モメる門には福きたる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モメる門には福きたる
ジャンル テレビドラマ
放送時間 平日 13:30 - 14:00(30分)
放送期間 2013年1月7日 - 3月29日(60回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 東海テレビ
テレパック
企画 中島資太(東海テレビ)
演出 杉村六郎
村田忍 ほか
脚本 江頭美智留
真野勝成
龍田力
熊谷背籠
青木江梨花
プロデューサー 市野直親(東海テレビ)
沼田通嗣(テレパック)
東田陽介(テレパック)
出演者 白石美帆
中村玉緒 ほか
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 連動データ放送
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

モメる門には福きたる』(モメるかどにはふくきたる)は、2013年1月7日から同年3月29日まで東海テレビ制作によるフジテレビ系列昼ドラ枠にて放送されていた日本テレビドラマ。略称「モメ福[1]

概要[編集]

司法修習生の女性が、研修先の法律事務所で女性所長や仲間達と共に、様々な揉め事に向き合っていく中で、成長していく姿を描く。

白石美帆は本作が連続ドラマ初主演で昼ドラ初出演[2]中村玉緒は『がしんたれ』(1979年10月期)以来34年ぶりの東海テレビ制作の昼ドラ出演となる[3]

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

S&K法律事務所[編集]

司法修習生[編集]

椎名 夏希(32) - 白石美帆
司法修習生。本作の主人公。裁判官志望。元教師。いじめの損害賠償裁判がきっかけで「あたしなら、あんな判決を下さない!」と、心機一転、教師を辞めて司法試験を受験。裁判官を目指してS&K法律事務所で司法修習を受けている。修習前日にある出来事が原因で酔った勢いで、まだ司法修習の指導弁護士だったと知らなかった久保田と一夜を共にしたために、男性を入れてはならないというマンションを追い出され、香苗の家で暮らし始める。一人暮らしの母を老人ホームに預けたことが、「自分は母を棄てた冷たい人間なのでは」と、彼女の負い目になっている。また、桂木が言うには、夏希の母の春江は桂木とともにS&K法律事務所を開いた(24話)。伊豆の小野寺 結衣の実家の財産などの問題を解決した後に久保田 優作にプロポーズされ結婚。さらに桂木 さくらが優作の親という事がわかる。久保田と入籍した後はさくらが出す試練を次々に乗り越えてゆく。
高島 香苗(29) - 山田キヌヲ
司法修習生。検事志望。結婚して子供もいたが、検事になるために夫と子供を棄てた。家族と自分の夢を天秤にかけたことで、「自分は欠陥のある人間なんじゃないか」と、自己嫌悪に苛まれている。夏希と年齢が近いため(3歳差)、夏希のよい相談相手になっている。マンションを追い出された夏希を自宅に迎え入れ、その後、貞九朗、結衣も香苗の家に住むようになり、4人でルームシェアを始める。
小野寺 結衣(24) - 草刈麻有
司法修習生。検事志望。実家は伊豆下田で民宿を営んでいる。また、結衣の父親は日本舞踊の家元(第6週)。ホステスをしていた時に出会った東京地検の中垣内検事という検事に憧れ、法律家を目指して実家を飛び出した。次第に検事への憧れが恋愛関係へと発展し、妻子ある検事と不倫関係になってしまう(このことを告白したのは19話)。 しかし彼女自身は後ろめたい気持ちはなく、「私の人生なんだから、とやかく言われる筋合いは無い」と強気で正々堂々と生きている。また、学費などのためにキャバクラで働いたことがあり、男の扱いには慣れている。
土屋 貞九朗(27) - 森廉
司法修習生。裁判官志望。代々裁判官を輩出している名門一家の出身だが、成績は悪く、一族の落ちこぼれ、と陰口されてきた。口癖は「すみません」で、自分は法曹には向かないんじゃないかと思っている。根が真面目で素直なため、思い込んだら周りが目に入らなくなる性格。人生に悩む仲間たちの力になりたいと奮闘するが、いつも空回りしてしまう。料理が得意。
杉浦 浩平(25) - 夕輝壽太
司法修習生。検事志望。幼いころから神童とよばれ、司法試験もストレートで合格。挫折を知らない秀才だが、初めてできた彼女との初体験で負った心の傷が原因で未だ童貞。自分のブランドが傷つくことを極端に恐れ、無意識に他者との衝突を避けている。そのため、親密な関係を築くことが苦手で、「それは僕の問題じゃない」と人のことには深入りしない。

事務員[編集]

