森ハヤシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森 ハヤシ
プロフィール
本名 森 迅史(もり はやし)
誕生日 (1978-02-12) 1978年2月12日(43歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 A型
主な作品
テレビドラマアスコーマーチ〜明日香工業高校物語〜
鴨、京都へ行く。-老舗旅館の女将日記-』など
映画 神様はバリにいる
アニメ スペース☆ダンディ
はたらく細胞BLACK
舞台 ミステリーステージ 名探偵コナン〜殺意の開演ベル〜
その他
役者、タレント
テンプレートを表示

森 ハヤシ(もり はやし、本名:森 迅史、1978年2月12日 - )は脚本家。元コントグループ「WAGE」のリーダー。アミューズ所属。テレビドラマや舞台などの脚本を手掛けるほか、ラジオパーソナリティMC俳優などとしても活動。東京都出身。

略歴[編集]

早稲田大学在学中に『ハイデハイデ』というコンビを組み、テレビ番組「ブレイクもの!」の「お笑い世紀末スターオークション」というコーナーに出演。素人ながら5週勝ち抜きを達成。

また、早稲田大学のコントサークル『WAGE(ワゲ)』のメンバーとして活動しており、4年生の時の2001年1月に開催された「ギャグ大学偏差値2000」で3位入賞したことをきっかけにアミューズに所属し、サークル名をそのままコントグループ名にして、WAGEのリーダーとして芸能界での活動を開始[1]。2005年のWAGE解散後、脚本家に転身[2]

2010年11月に開催された女性アイドルグループさくら学院のライブ「さくら学院祭☆2010」から、ライブイベントなどの際にMCを務める「担任の先生(森先生)」役としての活動を開始[3]。さくら学院のWeb配信番組でのMCも務めたほか、ライブイベントでの寸劇コントアルバム特典DVDに収録されるドラマなどの脚本の制作、楽曲の作詞なども行い、2021年8月末のグループの活動終了をもって「担任の先生(森先生)」役としての活動を終了した[4]

2015年、1999年より毎年日本で開催される国際短編映画祭「SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2015」のオフィシャルコンペティション「ジャパン部門」に、監督作品『日曜日』がノミネートされる。また、2008年環境省と共に発足させた地球環境保護を啓蒙する部門「地球を救え!部門」にも監督作品『永遠〜とわ〜』を出品、上映が決定した[5][6]

2019年、脚本を手掛けた北海道テレビ連続ドラマ「チャンネルはそのまま!」が、日本民間放送連盟賞の番組部門でテレビドラマ番組として最優秀賞、テレビ部門グランプリを受賞した[7][8][9]

2021年1月放送のテレビアニメ「はたらく細胞BLACK」では、初のシリーズ構成、全話脚本を担当した[10]

人物[編集]

特技は暗算、家庭教師、料理[2]

趣味は、途中下車の旅、野球、安くておいしい店探し[11]

作品[編集]

舞台[編集]

  • Amuse Youth × SET Collaboration「ON LINE」(2006年6月、シアターVアカサカ) - 脚本
  • ON LINE プロジェクト プロデュース公演 vol.2 「ルームシェア」(2007年5月、スペース・ゼロ) - 脚本
  • 劇団プレステージ公演 チェリーの木の下で(2007年3月、千本桜ホール)- 脚本
  • 子どもさんかん日(2008年11月、東京芸術劇場 中ホール)- 脚本
  • ミステリーステージ 名探偵コナン~殺意の開演ベル~(2014年、E-Pin企画、小学館集英社プロダクション) - 脚本[12]
  • 劇団プレステージ 第13回本公演「ディペンデントデイ~7人の依存症~」(2018年8月、CBGKシブゲキ!!)- 脚本[13]
  • SCRAP オンライン演劇「僕等のラストフェスティバル」Inside Theater Vol.3『オンライン・パパラッチ』(2021年1月16日、Zoom[要曖昧さ回避])- 脚本

ドラマ[編集]

映画[編集]

アニメ[編集]

バラエティ[編集]

楽曲[編集]

書籍[編集]

  • CanCam フォトドラマ「Real Model」(2009年9月 - 、小学館)- 脚本
  • CanCam フォトドラマ「REAL GIRLS」(2010年9月 - 、小学館)- 脚本

その他[編集]

  • 東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』携帯ショートドラマ企画『東京タワー~いつもオトン~』 - 脚本
  • L change the WorLd』 - 脚本協力
  • ポルノグラフィティ FANCLUB UNDERWORLD 3」(2008年) - 企画・演出・出演
  • 「ポルノグラフィティ 横浜・淡路ロマンスポルノ'08 ~10イヤーズ ギフト~」(2008年) - 前説企画・演出
  • 「ポルノグラフィティ 10th ライブサーキット“ロイヤル ストレート フラッシュ”」(2009年) - 前説企画・演出
  • 「阪本奨悟バースデーイベント」(2009年 - 2010年) - 演出・司会
  • ポルノグラフィティLIVEツアー「ラヴ・E・メール・フロム・1999」(2013年 - 2014年) - 企画・演出

