新金色夜叉 百年の恋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新金色夜叉 百年の恋』(しんこんじきやしゃ ひゃくねんのこい)は、1990年10月1日から同年12月28日まで、フジテレビ系列で放送された東宝東海テレビ共同制作の昼ドラマである。

概要[編集]

未完となった尾崎紅葉の著作、『金色夜叉』の主人公たちのその後を描いた作品。

キャスト[編集]

早くに両親を無くし、父の恩人・鴫沢隆三に引き取られる。 鴫沢の娘である宮とは兄弟同然に育ち、思いを寄せる。 宮が資産家の富山と結婚したため、高利貸しの鰐淵の元で働くようになる。 やがて富山に復讐し、借金まみれになった富山が失踪すると、その借金をかわりに肩代わりし、宮の窮状を救う。


貫一と恋仲だったが、家のために御曹司の富山唯継の元に嫁ぐものの、結婚生活は破綻。 かつての恋人・貫一への思いが再燃する。 夫が失踪した後はカフェの女給として働きに出る。


宮の父。


富豪の御曹司で宮の夫。 借金を重ねて、家を抵当にいれ、女と駆け落ちし失踪。


高利貸し。貫一を家に住まわせ、事業を任せる。 富山の借金の相手。 借金を盾に、宮を自分のものにしようとする。


唯継の母。宮の姑。一筋縄ではいかな性格。 唯継失踪後、宮の元に転がり込む。


貫一に惚れている。


スタッフ[編集]

主題歌[編集]


東海テレビ制作 昼ドラマ
前番組 番組名 次番組
ラストダンス
(1990.7.2 - 1990.9.28)
新金色夜叉 百年の恋
(1990.10.1 - 1990.12.28)
雪の蛍
(1991.1.7 - 1991.3.29)