柴尾英令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しばお ひでのり
柴尾 英令
本名 柴尾 豊太郎
(しばお とよたろう)
生年月日 (1962-12-12) 1962年12月12日
没年月日 (2018-04-02) 2018年4月2日(55歳没)
出生地 日本の旗 福岡県北九州市
死没地 日本の旗 東京都
国籍 日本の旗 日本
民族 大和民族
職業 ゲームクリエイター
文筆家
ジャンル ゲーム
公式サイト 王道
主な作品

ゲーム


映画

柴尾 英令(しばお ひでのり、1962年12月12日 - 2018年4月2日)は、日本文筆家ゲームクリエイター本名・旧筆名柴尾 豊太郎(しばお とよたろう)。

概要[編集]

福岡県北九州市出身のゲームクリエーターである。レナスシリーズが代表作として知られている[1]。また、攻略本の執筆や映画評論などでも知られていた[1]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

福岡県立東筑高校から一年浪人。早稲田大学法学部を中途退学した。なお、ワセダミステリクラブに所属していた[1]。大学在学中から雑誌のライターとして活動[1]。その後、雑誌やゲーム攻略本の編集執筆につとめ[1]、多数の攻略本に携わる[1]。代表的なものとしては、『小学二年生』や『小学三年生』など小学館学年別学習雑誌にて記事を執筆していた。また、マリオシリーズを題材としたゲームブックや攻略本の執筆・構成を担当することになり、『スーパーマリオくん』で知られる嵩瀬ひろしとともにそれらの書籍を上梓している。

ゲームクリエイターとして[編集]

1992年にスーパーファミコンのRPG『レナス 古代機械の記憶』のシナリオとシステムを担当[1]。代表作となる。『レナス』に関してはゲームのみならず、攻略本『レナス 古代機械の記憶』と小説『レナス 崩壊の序曲』も同時に執筆する。『レナス 古代機械の記憶』は発売後、続編も決定。すぐにとりかかるが、完成が大きく遅れ、1996年となる。シナリオ・監督を担当した『レナスII 封印の使徒』は発売本数も1万本前後と大きく減り、発売自体が知られていない作品となった。1998年に発売されたプレイステーションのRPG『レガイア伝説』の原作・シナリオを担当する。『レナス』と『レガイア伝説』では、キャラクターの名前や世界観に共通する部分がある。

2000年以降はさくまあきらとの共同作業が増え[1]、『桃太郎電鉄11 ブラックボンビー出現!の巻』、『桃太郎電鉄12 西日本編もありまっせー!』、『桃太郎電鉄USA』、『桃太郎電鉄G ゴールド・デッキを作れ!』ではゲーム演出を担当している。

セガの公式コミュニティサイト「it-tells」にも携わっていた[2]。2018年4月2日、急逝[1]。55歳没。

人物[編集]

大人の社会科見学
2005年以降、積極的に大人の社会科見学をするようになり、『社会科見学に行こう!』(2008年、アスペクト刊)では共著もしている。
映画
映画好きとしても知られ、ブログでは映画評を発表している。水道橋博士のブログ『博士の悪童日記』では、「毎回、俺が信頼を寄せる、柴尾英令さんの映画評」や「俺が今、一番シンクロする映画評論をしてくれる、 柴尾英令さん」と評している。
プロフィール画像
セガ・エンタープライゼス竹崎忠に撮影してもらった写真を、長らく公式プロフィール画像として使用していた[3]

略歴[編集]

賞歴[編集]

作品[編集]

コンピュータゲーム[編集]

映画[編集]

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

寄稿、分担執筆、など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]