出演[編集]

※さくら学院の「担任の先生」としての出演は一括した。

テレビ[編集]

映画[編集]

  • ハート・オブ・ザ・シー(2003年8月17日、デジタルシネマプロジェクト)

ラジオ[編集]

Web[編集]

  • 一緒に過ごそう!武藤彩未バレンタインデー ニコ生Special!!(2015年2月14日、ニコ生) - MC
  • 祝成人!みよまつハタチの特番(2017年1月9日、Youtube生放送) - MC
  • 佐藤さん家の日向ちゃん(2019年4月12日、ニコニコチャンネルクリエイトボイス) - ゲスト
  • Aiko Yamaide LIVE Diary -18th Birthday-(2020年12月1日、無観客オンライン有料配信ライブ)- ゲスト
  • 堀内まり菜 みんなでナノハナを咲かせようの会(2021年4月18日、Zoom)- MC
  • インターネットラジオステーション音泉「富田美憂前田佳織里の“調査のご依頼、お待ちしてます!”」(2021年3月15日、ニコニコ生放送)- ゲスト
  • ちゃおフェスLIVEオンライン (2020年9月27日) - 「ちゃおガール2020☆オーディション」MC
  • ちゃおフェスLIVEオンライン2021(2021年8月22日) - 総合MC

CM[編集]

  • 江崎グリコ パピコ 「リフレッシュしすぎママ チョココーヒー」30秒篇(2019年)
  • ECC ECCジュニア 「学校+α篇」(2020年)
  • 秀英予備校 静岡県 2020夏期講習CM(2020年)

イベント[編集]

  • ちゃおサマーフェスティバル「ちゃおガールオーディション」 - MC
  • 平岡祐太 10th Anniversary Event「HOME~感謝のキモチをこめて~」(2012年11月17日、CBGKシブゲキ!!)
  • 武藤彩未もうひとつの卒業式(2015年3月7日、豊島公会堂)- MC
  • ジャック・オー・ランド(2016年10月29日・30日、2017年10月21日・22日、横浜アリーナ) - MC
  • トークイベント「おしゃべり稽古4」(2018年10月16日、新宿永谷ホールfu)

さくら学院関連[編集]

イベント・ライブ[編集]

PV[編集]

  • さくら学院 「FRIENDS」(2011年11月23日)

テレビ[編集]

  • さくら学院SUN(2012年1月8日 - 3月25日、TOKYO MX)- ナレーション

Web配信番組[編集]

  • LoGiRL「さくら学院の放課後! 〜学んdeマンデー!〜」(2015年1月19日 - 2017年3月27日、テレ朝動画) - MC
  • さくら学院の顔笑れ!!FRESH!マンデー(2017年6月12日 - 2021年8月23日、FRESH!OPENREC.tv)- MC
  • さくら学院 10th Anniversary PTA総会(2020年11月13日 - 2021年7月31日、PIA LIVE STREAM

映像作品[編集]

書籍[編集]

