エフエム諫早

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社エフエム諫早
愛称 レインボーFM
コールサイン JOZZ0AL-FM
周波数/送信出力 77.1 MHz/20 W
本社・所在地
〒854-0061
長崎県諫早市宇都町29番1号
諫早市健康福祉センターB1F
設立日 1999年11月25日
開局日 2000年1月1日
演奏所 本社に同じ
送信所 諫早市宇都町240番地1
上山公園頂上展望所
中継局 飯盛局
諫早市がギャップフィラー中継局を4局保有
放送区域 諫早市の一部および周辺地域
ネット配信 FM++
公式サイト http://www.771fm.co.jp/

株式会社エフエム諫早(エフエムいさはや)は長崎県諫早市の一部および周辺地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 レインボーFMの愛称でコミュニティ放送をしている。

概要[編集]

2000年(平成12年)に長崎県初のコミュニティ放送局として開局。愛称は公募によって付けられたもので周波数の77.1MHzが「なない(ろ)」と語呂合わせできることから選ばれた。「情報のかけはし」といった意味合いも込められている。

RKB毎日ホールディングスマスメディア集中排除原則にいう支配関係[1]にある。

本社・スタジオ(演奏所)は宇都町の諫早市健康福祉センターにある。

送信所
送信所 空中線電力 設置場所
親局 20W 諫早市宇都町(上山公園
飯盛中継局 20W 諫早市飯盛町(飯盛山)
ギャップフィラー中継局 広川良局 0.25W 諫早市小長井町
遠竹局 0.25W 諫早市小長井町
伊木力局 0.25W 諫早市多良見町
佐瀬局 0.25W 諫早市多良見町

受信可能人口は、2000年1月で県央地域の約24万人[2]

インターネット配信FM++による。

日曜深夜27~29時を除く24時間放送で、自主制作番組以外の時間帯は、ミュージックバードの番組を放送。 かつてはJ-WAVE再送信していたこともあった。

一時期、諫早市出身の脚本家、市川森一が非常勤取締役として経営に参画していた。

沿革[編集]

1999年(平成11年)

2000年(平成12年)

  • 1月1日 - 開局
  • 4月1日 - 諫早市と「災害情報に関する実施協定」締結

2002年(平成14年)

  • 4月 - ゼネラルプロデューサーに市川森一が就任

2012年(平成24年)

  • 2月 - 社長が酒井郁子から高尾茂丸高商事株式会社代表取締役に交代
  • 9月 - 情報配信サービス「Clubレインボー」を開始
  • 10月 - イメージキャラクター「にじらじ」くんを制定、これに伴い主に生放送で使用する「Bスタジオ」を「にじらじスタジオ」と改称し「Aスタジオ」は収録等に使用

2015年(平成27年)

  • 4月1日 - FM++によるインターネット配信開始[5]

2018年(平成30年)

  • 6月28日 - 中継局1局の免許取得[6]、諫早市もギャップフィラー中継局4局の免許取得[7]

主な番組[編集]

  • きらきら☆レインボー (月~金 7:00-9:00)
  • ナナイロ☆あふたぬーん (月・火 13:00-15:00)
  • おかえり☆ (水 17:00-19:00)
  • Grooving Story (木 17:00-19:00)

緊急告知防災ラジオ[編集]

諫早市は、2016年(平成28年)より緊急告知防災ラジオ(緊急告知FMラジオ)を限定数ながら有償頒布している[8]。 エフエム諫早以外にFM長崎NHK-FM長崎NHK第1放送NBCラジオも受信できる。

脚注[編集]

  1. ^ コミュニティ放送事業者 平成30年6月1日現在(総務省電波利用ホームページ - マスメディア集中排除原則について)(2018年7月1日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  2. ^ a b 会社概要(エフエム諫早) - ウェイバックマシン(2013年7月25日アーカイブ分)
  3. ^ コミュニティ放送局の予備免許について(九州電気通信監理局 報道資料 1999年11月15日)(2007年8月8日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  4. ^ 諫早市及び椎田町等のコミュニティ放送局2局の免許(九州電気通信監理局 報道資料 1999年12月22日)(2007年8月8日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  5. ^ FM++ご利用のFMコミュニティ一覧 FM++
  6. ^ 取得日は、無線局等情報検索 平成30年6月30日現在(総務省電波利用ホームページ)(2018年8月1日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Projectによる。
  7. ^ 管内初、ラジオ放送の受信障害対策中継局に免許 -長崎県諫早市内4地区において受信状況が改善-(九州総合通信局 報道資料 平成30年6月28日)(2018年7月1日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  8. ^ 緊急告防災ラジオを販売します(広報いさはやNo.137 2016年8月号)(2016年9月4日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]