金色夜叉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尾崎紅葉

金色夜叉(こんじきやしゃ)は、尾崎紅葉が書いた明治時代の代表的な小説読売新聞1897年明治30年)1月1日 - 1902年明治35年)5月11日まで連載された。前編、中編、後編、続金色夜叉、続続金色夜叉、新続金色夜叉の6編からなっている。執筆中に作者が死亡したため未完成である。紅葉門下の小栗風葉が1909年(明治42年)に「終編金色夜叉」を書き継いだ[1]昭和に入って、度々、映画、ドラマ化されるようになった。

この作品の種本は、バーサ・M・クレー(Bertha M.Clay)、本名en:Charlotte Mary Brame(1836-1884) の『Weaker than a Woman[2](女より弱きもの)』であることが分かっている(後述)。

あらすじ[編集]

高等中学校の学生の間貫一(はざま かんいち)の許婚であるお宮(鴫沢宮、しぎさわ みや)は、結婚を間近にして、富豪の富山唯継のところへ嫁ぐ。それに激怒した貫一は、熱海で宮を問い詰めるが、宮は本心を明かさない。貫一は宮を蹴り飛ばし、復讐のために、高利貸しになる。一方、お宮も幸せに暮らせずにいた。

お宮を貫一が蹴り飛ばす、熱海での場面(前編 第8章)[3]は有名である。寛一のセリフとして「来年の今月今夜のこの月を僕の涙で曇らせてみせる」が広く知られているが、これは舞台・映画でのもっとも簡略化したセリフに基づいたものであり、原著では次のように記述されている。

「吁(ああ)、宮(みい)さんかうして二人が一処に居るのも今夜ぎりだ。お前が僕の介抱をしてくれるのも今夜ぎり、僕がお前に物を言ふのも今夜ぎりだよ。一月の十七日、宮さん、善く覚えてお置き。来年の今月今夜は、貫一は何処(どこ)でこの月を見るのだか! 再来年(さらいねん)の今月今夜……十年後(のち)の今月今夜……一生を通して僕は今月今夜を忘れん、忘れるものか、死んでも僕は忘れんよ! 可いか、宮さん、一月の十七日だ。来年の今月今夜になつたならば、僕の涙で必ず月は曇らして見せるから、月が……月が……月が……曇つたらば、宮さん、貫一は何処かでお前を恨んで、今夜のやうに泣いてゐると思つてくれ」[4]

モデル[編集]

文芸評論家北嶋廣敏によれば、主人公・間貫一のモデルは児童文学者の巖谷小波である。彼には芝の高級料亭で働いていた須磨という恋人がいた。が、小波が京都の新聞社に2年間赴任している間に、博文館の大橋新太郎(富山唯継のモデル)に横取りされてしまった。小波は別に結婚する気もなかったのでたいして気にも留めていなかったというが、友人の紅葉が怒って料亭に乗り込み須磨を足蹴にした。熱海の海岸のシーンはそれがヒントになったという。須磨(須磨子)は、ある旅館の若主人が東京放浪中に生ませた娘であったが、舞踊にも秀でた美人で、大橋と結婚後は8人の子を生み、五女の豊子は金子堅太郎の息子・武麿に嫁いだ[5][6]

1980年代になって、硯友社文学全体の再評価の中で、典拠や構想についての研究が進み、アメリカの小説にヒントを得て構想されたものであるという説が有力になり、2000年7月、堀啓子北里大学講師が、ミネソタ大学の図書館に所蔵されているバーサ・M・クレー (Bertha M.Clay)、本名en:Charlotte Mary Brameの 『Weaker than a Woman(女より弱きもの)』が種本であることを解明した[7][8][9][10][11]。初出は、イギリスのen:Family Herald紙に、1878年8月17日から同年11月23日まで連載されたものである[12]。(下記外部リンク参照)

作品評価・解説[編集]

未完のまま作者が亡くなったため、作品の全体像が掴めないという難点はあるが、雅俗折衷文体は当時から華麗なものとして賞賛された。だが、自然主義文学の口語文小説が一般化すると、その美文がかえって古めかしいものと思われ、ストーリーの展開の通俗性が強調され、真剣に検討されることは少なくなった。

