関口和之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
関口 和之
出生名 関口 和之
別名 ムクちゃん
出生 1955年12月21日(59歳)
出身地 日本の旗 日本新潟県阿賀野市
学歴 青山学院大学卒業
ジャンル ロック
J-POP
職業 ベーシスト
シンガーソングライター
担当楽器 ベース
ウクレレ
コーラス
活動期間 1978年 -
1986年
1997年
2000年 - 2002年
2008年
2012年(ソロ)
レーベル ビクタータイシタ
事務所 アミューズ
共同作業者 サザンオールスターズ
公式サイト 湯のみ?
sas-fan.net
STANDOOH! AREEENA!! C'MOOOON!!!
ビートルズ

関口 和之(せきぐち かずゆき、1955年12月21日 - )は、日本ミュージシャンベーシスト小説家放送作家であり、サザンオールスターズのメンバーである。愛称は、ムクちゃん

新潟県阿賀野市(旧・水原町)出身。

略歴[編集]

新発田高等学校青山学院大学文学部英米文学科卒業。1974年桑田佳祐と同大学のフォークソングサークルで知り合い、温泉あんまももひきバンドを結成。以降、桑田との関係が続いていく。

1983年、エッセイ集『突然ですがキリギリス』を執筆。関口の視点で見た、サザンのエピソード集といえる。

1985年から、フジテレビの深夜番組『冗談画報』の構成を担当。

1990年フジテレビ宮沢りえ主演ドラマ『いつも誰かに恋してるッ』に出演。宮沢が演じる主人公たちの相談相手となる寡黙な喫茶店マスターの役で、ピアノを弾くシーンも見られた。

1991年夏から1993年末にかけ、体調不良のためサザンの活動から一時期離れる。そのため、この時期に発売されたサザンのシングルである「素敵なバーディー (NO NO BIRDY)」や「エロティカ・セブン」のジャケット写真には関口の姿がない(一方、アルバム「世に万葉の花が咲くなり」の歌詞カードには関口も写されている)。

1996年、東京・目黒区祐天寺駅近くに、念願だったウクレレとテディベアを取り揃えたショップ『のほほんベアーズ(現・ポエポエ)』を開店。ウクレレやフラダンスなどの教室も兼ねている。ショップでは本人が店頭にいる日もある。ちなみに上京した際、初めて住んだ町が祐天寺だったという。

2000年からは毎年8月に『UKULELE PICNIC』と称したコンサートを開催している。参加者はIWAOジェイク・シマブクロ高木ブー、ペティ・ブーカ、つじあやのウクレレえいじなどのウクレレ奏者の他、玲葉奈、LaLLa、KONISHIKI分山貴美子他、関口と縁のあるミュージシャンも多数参加している。また、フラダンスのコーナーやアマチュアのウクレレ演奏のコーナーもあり、朝から晩まで、ゆったりハワイ気分に浸れるイベントとなっている。

2000年SUPER BUTTER DOG竹中直人と共にタワーレコード「NO MUSIC,NO LIFE」のポスターに登場した。のちに竹中直人との共作『口笛とウクレレ』をリリース。

2002年、“関口和之 featuring KONISHIKI”の名義で『私の青空 〜MY BLUE HEAVEN〜』をリリース。

2005年11月6日から2009年3月までDate fmでラジオ番組『関口和之ののほほんストア』(日曜 18:00 - 18:30 JST)のパーソナリティを務める。

人物[編集]

  • あだ名は以前飼っていた犬の「ムク」が本人に良く似ていたこと、及び”温泉あんまももひきバンド”時代の髪型が胸まである長髪でむく犬のようだったことから「ムクちゃん」[1] 。このあだ名は青学時代にはすでについていた[2]
  • サザンオールスターズとしての初期の楽曲では、作曲とともにボーカルを取っている曲がいくつか存在する。1980年「ひょうたんからこま」がその始まり。
  • サザンのライブではピック弾きと指弾きを使い分ける堅実なベース演奏で目立つことは少ないが、『死体置場でロマンスを』や『マリワナ伯爵』ではスラッピングを、『Computer Children』や『JUMP』などでベースソロを弾いており、『虫歯のブルース〜インディアン狂想曲』ではベースソロで締めている。関口曰く、青学時代に買ったフェンダーのベース(16万円で購入)が「物を手に入れてあれほどうれしかったことはない」[3]
  • 漫画やイラストも得意とし、原由子の初ソロアルバム「はらゆうこが語るひととき」、爆風スランプのデビューアルバム「よい」のジャケットは関口が描いたものである。関口は「小学校のころから、僕はマンガ大好き少年であった。マンガ家になりたいと本気で思っていた」と語り、暇さえあれば絵を描いている[4]1984年には週刊少年サンデー増刊号に4コママンガの連載を持ったこともある。さくまあきらと知り合ったことで、鳥山明いしかわじゅん江口寿史高橋留美子高野文子らとの交流もできた[5]
  • 1988年頃から帽子がトレードマークとなってテレビライブに出演する際はいつも被っている。同じくトレードマークの口ヒゲはデビュー当時から生やしているが(ただし「勝手にシンドバッド」のジャケ写はつけヒゲである[6])、1983年に1度だけ剃っている。この姿はサザンのシングル「東京シャッフル」のPVに残っている。本人曰く「ラジオの企画で桑田佳祐に無理やり剃られた」とのことだが、当の桑田は「覚えていない」ととぼけている。
  • 活動休止中にハーブ・オオタと出会い、以後ウクレレに傾倒してゆく。1994年末にサザンに復帰してからもサザンと平行してウクレレプレイヤーとしての活動を続けており、ウクレレをフィーチャーした作品を多くリリースしている。
  • ここはグリーンウッドぼくのマリーなどアニメ作品への曲提供でも知られ、その際には青島雪男名義で作詞も行っている。
  • ハドソンのゲームソフト「桃太郎伝説」「桃太郎電鉄」シリーズでは、BGM作曲を担当し、「桃太郎電鉄」には彼に似たウクレレ職人や彼の所属するグループに似た「サザンカオールスターズ」が登場している。
  • サッカーが大好きでスタジアムに観戦に行ったりしている。

シングル[編集]

アルバム[編集]

ゲーム音楽[編集]

(「桃太郎電鉄HAPPY」以降は宮路一昭池毅と共同で担当)

出演[編集]

アニメ映画(声優として出演)[編集]

  • ぼのぼの(1993年11月13日公開) - シマリスくんのおとうさん 役

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 原由子『あじわい夕日新聞~夢をアリガトウ~』184頁、朝日新聞出版、2013年
  2. ^ 関口和之『突然ですがキリギリス』68頁、集英社文庫、1991年
  3. ^ 関口和之『突然ですがキリギリス』85頁、集英社文庫、1991年
  4. ^ 関口和之『突然ですがキリギリス』201頁、集英社文庫、1991年。またサザンオールスターズ30周年記念ライブ「真夏の大感謝祭」パンフレットにも漫画好きなことを書いている
  5. ^ 関口和之『突然ですがキリギリス』205頁、集英社文庫、1991年
  6. ^ 原由子『娘心にブルースを』P138、ソニー・マガジンズ、1998年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]