フジテレビ平日昼1時45分枠の連続ドラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フジテレビ平日昼1時45分枠の連続ドラマ(フジテレビへいじつひるいちじよんじゅうごふんわくのれんぞくドラマ)は、1967年4月から1976年3月までフジテレビ系列の平日13:45 - 14:00(JST)に放送された昼ドラの放送枠である。

概要[編集]

それまでフジテレビの平日13:45枠は、主に芸能ニュース(稀に『サンケイテレニュース』)を放送していたが、1964年10月に開始した13:00枠の『ライオン奥様劇場』と、これより前の同年5月に開始した13:30枠の『東海テレビ制作昼の帯ドラマ』(当時は15分枠。以降『THK帯ドラマ』と表記)が人気を上げてきたため、その視聴者をスライドすべく、直前まで12:00 - 12:15枠で放送された昼ドラを移動するかたちで、第3の13時枠の昼ドラ枠を誕生させた。ローテーションは概ね1年4作だった。

放送は1976年3月まで9年続くが、『THK帯ドラマ』の拡大に伴い廃枠となった。本数は全37本だった。

放送作品一覧[編集]

1967年[編集]

1968年[編集]

1969年[編集]

1970年[編集]

1971年[編集]

1972年[編集]

1973年[編集]

1974年[編集]

1975年[編集]

その後のフジテレビ昼ドラ[編集]

  • 本シリーズ終了後は前述の通り『THK帯ドラマ』を15分拡大、これによりフジ平日13時枠は『ライオン奥様劇場』と『THK帯ドラマ』の2体制となる。
  • その後1977年4月に、平日12:30 - 13:00枠に『お昼のテレビ小説』を設置し、1年振りの昼ドラ3体制となるが、『お昼のテレビ小説』は1980年3月で廃枠となり、再び13時枠の2体制となった。
  • その後『ライオン奥様劇場』は、『ライオン午後のサスペンス』→『ライオン劇場』と変わりながらも続けていたが、1984年9月をもって廃枠となり、帯バラエティ『ライオンのいただきます』(→『ライオンのごきげんよう』)に代わったため、以後フジ平日13時の昼ドラは『THK帯ドラマ』のみとなった。しかし2016年春の改編で『THK帯ドラマ』は『ごきげんよう』と共に廃枠となり、遂にフジテレビはおろか、在京民放から帯ドラマが全廃となった。しかし1年後の2017年4月よりテレビ朝日系列の月 - 金曜日12:30 - 12:50に『帯ドラマ劇場』を開始、1年振りに在京民放で昼ドラが再開された。
  • なお帯ドラマとしては、1990年10月 - 1993年12月に、午前10時台(ローカルセールス枠であるため、関西テレビ放送など一部時差放送)に、「妻たちの劇場」が放送され、午前・午後1ずつの2枠体制が復活した時代があったが、廃止され、1994年1月度からは元のTHK1枠のみとなった。

出典[編集]

  • 「タイムテーブルからみたフジテレビ50年史」(フジテレビ編成局ほか) 31頁〜71頁 2009年

関連項目[編集]

フジテレビ 平日13:45 - 14:00枠
前番組 番組名 次番組
サンケイテレニュース
(13:45 - 13:55)
※12:45に移動
芸能ハイライト
(13:55 - 14:00)
フジテレビ
平日昼1時45分枠の連続ドラマ
東海テレビ制作昼の帯ドラマ
(13:30 - 14:00)
※15分拡大して継続、
最初は『三日月物語