祐天寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
祐天寺駅
Yutenji-Station-Station-East-building2018-1.jpg
東口駅舎(2018年10月24日撮影)
ゆうてんじ
Yūtenji
TY03 中目黒 (1.0 km)
(1.0 km) 学芸大学 TY05
所在地 東京都目黒区祐天寺二丁目13-3
北緯35度38分15.7秒 東経139度41分28.1秒 / 北緯35.637694度 東経139.691139度 / 35.637694; 139.691139座標: 北緯35度38分15.7秒 東経139度41分28.1秒 / 北緯35.637694度 東経139.691139度 / 35.637694; 139.691139
駅番号 TY04
所属事業者 東急電鉄
所属路線 東横線
キロ程 3.2 km(渋谷起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面3線*
乗降人員
-統計年度-
25,761人/日
-2021年-
開業年月日 1927年昭和2年)8月28日[1]
備考 * 2番線は通過線
テンプレートを表示

祐天寺駅(ゆうてんじえき)は、東京都目黒区祐天寺二丁目にある、東急電鉄東横線である。駅番号TY04

歴史[編集]

  • 1927年昭和2年)8月28日 - 開業。木造2階建て[1]
  • 1955年(昭和30年)頃 - 西口開設[1]
  • 1964年(昭和39年)3月 - 駅舎改築[1]
  • 1966年(昭和41年)9月20日 - 当駅を含む中目黒 - 都立大学駅間の立体交差工事に着手[2]
  • 1969年(昭和44年)8月8日 - 下り線を高架化[3]
  • 1970年(昭和45年)
    • 2月27日 - 上り線を高架化[4][注 1]
    • 11月13日 - 当駅を含む中目黒 - 都立大学駅間の立体交差工事が完成[1][5]。工事延長は2,532 m、事業費は34億円、合計16か所の踏切が廃止された[2][5]
  • 1971年(昭和46年)2月20日 - 駅業務システムの自動化モデル駅として、学芸大学駅、桜木町駅と共に自動改札機を設置(5台)。自動券売機を磁気券化し、エンコード可能な定期券発行機を新設した。
  • 2007年平成19年)3月18日 - ICカードPASMO」の利用が可能となる[6]
  • 2013年(平成25年)4月 - 通過線設備新設工事に着手[7]
  • 2017年(平成29年)3月25日 - 通過線が新設され、供用開始[8]
  • 2018年(平成30年)10月1日 - 駅ビル開業(後述参照)[9]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面3線の高架駅である。上下ホームの間にプラットホームの無い通過線(2番線)がある。両ホームとも地上1階の改札口と、階段およびエレベーターで連絡している。長らく改札内にトイレはなかったが、2016年(平成28年)7月31日に設置された。なお、ロータリーに面した駅東口に公衆トイレがある。

ホーム・線路の下は商店等になっている。かつては定期券うりばが設置されていたが、現在は廃止されている。

東京メトロ副都心線との相互直通運転に伴い、2013年から2017年にかけて改良工事が行われ、当駅に優等列車通過線を設置した[10]。一部ホーム幅を狭めて上り線ホームを渋谷方面に若干移設、また、上下線の間隔拡張によりそのスペースに通過線を設置した。通過線は2017年3月25日のダイヤ改正から供用を開始した[8]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 TY 東横線 下り 自由が丘横浜元町・中華街方面[11]
2 通過線
3 上り 渋谷池袋所沢川越市方面[12]

(出典:東急電鉄:駅構内図

  • 欠番となっている2番線は上下線共用の通過線である。上りが本線、下りが中線扱いとなっている。
    • この2番線は、通常は渋谷方面の通過列車が使用する。また、平日朝ラッシュ時に急行・通勤特急を、土休日はS-TRAIN全便の待避を行う。
    • 横浜方面の通過列車は原則としてホームに面した1番線を通過するが、土休日のS-TRAIN4号のみ待避を行うため、2番線を通過する。

駅ビル[編集]

当駅渋谷寄り高架下および隣接地において駅ビルを建設し、2018年(平成30年)10月1日に開業した[9]

利用状況[編集]

2021年度の1日平均乗降人員25,761人である[14]。ここ数年3万人前後で推移していたが、2020年度以降は新型コロナウイルス感染症の流行の影響もあり、乗降人員が大幅に減少している。当駅周辺は学校施設が多く集まっているため学生の利用が多い[15]

