TAMTAM (ダブバンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TAMTAM
タムタム
TAMTAM Easytravelers mixtape(2017).png
基本情報
ジャンル ポップインディーロックR&Bレゲエダブクラブミュージック
活動期間 2010年 -
レーベル mao(2011年 -)
SPEEDSTAR RECORDS2013年 -)
Pヴァイン2016年 -)
公式サイト TAMTAM(公式サイト)
メンバー クロ(ボーカルトランペットシンセサイザー作詞作曲
高橋アフィ (ドラムプログラミング
ともみん.(キーボードコーラス
ユースケ(ギター
旧メンバー 小林樹音(ベースプログラミング

TAMTAM(タムタム)は日本東京を拠点に活動するバンド[1]

メンバー[2][編集]

概要[編集]

  • 早稲田大学の音楽サークル・中南米研究会(レゲエ・スカ・カリプソ等ジャマイカやカリブの音楽を演奏)の先輩後輩で結成。当初のバンド名表記は"Tam Tam"(後に"TAMTAM"に変更)。[3]
  • 2011年11月、自主制作盤"Come Dung Basie"をリリース。[4]
  • 2012年5月、maoよりHAKASE-SUNLITTLE TEMPO)をプロデューサーに迎えた初の全国流通作品"meteorite"をリリース。同年7月にフジロックフェスティバルの「ROOKIE A GO-GO」ステージに出演、観客投票で1位を獲得。[4]
  • 2013年3月、maoよりミニアルバム"Polarize"をリリース。同年12月、音楽雑誌「ミュージック・マガジン」の特集「ベストアルバム2013」国内レゲエ部門で1位を獲得。[5]
  • 2014年4月、スピードスターレコーズよりミニアルバム"For Bored Dancers"をリリースしメジャーデビュー[6]
  • 2014年9月、スピードスターレコーズよりフルアルバム"Strange Tomorrow"リリース。ベース小林が脱退。[7]
  • 2016年9月、Pヴァインよりフルアルバム"NEWPOESY"をリリース、同年11月に渋谷TSUTAYA O-nestにてリリースライブを開催しソールドアウト。[8]
  • 2017年6月、自主制作にて"EASYTRAVELERS mixtape"をカセットテープ+Bandcamp等の配信限定でリリース。発売前週に横浜赤レンガ倉庫内MotionBlueYokohamaにてワンマンライブを開催、同作を先行発売。同年10月のBandcamp weeklyに同作内の楽曲が選出される。[9]

ディスコグラフィー[10][編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
シングル 2014年3月5日 クライマクス NCS-10065
  1. クライマクス
  2. クライマクス 池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)REMIX
  3. クライマクス Junet Kobayashi REMIX
SPEEDSTAR RECORDS※タワーレコード限定発売

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
ミニアルバム 2011年2月3日 Come Dung Basie - 自主制作
フルアルバム 2012年5月2日 meteorite MAOCD-33 mao
ミニアルバム 2013年3月6日 Polarize MAOCD-35 mao
ミニアルバム/配信 2014年4月23日 For Bored Dancers VICL-64103 SPEEDSTAR RECORDS
フルアルバム/配信 2014年9月17日 Strange Tomorrow VICL-64212 SPEEDSTAR RECORDS
フルアルバム/配信 2016年9月14日 NEWPOESY PCD-24536 Pヴァイン

アナログ・カセットテープ等[編集]

  発売日 タイトル 備考
12インチ 2012年4月27日 Dry Ride ep. mao/JETSET
カセットテープ/配信 2017年6月23日 EASYTRAVELERS mixtape RIGHT PLACE

その他のアルバム[編集]

  発売日 タイトル 備考
コンピレーション 2013年8月7日 KAIKOO PLANET Ⅲ / V.A popgroup、楽曲収録[11]
フルアルバム 2015年6月3日 paradise lost, it begins / 吉田ヨウヘイgroup Pヴァイン、クロ参加[12]
ミニアルバム 2015年7月8日 2011 ep / Emerald "Quiet Town"カバー収録[13]
フルアルバム 2017年11月15日 ar / 吉田ヨウヘイgroup Pヴァイン、クロ参加[14]

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名 公開年
片山春樹 riddim 2010
Yukitaka Amemiya+Yuki Ueno Dry Ride 2012
草野翔吾 Polarize 2013
関和亮 エンターキー 2014
長添雅嗣 クライマクス 2014
川井田好應 アンブレラ」 (Lyric Video) 2016
ソーシキ博士 コーヒーピープル 2016
Banri Kobayashi(from Diaspora skateboards) CANADA 2017
Ayao Tazaki 星雲ヒッチハイク 2017
自主制作 sweetcigarettes, 自転車ジェット 2017
川井田好應 SOUTH」(Official Audio) 2017
Joe Masaya 夏のしらべ 2017

主なライブ[編集]

主催イベント[編集]

  • 2014年3月〜7月 - TAMTAM I DUB YOU TOUR 2014
  • 2014年6月〜7月 - TAMTAM I DUB YOU TOUR 2014 "For Bored Dancers"
  • 2014年11月 - I DUB YOU TOUR2014 "Strange Tomorrow"
    • 東名阪札、東京はワンマン公演 [17]
  • 2015年3月 - TAMTAM&UNIT presents "basspace" vol.03
  • 2016年11月〜 - "NEWPOESY" release tour
    • 東名阪札、w/Tempalay、DyyPRIDE、キツネの嫁入りほか[19]
  • 2017年6月 - EASYTRAVELERS mixtape release one-man live
    • 横浜のみ、ワンマン公演[20]
  • 2018年1月 - TAMTAM presents "FINEVIEW"
    • 東京のみ、w/藤井洋平&The VERY Sensitive Citizens of TOKYO、中村佳穂バンド[21]

出演[編集]

ラジオ番組[編集]

外部リンク[編集]

公式サイト
公式アカウント

脚注[編集]

出典[編集]