大山 みどり(47) - 服部真湖
所長秘書兼事務員。事務所一番の古株職員。事務所のナンバー2として、さくらから絶大な信頼を置かれている。さくらの威光を笠に着て、「そんなんじゃ良い成績もらえないわよ!」と修習生たちに厳しくあたるが、それはたくましい法曹人として彼らを育てるためのポーズである。しかし、その思いが修習生たちに伝わることは少ない。
北村 瞳 - 穂花 / 樋口 弥生 - 斎藤ナツ子 / 東田 久美 - 高橋あゆみ / 矢沢 誠 - 坂本七秋
事務員。

その他のS&K関係者[編集]

草川 一夫 - 伊東孝明
調査部主任。
久保田 優作(40) - 山口馬木也
修習生たちの指導弁護士。弁護修習前日に酔った夏希と一夜を共にする。企業法務部のエースだったが、法律家としての大切な何かが欠けていると考えたさくらが、働きながらそれに気づいて成長してほしいと一般民事部に異動させた。民事部に異動させられたことを快くは思っておらず、勤務態度が不真面目に映ることもある。「モメればモメるほど人生は面白い」と公言し、難しい案件ほど燃えるタイプ。損得勘定抜きで仕事を持ち込むさくらと似ているが、実の親子でもあり、普段は距離を取っている。伊豆の小野寺 結衣の実家の財産などの問題を解決した後に夏希にプロポーズし結婚。単身インドネシアに渡る。
神谷 健一(43) - 湯江健幸
一般民事部。修習生たちの指導弁護士。民事部のエース的存在。「この事務所の次期代表は俺だ」と思っていたのに、久保田が現れたことで自分の地位に危機感を抱いている。そのため、揉め事があるたびに久保田へ食ってかかる。しかし、実は意外に正義感は強い。優秀な弁護士だが、揉め事を嫌い依頼者をたびたび怒らせている。また、有名料亭の息子であり、夏希たちに腕をふるう。最終話では大山と結ばれた。
桂木 さくら(70) - 中村玉緒
S&K法律事務所の所長。本作のもう一人の主人公。夏希たちの修習先の法律事務所を経営する弁護士。「モメゴトは人を幸せにする」が座右の銘。利益度外観で、モメゴトの弁護を引き受けて来ることもしばしば。かつて「あたしたちは六法全書と結婚する」と誓い合い、一緒に法律事務所を設立した女性がいた。その女性が夏希の母・春江であることはまだ誰も知らない。「もめごとは幸せを呼ぶ福の神」という紙を持った人形(モメ福様)を拝み、揉め事が解決すると、依頼者に暗唱させている。久保田 優作は実の息子。

バー SAFARI[編集]

藤島 車輪(46) - 本村健太郎
SAFARIのマスター。また本作の法律監修に携わっている。
藤島 クミ - 森口彩乃 / 藤島 ルミ - さくま心央 / 藤島 マミ - 音河亜里奈
車輪の娘たち。店を手伝いながら、ダンスを披露する。クミが長女[4]、ルミが次女[5]、マミが三女[5]

揉め事の対象者[編集]

染谷 - 小柳友貴美
夏希が住んでいたマンションの大家。夏希の部屋から久保田が出てくるのを目撃し、男子禁制だと夏希を追い出す。しかし住民が捨てたゴミ袋の中身を勝手にチェックしたため、久保田からプライバシー侵害だと言いがかりをつけられた上、住民からも訴えると言われてトラブルになっていたが、改めて住民と話し合うことにする。
横井 幸 - 西山繭子
海外で活躍する天才バイオリニスト。13歳の時にドイツで行われた権威あるコンクールで優勝してデビューを果たし、ニューヨークを拠点に活動している。父・正行[6]の死により銀行口座が凍結。凍結された口座は“父との絆”の象徴だと考えて名義変更を行わず、デビューした時から幸の収入はすべて父の銀行口座に振り込まれていた。しかし、父の死を知った守が法定相続分を越える遺産の相続を主張してきたため、1週間後の海外公演が始まるまでに凍結を解除して口座を使えるようにしてほしいと依頼する。
横井 良子 - 宮田早苗
幸の母親。正行の妻。
沖立 守 - 大浜直樹
菊子の息子。幸の義理の兄。夏希たちには無職だと語っていたが、実際はIT企業のオーナーで100億の資産がある。大学受験前に菊子から実の父親が正行だということを聞かされる。知人から正行の死を知らされ、法定相続分を越える遺産の相続を主張する。
沖立 菊子 - 芦沢孝子
守の母親。正行の前妻。
沖立 春花 - ひがし由貴
守の妻。入院している。
山﨑 美春 - 吉井怜
離婚調停を久保田に依頼していたが、互いの思い違いに気づいて夫とよりを戻そうとしたが、双方の両親が対立してしまう。両親へ久保田に説明してもらおうとするが、揉め事を嫌い個人的なことだからと断られる。

その他の登場人物[編集]

