トランザム (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トランザム
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
フォークソング
活動期間 1974年 - 1981年
レーベル エキスプレス/東芝EMI
(1974年)
コロムビア/日本コロムビア
(1974年 - 1975年)

ブラックレコード/テイチク
(1975年 - 1977年)
ビクター/ビクター音楽産業
(1977年 - 1981年)
公式サイト http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A000396.html
メンバー 高橋伸明(高橋のぶ)(ボーカル
旧メンバー チト河内ドラムスパーカッション
石間秀機ギター
篠原信彦キーボード
トメ北川(麻上冬目)(ボーカル、パーカッション)
後藤次利ベース
富倉安生(ベース)
本田真一郎(ギター)
小松崎純(キーボード)
サンチョ菜花(幸耕平)(パーカッション)
西濱哲男(ボーカル)
熊谷安弘(ギター)
後藤司(キーボード)
天野和平(ベース)
三浦敏保(ドラムス)

トランザムTRANZAM)は、1974年にデビューした日本のロックバンドコマーシャルソングの分野においても、100曲以上[1]を手掛けている。

来歴[編集]

1973年[2]結成され、1974年に

の5人で東芝EMIからデビューする。バンド名はアメリカ大陸横断鉄道に由来しており、プロデューサーのジョニー野村が考案した[3]

後にテイチクへ移籍し、テレビドラマ『俺たちの勲章』『俺たちの旅』『俺たちの朝』等の劇伴音楽を担当する。1975年、「吉田拓郎・かぐや姫 コンサート インつま恋」に参加し、吉田拓郎のバックを務める。1976年、シングル「ビューティフル・サンデー」がオリコンチャート9位にランクインするヒットとなる。この時点で、既にメンバーの大半が入れ替わっており、デビュー時からのメンバーはリーダーの河内だけとなっていた。1977年ビクター音楽産業へ移籍。同年より1979年にかけてコカ・コーラのコマーシャルソングを手掛ける。1977年12月、NHK「みんなのうた」で、ミュージカル『ユタと不思議な仲間たち』の劇中歌「ともだちはいいもんだ」を歌っている。

1979年に古参メンバーの富倉安生が脱退して以降、河内は個人の仕事へ注力していき、アルバム『タイム・アップ』『アジアの風』の頃にはレコーディングに関与せず、すべて高橋伸明(高橋のぶ)に任せている[3][4]1981年、トランザムはグループとしての活動を休止[5]。後に高橋は「トランザム+桑江知子」「トランザム・ムーン・バンド」「N.TAKAHASHI with トランザムII」といったユニットやバンドを組んでレコードをリリースしており、2003年からは「トランザム」としての活動を再開[1]している。

メンバー[編集]

ドラムス[編集]

  • チト河内 - デビュー時より在籍。リーダーを務めた。1979年頃より演奏に参加しなくなる。
  • 三浦敏保

ギター[編集]

  • 石間秀機 - デビュー時より在籍。1976年1月発売のアルバム『TV映画主題曲集 刑事コロンボ』に携わった後[6]脱退。
  • 本田真一郎
  • 熊谷安弘

キーボード[編集]

  • 篠原信彦 - デビュー時より在籍。1976年1月発売のアルバム『TV映画主題曲集 刑事コロンボ』に携わった後[6]脱退。
  • 小松崎純 - 1975年より[7]参加。
  • 後藤司

ベース[編集]

  • 後藤次利 - デビュー時より在籍。1974年にレコーディングされた『ファンキー・ステップス』を最後のアルバムとして脱退。
  • 富倉安生 - アルバム『セプテンバー・ソング ファンキー・ステップス2』より参加。1979年[3]脱退。
  • 天野和平

リードボーカル[編集]

  • トメ北川(麻上冬目) - デビュー時より在籍。1975年5月発売のシングル『あゝ青春』を最後の作品として[6]脱退。
  • 西濱哲男 - 1975年[8]参加。同年10月発売のアルバム『AUGUST 9TH』に携わり、脱退。
  • 高橋伸明(高橋のぶ) - 1975年[1]より参加。1976年3月発売のシングル『ビューティフル・サンデー』以降のボーカルを担当。2015年7月19日死去。

