南波一海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

南波 一海(なんば かずみ、1978年10月15日 - )は、日本の音楽ライターミュージシャンPENGUIN DISC主宰。

略歴[編集]

□□□時代(1998-2008)[編集]

1998年、早稲田実業からの同級生、三浦康嗣と□□□(クチロロ)を結成。2008年に一身上の都合により脱退[1]

音楽ライター[編集]

脱退以降は、音楽ライターとして活動を開始。「ミュージック・マガジン」「CDジャーナル」「HiVi」などの音楽誌に音楽、映画などのレビューを行っていた。

ももいろクローバーZの出現以降、音楽誌がアイドルを取り上げるようになり、特にCDジャーナルからはアイドル関係(特にハロー!プロジェクト)の仕事を重点的に振らるれようになったことで、他媒体でもアイドル以外の仕事が減ってしまったと語っている[2]

2012年11月より、タワーレコード社長の嶺脇育夫と渋谷店でネット番組「南波一海のアイドル三十六房」を開始。全国各地に存在するアイドルの楽曲を紹介したり(レギュラー回)、ゲストを迎えて長時間のトークを繰り広げている(特別編)。同番組より派生したコンピレーション・アルバムとして、『Japan Idol File』(2013年)、『ハロー!プロジェクトの全曲から集めちゃいました!』(2014年)、『Japan Idol File 2』(2015年)等の企画が生まれた。

アイドルイベントの司会を務めることもあり、BiS結成当初、メンバーを生徒としてアイドルについて講義する「OTOTOYアイドル研究室」、野呂佳代と共にMCを務めるローカルアイドルが競う勝ち抜きトーナメント「ご当地アイドルお取り寄せ図鑑」、「吉川友の定期的にインタビューされてみっか!」などがある。2018年現在は、大阪での「吉田豪×南波一海 アイドル伝説」、渋谷・LOFT9での「吉田豪×南波一海の“このアイドルが見たい”」を不定期に行っている。

2016年5月31日、アイドル楽曲の作家へのインタビューをまとめた初の単著『ヒロインたちのうた』(音楽出版社)を発売[3]

2016年7月12日、タワーレコード内に自らが主宰するアイドルレーベル「PENGUIN DISC」を立ち上げることを発表。第一弾アーティストとして、ハコイリ♡ムスメPeach sugar snowRYUTistが所属した[4]。 2017年にはRYUTist「夢見る花小路」(アルバム『柳都芸妓』収録)のミュージックビデオを監督している[5]

人物・エピソード[編集]

父親は漫画家のたかもちげんであることを2016年に公表した[6]。遺作となった『警察署長』が原作となったドラマ『こちら本池上署』に加護亜依が出演しているのを見て、父親はすごい人だったと思ったとのこと。父親が亡くなる前はアシスタント的な仕事もしていた[7]

子供の頃からグラビアアイドルのファンであり、AKB48がグラビアに登場するようになってからアイドルソングに興味を持つようになる。中途半端な知識で書いたアイドル論評がファンの間で集中砲火にあって以降スイッチが入り、毎日ライブに通い、金がなくなるまでCDを購入するようになったと述べている[8]

インディーズアイドルローカルアイドルの音源は全国流通していないCDが多いため、全国のライブ会場に足を運んだアイドルソング蒐集に定評がある。2015年に『Japan Idol File 2』を選曲した際、ここ3年で5000曲近くのインディーズアイドル、ローカルアイドルの楽曲を収集しており、一部からはアイドル界の柳田國男と呼ばれている[9]。2015年は1年間でCD(CD-R含む)600枚・3000曲を収集したとのこと[10]

Berryz工房の「Berryz工房コンサートツアー2013春 in Bangkok」、BELLRING少女ハートの「台湾 好幸福的ツアー」、モーニング娘。'14のニューヨーク公演などアイドルの海外公演に参加し現地レポートを発表している[11]

アイドル本人へのインタビューでは、楽曲についての質問は返ってくる答えが他のインタビュアーが質問したものとあまり変わり映えがしないという理由で積極的には行わず、代わりに楽曲を作った作家へのインタビューを行うようになった[12]

評価[編集]

吉田豪は、自身とロマン優光が信用できるアイドルライターとして南波の名を挙げている[13]。「『アイドルしか聞かない』的な視野の狭さがない」、「原稿料以上にCDを買うことで発言に説得力が出てくる」というのがその理由。

田中秀臣は、栗原裕一郎との会話の中で「アイドルの一部の評価が『吉田豪 - 南波一海 - T-Palette(嶺脇育夫が設立したアイドル専門レコードレーベル)』トライアングルで決まっている」[14]という話が出たと語っており、南波がアイドル評論において権威的な位置づけがされているという指摘を行った。

作品[編集]

CD[編集]

楽曲提供[編集]

  • 柳♡箱(RYUTistとハコイリ♡ムスメ)「ともだち」 - 作詞

書籍[編集]