ほか多数

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ お笑いコンテスト優勝者続々輩出 早稲田大学「WAGE」の実力 NEWSポストセブン 2014年9月23日
  2. ^ a b 所属アーティスト 森ハヤシ アミューズ公式サイト
  3. ^ 『さくら学院 堀内まり菜 飯田來麗 杉﨑寧々 佐藤日向 2014年3月 卒業』近代映画社、2014年4月20日。ISBN 978-4-7648-2398-3
  4. ^ “それぞれの“夢に向かって”出発!さくら学院、36人の思いを乗せたラストライブで11年4カ月の歴史に幕”. ナタリー (株式会社ナターシャ). (2021年8月30日). https://natalie.mu/music/news/442945 2021年9月1日閲覧。 
  5. ^ “ジュニアら「オモクリ」3監督の作品が国際短編映画際ノミネート!”. SANSPO.COM. (2015年5月10日). https://www.sanspo.com/article/20150510-ZYPSJJGDPNL5RARUCZMZFHJM6U/2/ 2015年5月10日閲覧。 
  6. ^ SSFF公式サイト. “アジア インターナショナル&ジャパン プログラム”. ショートショートフィルムフェスティバル. 2015年5月10日閲覧。
  7. ^ “HTB『チャンネルはそのまま!』民放連賞・最優秀賞の快挙”. ORICON NEWS. (2019年9月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2144755/full/ 2019年9月19日閲覧。 
  8. ^ “ドラマ「チャンネルはそのまま!」日本民間放送連盟賞で最優秀賞に、ソフトも発売”. 映画ナタリー. (2019年9月19日). https://natalie.mu/eiga/news/348178 2019年9月19日閲覧。 
  9. ^ “民放連賞グランプリに「チャンネルはそのまま!」”. 日刊スポーツ. (2019年11月6日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201911060000720.html 2020年4月19日閲覧。 
  10. ^ a b “「はたらく細胞BLACK」2021年1月TVアニメ化!赤血球役は榎木淳弥、白血球役に日笠陽子”. ナタリー. (2020年4月16日). https://natalie.mu/comic/news/375587 2020年4月19日閲覧。 
  11. ^ アーティストプロフィール 森ハヤシ オリコン公式サイト
  12. ^ “高山みなみ「名探偵はあなたたちです」ミステリーステージ「名探偵コナン」でアフレコ”. マイナビニュース. (2014年5月29日). http://news.mynavi.jp/news/2014/05/29/447/ 2014年7月1日閲覧。 
  13. ^ “劇プレ「ディペンデントデイ」開幕、株元英彰「いろんなことに初挑戦」”. ステージナタリー. (2018年8月2日). https://natalie.mu/stage/news/293773 2018年10月4日閲覧。 
  14. ^ “黒木メイサ成宮寛貴深田恭子北村一輝主演!”. とれたてフジテレビ. (2016年10月1日). http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2016/161001-i267.html 2016年10月3日閲覧。 
  15. ^ 世にも奇妙な物語 '17春の特別編 フジテレビ
  16. ^ “実写ドラマ&映画版『咲-Saki-』の咲役は浜辺美波、ビジュアルも公開”. CINRA.NET. (2016年10月27日). http://www.cinra.net/news/20161027-saki 2016年10月27日閲覧。 
  17. ^ “実写版「咲-Saki-」阿知賀編のキャストが解禁、全20名のビジュアル到着”. コミックナタリー. (2017年10月4日). https://natalie.mu/comic/news/251442 2017年10月4日閲覧。 
  18. ^ ザ・リアリティ・ショー~突然コマーシャルドラマ2~” (日本語). フジテレビ. 2019年4月21日閲覧。
  19. ^ “竜星涼の主演ドラマ「都立水商!」に恒松祐里、瀬戸利樹、伊藤萌々香、神尾楓珠ら”. 映画ナタリー. (2019年4月11日). https://natalie.mu/eiga/news/327398 2019年6月4日閲覧。 
  20. ^ “「カメ止め」濱津隆之がテレ東グルメドラマで主演、酒井若菜と山本耕史も参加”. 映画ナタリー. (2019年11月19日). https://natalie.mu/eiga/news/355955 2020年1月14日閲覧。 
  21. ^ “濱津隆之の「絶メシロード」が元日に帰ってくる、今度の旅は2泊3日”. 映画ナタリー. (2020年12月7日). https://natalie.mu/eiga/news/407735 2021年7月20日閲覧。 
  22. ^ "千葉雄大が二股オンラインデート!日本テレビ初リモートドラマ「ダブルブッキング」28日放送". スポーツ報知. 報知新聞社. 13 June 2020. 2020年6月13日閲覧
  23. ^ キューライス「悲熊」がNHK総合でドラマ化、ジャニーズWEST・重岡大毅が子熊に”. コミックナタリー (2020年12月9日). 2020年12月18日閲覧。
  24. ^ “7年目迎える「刑事7人」7月7日にシーズン7放送開始、専従捜査班がまさかの解散”. 映画ナタリー. (2021年6月14日). https://natalie.mu/eiga/news/432356 2021年7月20日閲覧。 
  25. ^ 「内村さまぁ~ず」が映画化!探偵事務所兼劇団のエンジェル社が舞台”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年3月16日). 2015年9月5日閲覧。
  26. ^ “「咲-Saki-」実写版で浜辺美波が主演、映画は2017年2月公開”. 映画ナタリー. (2016年10月27日). http://natalie.mu/eiga/news/207012 2016年10月27日閲覧。 
  27. ^ “実写『咲-Saki-』宮永咲役の浜辺美波が“宮永照”役に『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』出演へ”. SPICE. (2018年1月8日). https://spice.eplus.jp/articles/166507 2018年1月8日閲覧。 
  28. ^ “アキラ100%の初主演映画「達人 THE MASTER」2021年公開、ヒロインは安倍萌生”. 映画ナタリー. (2020年11月9日). https://natalie.mu/eiga/news/403929 2021年7月20日閲覧。 

外部リンク[編集]