ド・キ・ド・キ☆モーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ド・キ・ド・キ☆モーニング
BABYMETALシングル
初出アルバム『さくら学院 2010年度 〜message〜
BABYMETAL
放課後アンソロジー from さくら学院
INTRODUCING BABYMETAL』
リリース
規格 DVDデジタル・ダウンロード
ジャンル J-POPヘヴィメタル
レーベル 重音部RECORDS(TOY'S FACTORY
作詞・作曲 作詞:NAKAMETAL
作曲:のりぞー・村カワ基成
編曲:SOH(Oh! S-D)・村カワ基成
プロデュース KOBAMETAL
チャート最高順位
BABYMETAL シングル 年表
ド・キ・ド・キ☆モーニング
(2011年)
BABYMETAL×キバオブアキバ
(2012年)
テンプレートを表示

ド・キ・ド・キ☆モーニング」(ドキドキ モーニング)は、BABYMETALのDVDシングル[注 1]および配信シングル。2011年10月24日に重音部RECORDSから発売された。

概要[編集]

DVDシングルは、重音部 ver.とBABYMETAL ver.のタオルがそれぞれセットになった2形態での発売となり、2011年10月22日10月23日Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで開催されたさくら学院のワンマンライブ「さくら学院祭☆2011」の会場にて先行販売され、10月24日にアスマート・Amazon.co.jpタワーレコード オンライン・タワーレコード新宿店のみで数量限定で販売された[2]。元々は2011年4月27日に発売されたさくら学院のアルバム『さくら学院 2010年度 〜message〜』に収録されていた楽曲であり、DVDシングルとしてリカットされ[3]、配信シングルとしてもリリースされた。

音楽性[編集]

サウンドはモダン系で、全般的にダークな雰囲気の中、サビになると一転して「リンッリンッリンッ!おはようWake up」と歌う、アイドルらしいキャッチーで明るいメロディーへと自然に繋がっていく構成の楽曲となっている[4]

ミュージック・ビデオ[編集]

当楽曲のミュージック・ビデオは、田中紫紋が監督を務めており[5]YouTube上で2011年10月12日にトイズファクトリーオフィシャルチャンネルからエディットバージョン[6]が、2012年11月8日にBABYMETALオフィシャルチャンネルからフルバージョン[7]が公開された。なお、アメリカのメタル情報サイト『Metal Injection』の「2011年に話題になったメタル関連動画 Top15」では9位にランクインした[4]

ライブ・パフォーマンス[編集]

当楽曲は、2010年11月28日に横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホールで開催されたさくら学院の単独ライブ「さくら学院祭☆2010」で初披露された[8][9]。なお、さくら学院のメンバーもライブでカバーしており、2012年3月4日に日本橋三井ホールで開催された「さくら学院 2011年度 放課後アンソロジー 〜幕が開くまで教えません!〜」では、堀内まり菜三吉彩花松井愛莉[10]が、2013年12月8日にアミューズ・ミュージカルシアターで開催された「さくら学院 デビュー3周年記念LIVE 〜Towards Our Dream with You 〜」では、田口華・大賀咲希・山出愛子[11]がパフォーマンスを披露した。

収録内容(DVDシングル)[編集]

  1. 「ド・キ・ド・キ☆モーニング」Music Clip
  2. 「ド・キ・ド・キ☆モーニング」Air Metal Dance ver.

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 正式名称はDVD付きタオル。

出典[編集]

  1. ^ Billboard Japan Top Independent Albums and Singles│Charts│Billboard JAPAN (2011/11/07 付け)”. Billboard JAPAN. 株式会社阪神コンテンツリンク. 2015年2月6日閲覧。
  2. ^ 重音部 BABYMETAL リリース情報”. さくら学院 公式サイト 連絡板. 2015年8月5日閲覧。
  3. ^ “BABYMETAL、テビュー曲のミュージック・クリップとタオルがセットに”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード株式会社). (2011-10- 12). http://tower.jp/article/feature_item/2011/10/07/0701 2013年11月26日閲覧。 
  4. ^ a b “12〜13歳女の子の「ヘビメタアイドル」「さくら学院 BABYMETAL」に世界が大注目”. J-CASTニュース (株式会社ジェイ・キャスト). (2011年12月16日). http://www.j-cast.com/2011/12/16116731.html 2016年1月11日閲覧。 
  5. ^ 田中紫紋”. QREATORS. 株式会社QREATOR AGENT. 2015年8月5日閲覧。
  6. ^ BABYMETAL - ド・キ・ド・キ☆モーニング[ Doki Doki☆Morning ](Edit ver.)”. トイズファクトリーYouTube) (2011年10月12日). 2016年1月11日閲覧。
  7. ^ BABYMETAL - ド・キ・ド・キ☆モーニング - Doki Doki☆Morning (OFFICIAL)”. BABYMETAL(YouTube) (2012年11月8日). 2016年1月11日閲覧。
  8. ^ “さくら学院、初単独イベント<さくら学院祭☆2010>が大成功!”. CDJournal (株式会社音楽出版社). (2010年11月30日). http://www.cdjournal.com/main/news/sakura-gakuin/35386 2016年1月11日閲覧。 
  9. ^ 斉藤貴志 (2010年12月8日). “さくら学院『かけがえのない青春が炸裂した!! 1日限りの学院祭』”. ORICON STYLE. オリコン株式会社. 2016年1月11日閲覧。
  10. ^ 伊藤緑 (2012年4月4日). “さくら学院、3名が卒業、新たなるスタート”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). http://www.barks.jp/news/?id=1000078462 2016年1月11日閲覧。 
  11. ^ “さくら学院3周年ライブで卒業生・武藤彩未サプライズ登場”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2013年12月11日). http://natalie.mu/music/news/105493 2016年1月11日閲覧。 

外部リンク[編集]