単著[編集]

  • 『ヒロインたちのうた』 音楽出版社〈CDジャーナルムック〉(原著2016年5月31日)。ISBN 978-4861711527
    • CDジャーナルWEBの連載「ヒロインたちのうた。」を単行本化したもの。

共著・ライターとして参加[編集]

  • 吉田豪、原田和典、南波一海 『アイドル・ソング・クロニクル2002〜2012』 ミュージックマガジン〈ミュージックマガジン増刊〉(原著2012年8月31日)。ASIN B008MADULG
  • 『HELLO! PROJECT COMPLETE SINGLE BOOK』 音楽出版社〈CDジャーナルムック〉(原著2013年11月8日)。ISBN 978-4861711091
  • 『HELLO! PROJECT COMPLETE ALBUM BOOK』 音楽出版社〈CDジャーナルムック〉(原著2015年3月18日)。ISBN 978-4861711343
  • 『ポストロック・ディスク・ガイド』 シンコーミュージック(原著2015年5月30日)。ISBN 978-4401641437
  • 鞘師里保 『17歳の決断』 ワニブックス(原著2016年3月26日)。ISBN 978-4847048265 - インタビュアーを担当
  • 『ハロプロ スッペシャ〜ル 〜ハロー!プロジェクト×CDジャーナルの全インタビューを集めちゃいました!〜』 音楽出版社〈CDジャーナルムック〉(原著2017年5月18日)。ISBN 978-4861711640 - 2011年から2016年まで「CDジャーナル」誌上で南波が行ったハロプロメンバーへのインタビューとナカGによる漫画を全収録[17]

現在のレギュラー・連載[編集]

ラジオ[編集]

  • ヒャダインの"ガルポプ!"』(NHK-FM、隔週土曜日21:00 - 22:00)
    冬・夏のスペシャル放送時には小出祐介Base Ball Bear)とともに毎回スペシャルゲストとして出演。
    2018年4月14日より、レギュラー放送回の放送時間変更・時間拡大(45分→60分)に合わせて、レア音源を紹介するコーナー「わんぱくCD-R」を担当[18]

インターネット放送[編集]

雑誌連載[編集]

  • CDジャーナル「アイドル消耗戦」(2011年7月号 - )[19]
  • BUBKA白夜書房)「ライブアイドル a go go!!」(2013年6月号 - )
  • 月刊ENTAME(徳間書店)「南波一海と嶺脇育夫のアイドル三十六房EN」(2015年1月号 - )

WEB連載[編集]

  • ヒロインたちのうた。アイドルソングのキーパーソンを直撃!(CDジャーナル)[20]

イベント[編集]

  • 吉田豪×南波一海 アイドル伝説(アメリカ村 FANJ Twice 他、2014年 - )
    元々2011年より「吉田豪のアイドル伝説」として始まったが、2012年のVol.2にゲスト出演[21]、Vol.3からレギュラー化[22]
  • 吉田豪×南波一海の“このアイドルが見たい”(LOFT9 、2016年 - )出演・吉田豪、南波一海、嶺脇育夫(出演しない回あり)
    2016年1月、ロフトプラスワンにて「吉田豪の「雑談天国」新春スペシャル!!「吉田豪×南波一海のアイドル大放談2016」」として開催。2016年7月よりLOFT9でレギュラー化。
  • 南波一海×小林清美ぶっちゃけトークライブ(K&Mミュージック新宿店、2016年 - )
  • 小出祐介&南波一海の「こんばんはプロジェクト」(LOFT9、2017年 - )

過去の出演・雑誌掲載[編集]

雑誌掲載[編集]

  • 『HiVi』(ステレオサウンド発行)
  • 『CDジャーナル』(音楽出版社)
  • 『SWITCH』(スイッチパブリッシング発行)
  • 『bounce』(タワーレコード発行フリーマガジン)
  • 『MARQUEE』(マーキーインコーポレイティド発行)
  • 『アイドル最前線2015』(洋泉社MOOK、2015.2)

テレビ、ラジオ[編集]

  • 『ご当地アイドルお取り寄せ図鑑』(BSスカパー!、2013年)
  • 『ご当地アイドルお取り寄せ図鑑 第二章』(BSスカパー!、2014年)
  • ランク王国』(TBSテレビ
    • 2013年6月1日・2014年12月6日「注目のご当地アイドルTOP10」
    • 2016年1月9日「2016年注目のライブアイドルランキング」
  • チャンネル生回転TV Allザップ!』(BSスカパー!、2015年4月30日 - )スカパー!ウォッチャーとして不定期(主に木曜)出演。
  • ごごラジ!』(NHK第1、毎月最終木曜16:06 - )2015年4月から2017年2月まで「アイドル情報局」コーナー担当(前番組『午後のまりやーじゅ』から継続)

インターネット放送[編集]