パーカッション[編集]

作品[編集]

アルバム[編集]

  • 『トランザム』1974年、東芝EMI ETP-85003
  • 『ファンキー・ステップス』日本コロムビア YQ-7018-N
  • 『セプテンバー・ソング ファンキー・ステップス2』:日本コロムビア YQ-7042-N
  • 『AUGUST 9TH』1975年、テイチク BAL-1004
    • 1992年CD発売、TECN-18144
  • 『TV映画主題曲集 刑事コロンボ』 1976年、テイチク BAL-1006
  • 『ディスコ オン トランザム』 1976年、テイチク BAL-1011
    • 洋楽をカバーしたインストゥルメンタル・アルバム
  • 『ビューティフル・サンデー』1976年、テイチク BAL-1016
  • 『LOVE IS AROUND -世界は今日もまわっている-』1977年、ビクター音楽産業 VV-5003
    • 2008年CD発売、VICL-62992
  • 『とおり雨』1978年、ビクター音楽産業 VV-5007
    • 2008年CD発売、VICL-62993
    • 全曲の作詞を加川良が担当
  • 『TRY』 1979年、ビクター音楽産業 SJX-20167
  • 『タイム・アップ』 1980年、ビクター音楽産業 SJX-30006
  • 『アジアの風』1981年、ビクター音楽産業 SJX-30069
    • 1994年CD発売、VICL-18129
    • 2008年再発売、VICL-62994
  • 『ムーン・エリア』(トランザム・ムーン・バンド) 1983年、徳間音楽工業 CMC-1007
  • 『SKY NATIVE』(NAO & NOBU / N.TAKAHASHI with トランザムII) 1986年、日本コロムビア LP:AF-7406 CD:33C31-7924
  • 『トランザム・アンソロジー 1975-1979』 2003年、テイチクエンタテインメント TECN-25890
  • 『COLEZO! トランザム ベスト』 2005年、ビクターエンタテインメント VICL-41218

サウンド・トラック[編集]

  • 俺たちの旅 オリジナル・サウンドトラック』 1975年、テイチク BAL-1005
  • 『俺たちの旅II オリジナル・サウンドトラック』1976年、テイチク BAL-1009
  • 俺たちの朝 オリジナル・サウンドトラック』1976年、テイチク BBL-2005
  • 『俺たちの朝II オリジナル・サウンドトラック』1977年、テイチク BBL-2008
  • 俺たちの祭 オリジナル・サウンドトラック』1977年、テイチク BBL-2011
  • 『俺たちの旅 オリジナル・サウンドトラック コンプリート・エディション』 2002年、テイチクエンタテインメント TECN-25786
  • 『俺たちの朝 オリジナル・サウンドトラック コンプリート・エディション』 2003年、テイチクエンタテインメント TECN-25879
  • 『俺たちの祭 + 俺たちの勲章 オリジナル・サウンド・トラック』 2004年、テイチクエンタテインメント TECN-25956

シングル[編集]