1940年頃に企画された中央公論社版の『尾崎紅葉全集』の編集過程で、創作メモが発見され、貫一が高利貸しによって貯めた金を義のために使い切ること、宮が富山に嫁いだのには、意図があってのことだったという構想の一端が明らかにされた。しかし、戦渦の中でこの全集が未完に終わったこともあって、再評価というほどにはならなかった(この件に関しては勝本清一郎『近代文学ノート』(みすず書房)に詳しい)。

三島由紀夫は、金色夜叉の名文として知られる、「車は馳せ、景は移り、境は転じ、客は改まれど、貫一は易らざる其の悒鬱を抱きて、遣る方無き五時間の独に倦み憊れつゝ、始て西那須野の駅に下車せり」を挙げ、この名文が浄瑠璃の道行の部分であり、道行という伝統的技法に寄せた日本文学の心象表現の微妙さ・時間性・流動性が活きている部分だと解説し、「『金色夜叉』は、当時としては大胆な実験小説であつたが、その実験の部分よりも伝統的な部分で今日なほ新鮮なのである」[13]と述べている。また小説の主題である金権主義と恋愛の関係については、「金権主義が社会主義的税制のおかげで一応穏便にカバーされてゐる現代は、その実、『金色夜叉』の時代よりもさらに奥深い金権主義の時代なのであるが、これに対する抗議が今ほど聞かれない時代もめづらしい。といふのは、現代では、金権主義に対抗する恋愛の原理が涸渇してゐるからであり、『金色夜叉』において、金に明瞭に対比させられてゐる恋愛の主題には、実はそれ以上のものが秘められてゐたのである」[13]と述べている。

文学碑[編集]

熱海サンビーチにある貫一お宮の像
「貫一・お宮」の看板(右)。熱海駅前、平和通り名店街

映画版[編集]

テレビドラマ版[編集]

舞台版[編集]

歌曲[編集]

『金色夜叉』1918年(大正7年)、後藤紫雲・宮島郁芳という2人の演歌師によって作られた。

ロックバンド・UNICORNの楽曲「大迷惑」の歌詞に「カンイチ」「オミヤ」が出てくる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1] 小栗風葉、「終編 金色夜叉」の全文、1909年(明治42年)4月20日初版、1920年(大正9年)6月15日縮刷25版発行、新潮社
  2. ^ WEAKER THAN A WOMAN Hardcover – January 1, 1904
  3. ^ 原作では、お宮を足蹴にしたとき貫一が何を履いていたのかは特に書かれていない。が、同日の昼間には靴を履いている。なお、原作初版の挿絵では革靴が、熱海にある貫一・お宮の像(館野弘青 作)では下駄が描かれている。
  4. ^ 『金色夜叉』:新字旧仮名 前編、第8章(青空文庫
  5. ^ 『明治美人伝』長谷川時雨
  6. ^ 『現代華族譜要』 維新史料編纂会編、日本史籍協会、1929
  7. ^ 堀 啓子、「金色夜叉」の藍本--Bertha M.Clayをめぐって、「文学」、2000年11-12月号、pp.188-201、岩波書店、ISSN 0389-4029
  8. ^ CHARLOTTE M. BRAME(1836-1884) Towards a Primary Bibliography p.12 下から6行目
  9. ^ [2] 酒井美紀、尾崎紅葉と翻案: その方法から読み解く「近代」の具現と限界、p.35,42、2010年5月、花書院、ISBN 978-4903554686
  10. ^ [3] Weaker than a Woman, by Bertha M. Clay(Brame, Charlotte M., 1836-1884.), Chicago : Donohue Brothers, 272 p.
  11. ^ 女より弱き者、バーサ・M. クレー(Bertha M. Clay) (著), 堀 啓子 (翻訳)、南雲堂フェニックス (November 1, 2002)、503 pages、ISBN 978-4888962957
  12. ^ CHARLOTTE M. BRAME(1836-1884) Towards a Primary Bibliography p.31 No.195
  13. ^ a b 三島由紀夫「解説」(『日本の文学4 尾崎紅葉泉鏡花』)(中央公論社、1969年)。三島由紀夫『作家論』(中公文庫、1974年)に所収。

外部リンク[編集]