ダブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Dub
様式的起源
文化的起源 1960年代後半、ジャマイカにて。
使用楽器
派生ジャンル
サブジャンル
融合ジャンル

ダブ(dub)は、レゲエから派生した音楽制作手法、及び音楽ジャンルである。ダブワイズ(dubwise)とも呼ぶ。ダブ制作に携わる音楽エンジニアのことを特にダブ・エンジニアという。語源はダビング(dubbing)であるとされている[1]

概要[編集]

ダブは(レゲエ)楽曲のリズムを強調してミキシングし、エコーリバーブなどのエフェクトを過剰に施すことで、原曲とは全く別の作品に作り変えてしまうことである[2]リミックスの元祖とも言われる。

ダブはジャマイカで始まった音楽手法とされている[1]。同国のレゲエ盤ではB面にA面の曲からボーカルやホーンのトラックを削除したカラオケ音源(ヴァージョンという)を収録することが多かった[1]。しかし、1968年頃にジャマイカのレコーディングエンジニアであるキング・タビーサウンド・システム用のボーカル抜きのトラック(ヴァージョン)を製作する過程で強いエフェクターをかけたものを偶然発明したとされる[1][2]。しかし、リー・ペリーまたは、エロール・トンプソンがダブの発明者であるという説もある。1970年代には世界中にダブの手法が広まった[1]

ダブは本来ボーカル入りの楽曲を加工したものだが、発表される場合は歌手ではなくエンジニア名義であることが多い。1973年に発売されたリー・ペリー『Blackboard Jungle Dub』、もしくはインパクト・オールスターズ『Java Java Java』が初のダブ・アルバムである[3]

1980年代のイギリスではマッド・プロフェッサージャー・シャカらがデジタル機材を駆使したダブサウンドを創作し、ニュールーツと呼ばれるレゲエのサブジャンルを作り上げた。エイドリアン・シャーウッドはダブにパンク・ロックニュー・ウェイヴの要素を取り入れた。1978年、リントン・クウェシ・ジョンソンデニス・ボーヴェルの制作したダブに乗せ自作の詩を朗読したアルバム『Dread, beat an' Blood』を発表し、ダブ・ポエトリーというジャンルの第一人者となった。

ダブバンド[編集]

本来はスタジオでの作業であったダブをライブで生演奏するようになったのは1980年代前半のイギリスと日本においてである。イギリスではアスワドマトゥンビが、日本ではミュート・ビート等がほぼ同時期に生演奏にダブを取り入れた。1987年にはaudio activeが結成された。現在でもこの分野の中心となっているのは日本のDRY&HEAVYダブロッカーズ等ジャマイカ以外のアーティストである。

他ジャンルへの影響[編集]

手法としてのダブはその後テクノジャングルヒップホップハウスなど様々なダンスミュージックに取り入れられていった。また、その過程においてエレクトロニカクロスオーバーしたダブトロニカ/ミニマル・ダブ/ダブテクノ (en:Dub techno)や、環境音楽と混交したアンビエント・ダブ2ステップと混交したダブ・ステップなどの新たなジャンルが派生した。

また、ザ・クラッシュが1980年のアルバム『サンディニスタ!』をマイキー・ドレッドと共同制作している。さらに同年には、大御所であるローリング・ストーンズが発表し大ヒットを記録したアルバム『エモーショナル・レスキュー』においてレゲエと共にダブを大胆に取り入れており、以降のアルバムでもしばしばレゲエと並んでこうした手法の楽曲を発表するに至っている。こうしてダブは次第にパンク・ロックやロックの分野でも取り入れられていった。

ダブプレート[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 落合真司 『音楽業界ウラわざ』、2003年、167頁。
  2. ^ a b 牧野直也『レゲエ入門』音楽之友社、2005年、160 - 179ページ。 ISBN 978-4276352063
  3. ^ レゲエレコードドットコム キング・タビー

外部リンク[編集]