あゝ青春
1975年、テイチク B-39
A面:あゝ青春(作詞:松本隆 / 作曲:吉田拓郎 / 編曲:チト河内)テレビドラマ『俺たちの勲章』主題曲より(実際に主題曲として放送で使われていたのはインストゥルメンタル曲「『俺たちの勲章』のテーマ」である。「あゝ青春」は、これに詞をつけて歌にしたもの。作曲者の吉田拓郎や『俺たちの勲章』主演者の中村雅俊もカバーしている)
B面:I can't recall your name(作詞:奈良橋陽子、作曲・編曲:チト河内)
春の足音
1975年、テイチク B-44
A面:春の足音(作詞:チト河内 / 作曲:石間秀機 / 編曲:トランザム)
B面:ニーナ・ニーナ(作詞:チト河内 / 作曲:篠原信彦 / 編曲:トランザム)
俺たちの旅
1975年、テイチク B-45
テレビドラマ『俺たちの旅』オリジナル・サウンド・トラック
A面:俺たちの旅(作曲:小椋佳 / 編曲:トランザム)
B面:ただお前がいい(作曲:小椋佳 / 編曲:トランザム)
刑事バレッタ
1976年、テイチク B-49
A面:刑事バレッタ(作曲:Dave Grusin(デイヴ・グルーシン) / 編曲:田辺信一)テレビドラマ『刑事バレッタ』主題曲(カバー
B面:ロックフォード・ファイル(作曲:Pete Carpenter、Mike Post / 編曲:田辺信一)テレビドラマ『ロックフォード氏の事件メモ』主題曲(カバー)
ビューティフル・サンデー
1976年、テイチク B-52
1977年再発売、BC-1023
テレビ番組『おはよう720』「キャラバンII」コーナー テーマ
A面:ビューティフル・サンデー(作詞・作曲:Daniel Boone(ダニエル・ブーン)、Rod McQueen / 訳詞:松本隆 / 編曲:チト河内)
B面:ビューティフル・サンデー(インストゥルメンタル)
カモン・イン
1976年、テイチク BC-1009
A面:カモン・イン(作詞・作曲:Billy Davis、Hal Hackady、Roger McBrien / 日本語詞:伊藤アキラ / 編曲:チト河内)B・J・トーマス「Come on in.」(コカ・コーラCMソング)の日本語カバー
B面:ともだち(作詞:クニ河内 / 作曲・編曲:チト河内)
俺たちの朝
1976年、テイチク BC-1014
テレビドラマ『俺たちの朝』オリジナル・サウンド・トラック
A面:俺たちの朝(作曲:小室等 / 編曲:チト河内)『俺たちの朝』主題曲
B面:渚(作曲・編曲:チト河内)『俺たちの朝』挿入曲
あゝ青春
1977年、テイチク BC-1022
A面:あゝ青春
B面:俺たちの旅
イエロー・バス・ストップ
1977年、テイチク BC-1024
A面:イエロー・バス・ストップ(作詞:柴田陽平 / 作曲:チト河内)
B面:スーツケース(作詞:クニ河内 / 作曲:チト河内)
MADE IN U.S.A.
1977年、テイチク BC-1029
A面:MADE IN U.S.A.(作詞:柴田陽平 / 作曲・編曲:チト河内)
B面:あふれる光のなかで(作詞:坂田耕 / 作曲・編曲:チト河内)原曲はトランザム「Come on in. Coke '77」(コカ・コーラCMソング)
世界は今日もまわっている
1977年、ビクター音楽産業 VV-10
A面:世界は今日もまわっている(作詞:クニ河内 / 作曲・編曲:チト河内)
B面:LOVE IS AROUND(作詞:Franz Lohmeyer / 作曲:チト河内)テレビドラマ『刑事スタスキー&ハッチ』テーマ
白いボールのファンタジー
1978年、非売品EPとして制作[5][10]
2004年CD発売、ビクターエンタテインメント VICL-35742
2005年再発売、VICL-35782
トラック1:白いボールのファンタジー(作詞:島田富士彦 / 作曲:中村八大 / 編曲:チト河内)パシフィック・リーグ連盟歌
トラック2:白いボールのファンタジー(マーチ・バージョン)(作曲:中村八大 / 編曲:田辺信一)
はだしで地球を駆けるのさ
1978年、ビクター音楽産業 VV-14
A面:はだしで地球を駆けるのさ(作詞:浜田哲二 / 作曲・編曲:チト河内)原曲はトランザム「Come on in. Coke '78」(コカ・コーラCMソング)
B面:パーハップス・メイビー(作詞:三浦徳子 / 作曲:チト河内)
レールの上
1978年、ビクター音楽産業 VV-19
A面:レールの上(作詞:加川良 / 作曲・編曲:チト河内)
B面:ある晴れた日(作詞:加川良 / 作曲・編曲:チト河内)
やさしい雨を降らせておくれ
1979年、ビクター音楽産業 SV-6596
A面:やさしい雨を降らせておくれ(作詞:小林和子 / 作曲・編曲:チト河内)テレビドラマ『明日の刑事』主題歌
B面:サイレントビーチ(作詞:小林和子 / 作曲・編曲:チト河内)
愛しのモニカ
1979年、ビクター音楽産業 SV-6649
A面:愛しのモニカ(作詞:奈良橋陽子、山川啓介 / 作曲:タケカワユキヒデ
B面:地球の上で -ON THE EARTH-(作詞:柴田陽平 / 作曲:チト河内 / 編曲:チト河内 & トランザム)音楽番組『みんなのうた』放送曲
サン・オブ・ジャマイカ
1980年、ビクター音楽産業 SV-6720
A面:サン・オブ・ジャマイカ
B面:ラスト・イン・ミュージック(作詞:柴田陽平 / 作曲:熊谷安弘)
フライング・ハイ
1980年、ビクター音楽産業 SV-7062
A面:フライング・ハイ(作詞:白川哲男 / 作曲:白川明 / 編曲:チト河内)クイズ番組『クイズ世界に挑戦!』テーマ
B面:雨もよう(作詞:長谷川みつ美 / 作曲・編曲:チト河内)
Mr.ウェルビー
1981年、ビクター音楽産業 SV-7081
国際障害者年協賛歌(日本ユニセフ協会公認)監修:野上芳彦
A面:Mr.ウェルビー(作詞:三浦徳子 / 作曲:堀内孝雄 / 編曲:大村雅朗)日本語版
B面:Mr.Welbe(作詞:三浦徳子 / 英語詞:関森れい / 作曲:堀内孝雄 / 編曲:大村雅朗)英語版
地球の仲間
1981年、ビクター音楽産業 SV-7101
A面:地球の仲間(作詞:クニ河内 / 作曲:井上忠夫(井上大輔) / 編曲:大村雅朗)NHK国際障害者年プロジェクト テーマ・ソング
B面:MEMORY(作詞:荒木とよひさ / 作曲:渋谷祐子
眩しいとまどい
1981年、ビクター音楽産業 SV-7133
A面:眩しいとまどい(作詞:森雪之丞 / 作曲:鈴木キサブロースコッチ・ウイスキー「カティサーク」イメージ・ソング
B面:アイランド・スーパースター(作詞:かたゆたか / 作曲:熊谷安弘)
明日に架ける虹(トランザム+桑江知子
1983年、徳間音楽工業 ANS-2001
A面:明日に架ける虹(作詞:阿久悠 / 作曲:井上大輔 / 編曲:トランザム)映画『宇宙戦艦ヤマト 完結編』挿入歌
B面:FIGHT! コスモタイガー(宮川泰

