ヒモメン〜ヒモ更生プログラム〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヒモメン〜ヒモ更生プログラム〜
ジャンル 青年漫画
漫画
作者 鴻池剛
出版社 KADOKAWAメディアファクトリー
掲載誌 月刊コミックフラッパー
発表号 2015年5月号 -
発表期間 2015年4月4日 -
巻数 既刊2巻(2018年7月27日現在)
テレビドラマ:ヒモメン
原作 鴻池剛
制作 テレビ朝日
放送局 テレビ朝日
放送期間 2018年7月28日 - -
話数
テンプレート - ノート

ヒモメン〜ヒモ更生プログラム〜』(ヒモメン ヒモこうせいプログラム)は、鴻池剛による日本漫画、またこれを原作としたテレビドラマ[1]

あらすじ[編集]

看護師のゆり子の彼氏・翔ちゃんがある日、実家を追い出されてゆり子の部屋に転がり込んできた。本来なら心躍る同棲のはずだが、ゆり子の気持ちはどこか憂鬱。翔ちゃんは全く働く意欲がなく、酒好きでギャンブル好きの甲斐性なしヒモ男だった。結婚を夢見るゆり子は「このままではいけない」と一念発起。翔ちゃんのヒモ体質改善生活を始める。

登場人物[編集]

碑文谷 翔(ひもんや しょう)
ゆり子の彼氏。年齢25歳。ゆり子の収入で生活をしているヒモ。定職なしで、アルバイトも長続きしない。酒やギャンブルが大好きで働くことが大嫌い。親に見限られて実家を追い出されたが、ゆり子の部屋に転がり込んでそのまま居ついてしまった。
春日 ゆり子(かすが ゆりこ)
病院勤務の看護師。甲斐性なしだが母性本能をくすぐる翔にベタ惚れしており、必要以上に怒れない。生活力皆無の翔をヒモ体質から働く男へと変身させて結婚することを夢見ている。
池目 亮介(いけめ りょうすけ)
ゆり子が勤める病院の医師。ゆり子に惚れている。

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

ヒモメン
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜日 23:15 - 翌0:05(50分)
放送期間 2018年7月28日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
演出 片山修
原作 鴻池剛『ヒモメン〜ヒモ更生プログラム〜』
脚本 森ハヤシ
プロデューサー 秋山貴人、河野美里
出演者 窪田正孝
川口春奈
勝地涼
ナレーター キートン山田
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 データ放送
エンディング 超特急「Jesus」
外部リンク 公式サイト

特記事項:
第3話は熱闘甲子園放送の為、23:45-0;35の放送
テンプレートを表示

ヒモメン』のタイトルで2018年7月28日からテレビ朝日系の『土曜ナイトドラマ』枠[2]にて放送。

キャスト[編集]

ゲスト[編集]

第1話
第2話
第3話

スタッフ[編集]

  • 原作 - 鴻池剛『ヒモメン〜ヒモ更生プログラム〜』(MFコミックス フラッパーシリーズ/KADOKAWA刊)
  • 脚本 - 森ハヤシ ほか
  • 音楽 - 井筒昭雄
  • 主題歌 - 超特急「Jesus」[4]
  • ゼネラルプロデューサー - 横地郁英(テレビ朝日)
  • プロデューサー - 秋山貴人(テレビ朝日)、河野美里(ホリプロ)
  • 演出 - 片山修(テレビ朝日) ほか
  • 制作協力 - ホリプロ
  • 制作著作 - テレビ朝日

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル[5] 脚本 監督
第1話 7月28日 無職のヒーロー!! 彼女を権力から救う!? 森ハヤシ 片山修
第2話 8月04日 黒い4人の女と修羅場!? パーティの奇跡
第3話 8月11日
テレビ朝日系列 土曜ナイトドラマ
前番組 番組名 次番組
おっさんずラブ
(2018年4月21日 - 6月2日)
ヒモメン
(2018年7月28日 - )
-

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 窪田正孝、ヒモ男に!川口春奈と新ドラマ「ヒモメン」で初共演<コメント全文>”. シネマトゥデイ (2018年6月1日). 2018年6月3日閲覧。
  2. ^ 通常編成時には毎週土曜日23時15分 - 翌0時05分。
  3. ^ a b c d e “窪田正孝×川口春奈のドラマ「ヒモメン」放送スタート日決定、岡田結実も出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年6月23日). https://natalie.mu/eiga/news/287947 2018年6月23日閲覧。 
  4. ^ “超特急、新曲はドラマ「ヒモメン」主題歌!春ツアー“Tシャツ破り”に込めた決意は”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年6月10日). https://natalie.mu/music/news/286033 2018年6月10日閲覧。 
  5. ^ 該当各日 『朝日新聞』 テレビ欄

外部リンク[編集]