江頭美智留

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

江頭 美智留(えがしら みちる、1962年10月11日[1] - )は、日本脚本家。女性。ドリームプラス株式会社所属。劇団クロックガールズ主宰。『ごくせん』、『1リットルの涙』などの作品がある。父親は、文芸評論家の松原新一

来歴[編集]

兵庫県神戸市生まれ、西宮市出身。西宮市立浜甲子園中学校、西宮市立西宮東高等学校出身。高校では演劇部に所属した。

高校卒業後、駅の売店の売り子、和文タイプの仕事などを経験。1982年、たまたま知ったという「読売ゴールデンシナリオ賞」(読売テレビ主催)に初めて受験戦争の愚かさを描いたサスペンス作品で応募し、同賞を受賞。1990年、火曜サスペンス劇場『人生相談殺人事件』にて脚本家デビュー。2008年9月3日、自らの劇団「クロックガールズ」を結成。2018年4月19日、宮元多聞と共に演劇ユニット「funfair」を結成。

脚本[編集]

劇団クロックガールズ[編集]

2008年、オリジナル脚本を発表する場を求めて旗揚げした。劇団名の由来はcroque(フランス語で「カリカリ」、コロッケの語源)girls(英語で女の子たち)[2]。2009年3月、劇団員募集のオーディションを行い、本格的に活動開始した。すべての脚本を江頭が担当している。公演ごとに、劇団員キャストとほぼ同数の客演やゲストを迎えている。

本公演[編集]

  1. 結婚の条件(2008年9月3日〜8日、スペース107)- 1400人を動員
  2. あり得ない!(2009年6月16日〜21日、渋谷ギャラリー・ルデコ/9月21・22日、心斎橋SoapOperaClassics)
  3. 死んでも言っちゃいけない、10のこと(2009年11月10日〜15日、シアターブラッツ)
  4. あり得ない!(再演)(2010年4月22日〜25日、APOCシアター)- テレビドラマ化記念
  5. トラブル万歳!(2010年7月16日〜25日、恵比寿エコー劇場)
  6. やっぱりカフェが好き(2010年10月11日〜12月11日、乃木坂コレドシアター)
  7. 金ない、愛ない、屋根はある(2011年6月7日〜12日、下北沢Geki 地下Liberty)
  8. ザッツ・オーディション(2011年11月1日〜6日、下北沢Geki 地下Liberty)
  9. 間違いだらけのスポーツクラブ(2013年4月25日〜28日、道頓堀ZAZA/6月5日〜10日、サンモールスタジオ)- 道頓堀400年祭記念公演
  10. LINK(2013年10月29日〜11月3日、新宿バティオス)
  11. 鈴木さんチ(2015年3月3日〜8日、中野 劇場MOMO)
  12. スタッフ・ロール(2015年12月15日〜20日、中野 劇場MOMO)
  13. コメディカルナイト(2016年6月8日〜12日、新宿シアターモリエール)
  14. コメディカルナイト(2017年3月2日〜6日、新宿シアターモリエール)
  15. 結婚の条件(2017)(2017年9月13日〜18日、新宿シアターモリエール)-  鈴木砂羽主演・演出(本作品が初の舞台演出)

番外公演[編集]

  1. 正しいホシの見つけ方(2012年6月28日〜7月1日、新宿御苑前レストランパペラ)
  2. 大安不吉日(2012年11月22日〜25日、レストランパペラ)
  3. 大安不吉日2(2015年9月19日〜21日、レストランパペラ)- レストランシリーズ第三弾
  4. ウソかマコトか!?(2016年4月2・3日、絵空箱)

その他[編集]

  • 江頭美智留傑作選 トラブルレストラン(2014年5月3・4日、あべのハルカス 近鉄アート館)- 同館オープニング公演
  • あの日僕らが見た明日(2015年5月8日〜1日、あべのハルカス 近鉄アート館)- 劇団SOLA&劇団クロックガールズコラボ公演
  • 赤と黒のオセロ(2017年5月25日〜28日、新宿ゴールデン街劇場)- 阿部みさと&高橋乱 一人芝居 

脚注[編集]

  1. ^ 「新訂 現代日本女性人名録」
  2. ^ クロックガールズとは。 - クロックガールズ オフィシャル

外部リンク[編集]