近年の1日平均乗降乗車人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[16]
年度 1日平均
乗降人員[17]
1日平均
乗車人員[18]
出典
1990年(平成02年) 20,740 [* 1]
1991年(平成03年) 20,587 [* 2]
1992年(平成04年) 20,060 [* 3]
1993年(平成05年) 19,592 [* 4]
1994年(平成06年) 19,189 [* 5]
1995年(平成07年) 18,954 [* 6]
1996年(平成08年) 18,666 [* 7]
1997年(平成09年) 18,411 [* 8]
1998年(平成10年) 17,647 [* 9]
1999年(平成11年) 17,139 [* 10]
2000年(平成12年) 16,781 [* 11]
2001年(平成13年) 16,855 [* 12]
2002年(平成14年) [19]32,140 16,348 [* 13]
2003年(平成15年) [19]31,466 15,923 [* 14]
2004年(平成16年) 31,266 15,885 [* 15]
2005年(平成17年) 30,232 15,364 [* 16]
2006年(平成18年) 29,510 15,022 [* 17]
2007年(平成19年) 30,193 15,423 [* 18]
2008年(平成20年) 30,387 15,452 [* 19]
2009年(平成21年) 29,757 15,104 [* 20]
2010年(平成22年) 29,411 14,890 [* 21]
2011年(平成23年) 29,194 14,770 [* 22]
2012年(平成24年) 29,616 15,000 [* 23]
2013年(平成25年) 29,809 15,115 [* 24]
2014年(平成26年) 29,742 15,019 [* 25]
2015年(平成27年) 30,112 15,172 [* 26]
2016年(平成28年) 30,877 15,496 [* 27]
2017年(平成29年) 31,494 15,811 [* 28]
2018年(平成30年) 31,962 16,033 [* 29]
2019年(令和元年) 32,013 16,038 [* 30]
2020年(令和02年) 23,296
2021年(令和03年) 25,761

駅周辺[編集]

駅高架下の商店の中に、スーパーマーケットがある。その他、商店が駅から放射状に続いている。東口は小さなロータリーとなっていて、バス停がある。

バス路線[編集]

隣の駅[編集]

東急電鉄
TY 東横線
特急・通勤特急・急行
通過
各駅停車
中目黒駅 (TY03) - 祐天寺駅 (TY04) - 学芸大学駅 (TY05)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 7月とする文献もある[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 東急の駅、p.44。
  2. ^ a b 50年史、pp.1006 - 1007。
  3. ^ a b 50年史、p.1225。
  4. ^ 「東横線中目黒-都立大学間 立体化工事が完成」『交通新聞』交通協力会、1970年2月24日、1面。
  5. ^ a b 50年史、p.1011。
  6. ^ “PASMOは3月18日(日)サービスを開始します ー鉄道23事業者、バス31事業者が導入し、順次拡大してまいりますー” (日本語) (PDF) (プレスリリース), PASMO協議会/パスモ, (2006年12月21日), オリジナルの2020年5月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200501075147/https://www.tokyu.co.jp/file/061221_1.pdf 2020年5月12日閲覧。 
  7. ^ 特定都市鉄道整備事業実施状況(東京急行電鉄・インターネットアーカイブ)。
  8. ^ a b “3月25日(土)に東横線・目黒線でダイヤ改正を実施 列車の増発や座席指定列車の運転開始などにより、ますます便利に!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京急行電鉄, (2017年3月2日), p. 2, オリジナルの2017年6月10日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20170610211054/http://www.tokyu.co.jp/file/170302.pdf 2020年3月9日閲覧。 
  9. ^ a b “東急祐天寺駅ビルが2018年10月1日に開業します! 「住宅地×駅直結スモールオフィス×保育園」により新しい働き方を提案します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京急行電鉄, (2018年7月2日), オリジナルの2018年9月16日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180916164312/http://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/20180702-2.pdf 2020年3月9日閲覧。 
  10. ^ “2013年度の鉄軌道事業設備投資計画 駅・高架橋の耐震補強やホームドア設置など、総額488億円 引き続き、安全対策に取り組みます” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京急行電鉄, (2013年5月15日), オリジナルの2013年6月12日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130612002509/http://www.tokyu.co.jp/contents_index/guide/pdf/130515-1.pdf 2020年5月23日閲覧。 
  11. ^ 東横線標準時刻表 祐天寺駅 横浜 元町・中華街方面”. 東急電鉄. 2019年11月18日閲覧。
  12. ^ 東横線標準時刻表 祐天寺駅 渋谷方面”. 東急電鉄. 2019年11月18日閲覧。
  13. ^ etomo(エトモ)祐天寺 > ショップリスト”. etomo祐天寺. 2020年5月12日閲覧。
  14. ^ 2021年度乗降人員 - 東急電鉄
  15. ^ 祐天寺駅|沿線・駅周辺ガイド”. 東京急行電鉄. 2015年1月11日閲覧。
  16. ^ 区勢要覧 - 目黒区
  17. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  18. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都
  19. ^ a b 村上潤(東京急行電鉄鉄道事業本部運転車両部運転課)「輸送と運転 近年の動向」『鉄道ピクトリアル』第54巻第7号(通巻749号)、電気車研究会、2004年7月10日、 28頁、 ISSN 0040-4047
  20. ^ a b c 東急バス時刻表(祐天寺駅)”. 東急バス株式会社. 2015年1月11日閲覧。

出典[編集]

東京都統計年鑑

参考文献[編集]

  • 宮田道一 『東急の駅 今昔・昭和の面影』JTBパブリッシング、2008年9月1日。ISBN 9784533071669 
  • 『東京急行電鉄50年史』東京急行電鉄株式会社、1973年4月18日。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]