  • 『武藤彩未 ニコ生初登場!!2014年振り返りスペシャル』(ニコニコ生放送、2014年12月16日)
  • 『ジョージのロックンロール記者会見《アイドル座談会》』(showroom 2015年4月8日)
  • 『真夜中のニャーゴ』(ホウドウキョク24(2016年6月まではNOTTVでも放送)、2015年4月7日 - 2017年3月31日)
    番組開始当初は後半のアイドル紹介コーナー(「Nパレットレコード」[23]コーナー)のみ出演で、電話出演となることが多かったが、メインMC・小出祐介の聞き手としてオープニングから出演するようになる。小出が作品制作やライブツアーなどで不在時にはメインMCを務めることもあった。

WEB掲載[編集]

  • HELLO! PROJECT公認コラム「HELLO! Navi ハロナビ」[24]
  • 南波一海のルッキング・フォー・ザ・パーフェクト・ソング(LoGiRL[25]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ □□□から南波一海脱退!再び2人体制に”. ナタリー (2008年5月15日). 2014年5月8日閲覧。
  2. ^ 吉田豪が〈PENGUIN DISC〉を立ち上げた南波一海に訊く、音楽ライターがいまアイドル・レーベルを始める理由”. Mikiki. p. 2 (2016年10月3日). 2017年4月7日閲覧。
  3. ^ 南波一海、初の単著となるインタビュー集を発売!表紙はハコムス菅沼もにか”. エンタメNEXT. 徳間書店 (2016年5月20日). 2016年6月1日閲覧。
  4. ^ 南波一海による新アイドルレーベル始動、所属アーティスト発表”. CINRA.NET (2016年7月12日). 2016年7月12日閲覧。
  5. ^ RYUTist新曲MVは南波一海初監督作、アルバム発売直前には27時間番組配信”. 音楽ナタリー (2017年7月26日). 2017年10月23日閲覧。
  6. ^ 吉田豪が〈PENGUIN DISC〉を立ち上げた南波一海に訊く、音楽ライターがいまアイドル・レーベルを始める理由”. Mikiki. p. 1 (2016年10月3日). 2016年10月3日閲覧。
  7. ^ 吉田豪『続 聞き出す力』(日本文芸社)p.219
  8. ^ “『全国あいどるmap』出版記念インタビュー”. 日刊サイゾー. (2012年7月13日). http://news.nicovideo.jp/watch/nw310477 2014年12月27日閲覧。 
  9. ^ "アイドルソング"はこんなに自由だ! 南波一海氏と語る、100組100曲コンピ「JAPAN IDOL FILE2」”. うれぴあ総研 (2008年5月15日). 2014年5月17日閲覧。
  10. ^ BUBKA2016年2月号「ライブアイドル a go go!!」
  11. ^ 「HELLO! Navi ハロナビ」モーニング娘。'14 ニューヨーク公演レポート”. 2014年10月10日閲覧。
  12. ^ 『ヒロインたちのうた』あとがき(p.262)
  13. ^ 吉田光雄(吉田豪)の2017年1月11日のツイート2017年4月7日閲覧。
  14. ^ 田中秀臣の2016年2月26日のツイート2016年3月24日閲覧。
  15. ^ タワー嶺脇社長監修ロコドル5枚組コンピ『Japan Idol File』の収録内容決定!”. TOWER RECORDS ONLINE (2013年4月22日). 2014年5月8日閲覧。
  16. ^ ハロプロ初のコンピ盤をタワー限定で元日リリース! Vol.1は南波一海×嶺脇育夫、Vol.2は吉田豪が選曲”. TOWER RECORDS ONLINE (2013年11月27日). 2014年5月8日閲覧。
  17. ^ 圧巻600ページ!「CDジャーナル」南波一海のハロプロインタビューが1冊に”. 音楽ナタリー (2017年4月5日). 2017年4月8日閲覧。
  18. ^ ヒャダインの“ガルポプ!”Juice=Juice植村・段原が語るガールズポップス”. NHK. 2018年4月11日閲覧。
  19. ^ CDジャーナル~2011年07月号”. 株式会社音楽出版社 商品案内(一般向け). 2014年5月8日閲覧。
  20. ^ ヒロインたちのうた”. CDジャーナル. 2016年9月3日閲覧。
  21. ^ 10/20(土)吉田 豪 のアイドル伝説 Vo.2 アイドル・ソング・クロニクル2002~2012 発売記念イベントを開催!”. NewsWalker (2012年10月13日). 2017年11月27日閲覧。
  22. ^ 吉田豪×南波一海 アイドル伝説vol.3 〜If The Idol Are United〜”. Peatix. 2015年11月13日閲覧。
  23. ^ T-Palette Records」(タワーレコード)のパロディ
  24. ^ HELLO! Navi ハロナビ”. 楽天エンタメナビ. 2014年11月29日閲覧。
  25. ^ 南波一海のルッキング・フォー・ザ・パーフェクト・ソング”. LoGIRL. 2015年6月8日閲覧。

外部リンク[編集]