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『高橋のぶ オフィシャルサイト』より。
  2. ^ 『the official nobuhiko shinohara web site』には1972年結成、『Chronicle Official Site』には1973年結成、『チト河内 オフィシャルサイト』および『ザ・ハプニングス・フォー Official Web Site』には1974年結成との旨が記されている。
  3. ^ a b c 「チト河内インタビュー」『トランザム・アンソロジー 1975-1979』(テイチクエンタテインメント TECN-25890)ライナー より。
  4. ^ 1979年のシングル「やさしい雨を降らせておくれ」(ビクター音楽産業 SV-6596)ジャケット裏「トランザム・メンバー紹介」欄に河内の名前は無く、メンバーは高橋、熊谷、後藤司、天野、三浦となっている。
  5. ^ a b 『朝日新聞』東京地方版 2005年4月6日 28面より。
  6. ^ a b c 中村俊夫「曲目解説」『トランザム・アンソロジー 1975-1979』(テイチクエンタテインメント TECN-25890)ライナー より。
  7. ^ 「Profile」『小松崎 純 ホームページ』より。
  8. ^ 「西濱哲男 プロフィール」『ブルースファイルNo.1公認ホームページ』より。
  9. ^ 「プロフィール」『幸耕平オフィシャルホームページ』より。
  10. ^ 『スポーツニッポン』2005年6月10日 28面より。

外部リンク[編集]