日曜恐怖シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日曜恐怖シリーズ』(にちようきょうふシリーズ)は、1978年から1979年まで関西テレビ大映映画により制作され、フジテレビ系で放送されていた1話完結のホラードラマシリーズである。放送時間は毎週日曜日21:00-21:54。ただし、西郷輝彦主演のドラマ『刑事鉄平』などによる中断時期を含む。

主なサブタイトル[編集]

1978年放送分[編集]

(8月6日から9月24日の7回分)

放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 出演者
1 1978年
8月6日
すすり泣く湖 山浦弘靖 山口崇五十嵐淳子片桐夕子松橋登柳生博
2 8月13日 花十字架 都筑道夫「雪崩連太郎怨霊行」 黒沢年男待田京介ジャネット八田多々良純
3 8月20日 首無し島 ウィリアム・アイリッシュ「死刑執行人のセレナーデ」 村尾昭 天知茂五十嵐めぐみ谷啓ハナ肇、山本紀彦
(8月27日はプロ野球中継ヤクルト×巨人」のため休止[1]
4 9月3日 怪しの海 和久田正明 中川信夫 太地喜和子田村正和吉行和子清水紘治田村勝彦星野晃白木真理
5 9月10日 白髪鬼 黒岩涙香白髪鬼 中村敦夫大谷直子、石井ひとみ、森次晃嗣杉山とく子
6 9月17日 女人まんだら 下飯坂菊馬、杉江慧子 中尾彬宇津宮雅代ホーン・ユキ
7 9月24日 おひな様の亡霊 山岸凉子「ひいなの埋葬」 南部英夫 志垣太郎神保美喜

1979年放送分[編集]

(7月15日から9月30日の11回分)

放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 出演者
1 7月15日 怪猫伝 すすり泣く怨霊 宮川一郎 森田健作荻島真一、小林千枝、古手川祐子長門裕之
2 7月22日 悪魔の住む館 山浦弘靖 土井茂 森下愛子永島敏行中条きよし吉田義夫、田中筆子、三谷昇ラビット関根、池田武司、菅沼赫、山口純平、加世幸市
3  7月29日 夢殺人 原作:ロジャー・マンベル「呪いを売る男」 大和屋竺 国原俊明 横内正宮下順子伊藤雄之助児島美ゆき殿山泰司三島ゆり子
4 8月5日 呪われた大時計〜ネジの叫び 山岸凉子 田中健風吹ジュン、水島彩子、にしきのあきら
5 8月12日 江利教授の怪奇な情熱 アレクサンドル・ベリャーエフ「ドウエル教授の首」 西沢治 下村堯二 中尾彬萩尾みどり下元勉志垣太郎
6 8月19日 死霊の島 西村京太郎「死霊の島」 村尾昭 清水健太郎新井春美山谷初男浜村純
7 8月26日 危険な誘拐 小松左京 佐々木守 鰐淵晴子立川光貴、大谷照彦、椎名健治藤木悠
(9月2日は『白髪島』を再放送[2]
8 9月9日 呪いの館 胡桃哲 秋野暢子松橋登市原悦子村野武憲
9 9月16日 悲しみの山荘 小林久三 脚本:下飯坂菊馬 范文雀内田良平、ホーン・ユキ
10 9月23日 穴の牙 土屋隆夫「穴の牙」 大和屋竺 鈴木清順 藤田まこと原田芳雄牧冬吉、北村英三、稲川順子
11 9月30日 誰かが見ている 戸川昌子 中村努 宇津宮雅代中野誠也池波志乃福田豊土

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 通常のプロ野球中継枠は19:00 - 20:54(火曜日は『火曜ワイドスペシャル』のため21:24まで)だが、当時のフジテレビ日曜19時台には人気アニメ『SF西遊記スタージンガー』と『カルピスファミリー劇場 ペリーヌ物語』が編成されているため、20:00の『オールスター家族対抗歌合戦』だけ休止して1時間枠で放送していたものの、希に21:00枠も休止して20:00 - 21:54枠で放送する事もあった(中継が20時台で終わりの時は通常放送)。なおこの時は20:54では中継を一旦中断し、『FNNニュース』を放送した。
  2. ^ 19:00 - 20:54のプロ野球中継「ヤクルト×巨人」が延長された際は休止する予定だったが、延長はされずそのまま放送された。
関西テレビ制作・フジテレビ系列 日曜21:00枠
前番組 番組名 次番組
日曜恐怖シリーズ
(1978年版)
日曜恐怖シリーズ
(1979年版)
花王名人劇場
【これより2007年1月14日まで
花王石鹸→花王一社提供枠】