電池が切れるまで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
電池が切れるまで
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2004年4月22日 - 6月24日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
演出 藤田明二共同テレビ
唐木希浩(5年D組
常廣丈太(テレビ朝日)
脚本 江頭美智留
遠藤彩見
プロデューサー 川島保男(テレビ朝日)
中込卓也(テレビ朝日)
椿宜和(角川映画
藤本一彦(角川映画)
出演者 財前直見
原沙知絵
要潤
吉岡美穂
オープニング 平川地一丁目「君の分まで」
エンディング 星村麻衣ひまわり
テンプレートを表示

電池が切れるまで』(でんちがきれるまで)は、2004年4月22日から6月24日まで毎週木曜日21:00 - 21:54に、テレビ朝日系の「木曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は財前直見

概要[編集]

この物語の原作の宮越由貴奈は5歳のときに発症した神経芽細胞腫と5年半にも及ぶ闘病生活の末、11歳という短い生涯を終えた少女。彼女の亡くなる4ヶ月前に書いた「命」という詩をベースにした「電池が切れるまで -子ども病院からのメッセージ-」(角川書店)をもとにしている。

ストーリー[編集]

重病を抱えた11歳の少女が残した詩をもとにした物語。

長野県安曇野にある小児専門病院に設置された院内学級を舞台に病気と闘う子供達と教師、看護師医師達の人間関係を描いていく。

キャスト[編集]

主人公[編集]

川田さとり(かわだ - )
演 - 財前直見
院内学級の教師。活発な性格で趣味は登山とマウンテンバイク。病と闘い生きる子供たちに衝撃を受ける。

院内学級の関係職員[編集]

水島若葉(みずしま わかば)
演 - 原沙知絵
看護師でさとりの教え子。病院内でさとりが心許せる数少ない相談相手となる。
間宮京太郎(まみや きょうたろう)
演 - 要潤
院内学級の教師。授業以外で生徒と関わらないのが信条。前の小学校で問題を起こした。
本条麻衣子(ほんじょう まいこ)
演 - 吉岡美穂
ボランティアの女子大生で院内学級を手伝う。昔、白血病だったが末永に救われた。
柏木耕太(かしわぎ こうた)
演 - デビット伊東
柳医師(やなぎいし)
演 - 松井紀美江
相馬収治(あいば しゅうじ)
演 - 大杉漣
日向昌子(ひゅうが まさこ)
演 - 野際陽子
さとりの恩師で院内学級の設立に尽力した。さとりを陰ながら支える。
末永誠一(すえなが せいいち)
演 - 陣内孝則
腕が良く、患児や家族の心のケアまで考える名医。院内学級の必要性には異議を唱える。

院内学級の生徒[編集]

院内学級の生徒の親族・関係者[編集]

その他[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 視聴率
第1話 2004年4月22日 『命』の詩…11歳の少女が遺した真実の物語 8.3%
第2話 2004年4月29日 さよなら結花ちゃん 最後の約束 8.1%
第3話 2004年5月06日 小児病棟の恋・・・・私生きる! 8.8%
第4話 2004年5月13日 ボクは生きるから!車椅子の少年の涙… 7.1%
第5話 2004年5月20日 退院おめでとう…涙でにじむ少年の笑顔 8.2%
第6話 2004年5月27日 また会える日まで!小児病棟涙の別れ… 8.0%
第7話 2004年6月03日 母さん僕がんばる!車椅子少年の熱い涙 7.3%
第8話 2004年6月10日 もうママに会えない…小児病棟の別れ 7.7%
第9話 2004年6月17日 もっと生きたかった…今夜、涙の最終章 9.6%
最終話 2004年6月24日 今夜、涙の最終回…“命”をありがとう 8.8%
平均視聴率 8.2%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

撮影協力[編集]

その他[編集]

関連書籍[編集]

  • すずらんの会 「電池が切れるまで 子ども病院からのメッセージ」(角川書店) 書籍情報:ISBN 4-048837-90-7
  • 宮本雅史 「『電池が切れるまで』の仲間たち 子ども病院物語」(角川書店) 書籍情報:ISBN 4-048838-56-3

外部リンク[編集]

テレビ朝日 木曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
エースをねらえ!
(2004.1.15 - 2004.3.11)
電池が切れるまで
(2004.4.22 - 2004.6.24)
南くんの恋人(2004年版)
(2004.7.8 - 2004.9.16)