN MUSIC NETWORK、2021年2月17日。2021年2月17日のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月17日閲覧。
  163. ^ lyrical schoolニューシングルはRachelが作詞作曲、明日配信&MV公開」『音楽ナタリー』ナターシャ、2021年3月16日。2021年3月18日のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月18日閲覧。
  164. ^ a b c lyrical schoolの作品”. 2020年5月3日閲覧。
  165. ^ Top Albums Sales”. Billboard Japan (2013年9月30日). 2020年5月3日閲覧。
  166. ^ Top Albums Sales”. Billboard Japan (2015年3月23日). 2020年5月3日閲覧。
  167. ^ Top Albums Sales”. Billboard Japan (2016年11月28日). 2020年5月3日閲覧。
  168. ^ Top Albums Sales”. Billboard Japan (2017年2月26日). 2020年5月3日閲覧。
  169. ^ Top Albums Sales”. Billboard Japan (2018年7月2日). 2020年5月3日閲覧。
  170. ^ Top Albums Sales”. Billboard Japan (2019年9月23日). 2020年5月3日閲覧。
  171. ^ Top Albums Sales”. Billboard Japan (2021年4月19日). 2021年5月19日閲覧。
  172. ^ Top Albums Sales”. Billboard Japan (2019年5月4日). 2020年5月3日閲覧。
  173. ^ Top Singles Sales”. Billboard Japan (2012年9月3日). 2020年5月3日閲覧。
  174. ^ Top Singles Sales”. Billboard Japan (2012年12月24日). 2020年5月3日閲覧。
  175. ^ Top Singles Sales”. Billboard Japan (2013年5月27日). 2020年5月3日閲覧。
  176. ^ Top Singles Sales”. Billboard Japan (2013年12月23日). 2020年5月3日閲覧。
  177. ^ Top Singles Sales”. Billboard Japan (2014年4月14日). 2020年5月3日閲覧。
  178. ^ Top Singles Sales”. Billboard Japan (2014年7月28日). 2020年5月3日閲覧。
  179. ^ Top Singles Sales”. Billboard Japan (2014年11月10日). 2020年5月3日閲覧。
  180. ^ Top Singles Sales”. Billboard Japan (2015年8月3日). 2020年5月3日閲覧。
  181. ^ Top Singles Sales”. Billboard Japan (2016年5月9日). 2020年5月3日閲覧。
  182. ^ Top Singles Sales”. Billboard Japan (2016年7月18日). 2020年5月3日閲覧。
  183. ^ Top Singles Sales”. Billboard Japan (2016年10月17日). 2020年5月3日閲覧。
  184. ^ Top Singles Sales”. Billboard Japan (2017年7月31日). 2020年5月3日閲覧。
  185. ^ Top Singles Sales”. Billboard Japan (2018年1月1日). 2020年5月3日閲覧。
  186. ^ Top Singles Sales”. Billboard Japan (2019年1月17日). 2020年5月3日閲覧。
  187. ^ Top Singles Sales”. Billboard Japan (2019年2月4日). 2020年5月3日閲覧。
  188. ^ さよポニ新作『青春ファンタジア』初回特典CDにBiS、lyrical schoolが参加”. CINRA.NET (2013年2月14日). 2013年2月14日閲覧。
  189. ^ これさえ聴けば万事快調「アイドルばかりピチカート」収録楽曲明らかに”. ナタリー. ナターシャ (2015年3月27日). 2015年3月27日閲覧。
  190. ^ Negicco「矛盾、はじめました。」MV 作詞 土岐麻子 作曲 さかいゆう (2016/3/29 release). T-Palette Records. (2016年3月2日). 該当時間: 4:51. https://www.youtube.com/watch?v=5VQdcvnSZMM 2016年3月2日閲覧。 
  191. ^ Negicco新MVにEspecia、リリスク、竹中夏海ら出演”. ナタリー. ナターシャ (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。
  192. ^ 12/5 Minan Birthday Jam Party のお知らせ”. lyrical school official web site (リリカルスクール) (2015年11月19日). 2015年11月19日閲覧。
  193. ^ アームレスリングも再び!Tパレ主催企画にNegicco、リリスク、アプガら”. ナタリー. ナターシャ (2015年10月20日). 2015年10月20日閲覧。
  194. ^ リリスク全国ツアーZepp Tokyoで完結、現体制ラストライブは2月に新宿で”. ナタリー. ナターシャ (2016年12月31日). 2017年1月1日閲覧。
  195. ^ 『やぐフェス』出演者第2弾 椎名ぴかりん lyrical school 吉川友 など”. Fashion-J (2017年10月27日). 2017年10月28日閲覧。
  196. ^ やぐフェス~アイドルを原宿で見るか、アベマで見るか~”. AbemaTV(アベマTV) (2017年11月29日). 2017年11月29日閲覧。
  197. ^ idol_broadcasting_station (2021年10月7日). “「アイドル放送局のnote」スタート! 番組内容、聴取方法などご紹介。”. note. 2021年10月17日閲覧。
  198. ^ 【amiちゃんのお便りコーナー】”. アイドル放送局〜隣のあの子もアイドルだ!〜 (2017年3月2日). 2021年10月17日閲覧。
  199. ^ エフエム諫早 新番組「MMAradio771」月1コーナーパーソナリティーに決定!”. lyrical school 公式サイト. 2018年6月23日閲覧。
  200. ^ 5月より、FM GUNMAさんでminanがパーソナリティをつとめる30分のラジオ番組がスタート!”. lyrical school OFFICIAL SITE (2019年4月2日). 2021年10月16日閲覧。
  201. ^ リリスク初のAMラジオにて冠番組「lyrical schoolのラジッパ」が10月からスタートします!”. lyrical school official site (2021年9月12日). 2021年10月16日閲覧。
  202. ^ 元日のフジテレビにアイドル大集合!赤裸々本音トークから一発芸まで”. ナタリー. ナターシャ (2015年12月22日). 2015年12月22日閲覧。
  203. ^ 出前館 (2018年12月21日). “AbemaTV×出前館タイアップCMのオンエア開始!矢口真里さん、岡野陽一さんとlyrical schoolメンバーが出前館で忘年会年末年始のパーティ&おうちごはんは出前館で!” (日本語). @demaecan. 2019年1月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • 飯田将平「lyrical school」『アイデア』第361巻、誠文堂新光社、2013年11月。ASIN B00EXU1GEC 
  • 「ポストAKBを探せ! 日本のアイドルビジネスは新ステージへ」『うれぴあ』第2巻、ぴあ、2012年1月1日。 
  • 「lyrical school」『OVERTURE』第015巻、徳間書店、2018年6月21日。ISBN 978-4197105120 
  • 高木"JET"晋一郎「ayaka lyrical school: アイドル偏愛」『IDOL AND READ』第003巻、シンコーミュージックエンタテイメント、2015年4月14日。ISBN 978-4-401-77133-2 

外部リンク[編集]

個別記事があるものはそちらを参照。

ブログ

Twitter

Twitter(旧メンバー)

Instagram

インターネット配信