華の誓い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

華の誓い』(はなのちかい)は、東海テレビ制作・フジテレビ系列で、1991年7月1日10月4日に放送された昼ドラマである。

華の嵐華の別れと続いた「華三部作」の最終作でもある。

概要[編集]

青森で父・母を亡くし、貧乏な中で幼い弟妹の面倒を見ざるを得なくなった18歳の少女・雪子は、川崎遊郭の息子で実家から家出してきた陸男と出会う。雪子は陸男の実家である川崎の遊郭「三角座」に身を売るが、やがて売春防止法が施行され、赤線は廃止。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • 『華の誓い』奥慶一 (オーボエ演奏:宮本文昭
東海テレビ制作 昼ドラマ
前番組 番組名 次番組
おんなの砦
(1991.4.1 - 1991.6.28)
華の誓い
(1991.7.1 - 1991.10.4)
まさか、私が
(1991.10.7 - 1991.12.27)