椎名 春江(69) - 星由里子
夏希の母親。彼女を女手ひとつで育ててきた。かつて、女性が働くのが珍しかった時代に、第一線で活躍していたが、現在は老人ホームで過ごしている。
椎名万次郎‐中西良太
夏希の叔父。恋の伊豆編では土地の買収問題を起こしたり、最終話では世界に3つしかなくて、持つと必ず願いがかなうと謳ったブレスレットをS&K法律事務所の事務員やSAFARIの人たち、そして神谷、大山たちにも売ったりと何かと問題を起こしている。そのたびに夏希に責められている。「心を入れ替えたから」と言っていながら、あまり反省の態度は見られない。
市川 正道 - 伊東四朗(特別出演)
弁護士会の重鎮。さくらとは同年代のやり手弁護士。S&K法律事務所にやってきたとき、司法修習生の夏希にやりこめられ、夏希に興味を持つように。実はさくらとは浅からぬ縁があり、何かとさくらの所を訪ねてくる。夏希に期待を抱いている。

スタッフ[編集]

  • 企画:中島資太(東海テレビ)
  • 脚本:江頭美智留、真野勝成、龍田力、熊谷背籠、青木江梨花
  • プロデューサー:市野直親(東海テレビ)、沼田通嗣・東田陽介(テレパック)
  • 音楽:富貴晴美
  • 法律監修:本村健太郎(東京赤坂法律事務所)
  • 医療監修:冨名腰文人
  • 日本舞踊監修:服部真湖
  • 撮影協力:汐留ビルディング下田市、下田市観光協会
  • エキストラ:下田市のみなさん
  • 広報:渡辺秀彦(東海テレビ)、山本章子(東海テレビ)
  • 演出:杉村六郎、村田忍 ほか
  • 制作著作:テレパック
  • 制作:東海テレビ

主題歌[編集]

サブタイトル[編集]

備考[編集]

  • 第4話では、本作と同じ東海テレビ制作のバラエティ番組バナナマンのブログ刑事』(2012年9月放送終了)のDVD-BOX(Vol.9&Vol.10)のポスターを掲示したパネルを作業員がエレベーターで運搬するシーンがあった(第4話のスタッフロールにも「劇中ポスター 『バナナマンのブログ』DVD」とクレジットあり)。
  • 今作品ではNHKの連続テレビ小説のような放送日・週単位でのサブタイトルはついていないが、第26話から第30話(第6週)は小野寺が帰郷した伊豆半島が物語の舞台となり、そこで夏希と優作の距離が一層近づくことからサブタイトルに「恋の伊豆編」とつけられている[8]。第8週(第40話)以降は夏希と優作が恋愛関係を持ち結婚を目指すが、優作の母親がさくらであることにより波乱に満ちた物語が描かれることから、サブタイトルに「嵐の嫁姑編」が追加されている。

脚注[編集]

  1. ^ Twitterの昼ドラ公式アカウントからのツイートで「(略称モメ福)」の記述がある(昼ドラ モメる門には福きたる 幸せの時間 2012年12月17日 - 18:38)。
  2. ^ 帯ドラマとしては『どんど晴れ』(2007年度前期NHK総合テレビジョン連続テレビ小説)の出演がある
  3. ^ ORICON STYLE (2012年11月20日). “白石美帆、昼ドラでドラマ初主演 中村玉緒と法律ドラマに挑戦”. 2012年11月20日閲覧。
  4. ^ 森口彩乃Blog (2012年11月25日). “ダンス♪と告知★”. 2013年1月8日閲覧。
  5. ^ a b 森口彩乃Blog (2012年12月10日). “三姉妹”. 2013年1月8日閲覧。
  6. ^ 公式サイト内・今回のモメポイントでは「行」。「Case1 遺産相続問題」を参照のこと。
  7. ^ BARKS (2012年12月5日). “シェネル「サンシャイン・オン・ユー」、全国ネット昼ドラ主題歌に”. 2012年12月6日閲覧。
  8. ^ 2/11(月・祝)から『恋の伊豆編』スタート!!

外部リンク[編集]

東海テレビ制作 昼ドラ
前番組 番組名 次番組
幸せの時間
(2012.11.5 - 2012.12.28)
モメる門には福きたる
※当作品まで13:30 - 14:00
(2013.1.7 - 2013.3.29)
白衣のなみだ
※13:30 - 13:58
(2013.4.1 - 2013.6.28)
東海テレビ制作・フジテレビ系列 平日13:58 - 14:00枠
幸せの時間
※13:30 - 14:00
(2012.11.5 - 2012.12.28)
モメる門には福きたる
(2013.1.7 - 2013.3.29)
アゲるテレビ・第1部
※13:58 - 14:58