木曜ドラマストリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木曜ドラマストリート』(もくようドラマストリート)は、1985年10月17日から1986年9月25日までフジテレビ系列局が編成していたフジテレビ製作の単発2時間ドラマ枠である。編成時間は毎週木曜 20:02 - 21:48 (日本標準時)。直前の20:00 - 20:02には予告ミニ番組『ドラマストリート情報』が放送されていた。

概要[編集]

若者・ファミリー層の視聴者向けの単発ドラマ枠『月曜ドラマランド』(毎週月曜 19:30 - 20:54)の好評を受け、1985年10月からは木曜日にも同様の視聴者層向けの2時間ドラマ枠を新たに設定(時間枠そのものは前番組の『木曜ファミリーワイド』からそのままの編成を受け継ぐ)[要出典]。こちらでもやはり主演に若手タレントやアイドルを中心に起用しながらも、『月曜ドラマランド』では扱えなかった殺人事件や愛憎サスペンス等、ミステリー小説を原作にした物を中心に取り上げた。特に開始時の同年内は赤川次郎作品を毎週連続して放送するといった特色を打ち出して話題をまく[要出典]。また、石坂洋次郎橋本治らの文学作品かつそれを原作にした名作映画のリメイクも幾つも作られたりしたドラマ枠であった。

放送作品一覧[編集]

放送日 タイトル 出演者
1985年10月17日 孤独な週末 岸本加世子
1985年10月24日 払い戻した恋人 藤谷美和子石田純一三浦洋一伊佐山ひろ子
1985年10月31日 明日を殺さないで 渡辺典子桑名正博高木美保渡辺裕之
1985年11月14日 復讐はワイングラスに浮かぶ 柏原芳恵萩原流行川上麻衣子
1985年11月21日 名探偵はひとりぼっち 風見慎吾宇沙美ゆかり村田雄浩谷隼人
1985年11月28日 殺人よ、こんにちは 工藤夕貴中村晃子浅野なつみ柄沢次郎
1985年12月5日 赤いこうもり傘 松本伊代ケント・ギルバート峰岸徹鹿内孝
1985年12月12日 花嫁の父 田村高廣岡田奈々野川由美子高松英郎
1985年12月19日 殺人はそよ風のように 伊藤麻衣子国広富之大西結花船戸順朝比奈順子
1986年1月16日 熱血女先生 美空ひばり岡本健一
1986年1月23日 一日だけの殺し屋 風間杜夫萬田久子、谷隼人、藤木悠
1986年1月30日 家族八景 堀ちえみ
1986年2月6日 殺し屋にラブソングを 古尾谷雅人手塚理美
1986年2月13日 恐怖のドライブ 篠ひろ子篠田三郎
1986年2月20日 三姉妹探偵団 和由布子河合美智子遠藤由美子嶋大輔関根恵子高橋悦史梅宮辰夫
1986年2月27日 桃尻娘 相築彰子松田洋治金子美香黒沢ひろみ三好圭一
1986年3月13日 独身看護婦 禁じられた結婚遊戯 榊原郁恵、石田純一
1986年3月20日 春一番が吹くまで 布川敏和今井美樹
1986年3月27日 放課後 山下真司志村香遠藤由美子
1986年4月17日 若い人 石川秀美田中健
1986年5月8日 女教師「伊豆の踊り子」殺人事件 沢田亜矢子早乙女愛
1986年5月15日 あいつと私 中山美穂松村雄基土家歩
1986年5月29日 ぼくらの時代 柳沢慎吾山咲千里、松田洋治、荒井注堀広道
1986年6月5日 寝台特急・出雲3号グルメ殺人旅行 小野寺昭鈴木ヒロミツ
1986年6月26日 あぶない課外授業 福永恵規鶴見辰吾
1986年7月17日 花嫁の賭け 石野真子柳葉敏郎
1986年7月31日 展望車殺人事件 堤大二郎三原順子
1986年8月7日 陽のあたる坂道 沢口靖子、柳葉敏郎、仙道敦子
1986年8月28日 帰って来た桃尻娘 相築彰子、松田洋治、金子美香、黒沢ひろみ
1986年9月4日 セーラー服三銃士 宮崎ますみ松下幸枝富田靖子河合美佐
1986年9月25日 心はロンリー気持ちは「…」IV 明石家さんま森下愛子、今井美樹、柳葉敏郎

テーマ曲[編集]

ビデオソフト[編集]

本枠放送作品はほとんどがビデオソフト化されていないが、石坂洋次郎原作・中山美穂主演の『あいつと私』については放送後しばらくして単独でビデオソフト化された。そして2005年には、明石家さんま主演の『心はロンリー気持ちは「…」IV』が本枠以外で放送されたシリーズ作とともにDVD化された。

再放送[編集]

地上波ではテレビ愛知の『午後の傑作選』枠(月曜 - 金曜 12:55 - 14:55)で、『家族八景』、『あぶない課外授業』、『桃尻娘』、『帰って来た桃尻娘』などの一部の作品が再放送されることがあった。スカイパーフェクTV!と一部のケーブルテレビでは関西テレビ☆京都チャンネルの『京都チャンネルサスペンス』枠で、『殺し屋にラブソングを』、『若い人』、『花嫁の賭け』、『陽のあたる坂道』の4作品が定期的にリピート放送されていた。2011年にはフジテレビワンツーネクストで、『春一番が吹くまで』が超解像版と称してのデジタルリマスタリングを施されたうえで放送された[1]

エピソード[編集]

  • 『明日を殺さないで』は、テレビ情報誌『ザテレビジョン』に1984年から連載されていた赤川次郎の小説を原作とする(放送時に単行本化)。当時は同誌出版元の角川書店から赤川の作品が多数刊行されていたため、1985年秋から冬の放送開始前後の番組紹介の入れ込み方は他誌と比べて群を抜いていた。
  • 『月曜ドラマランド』枠では原作とはかけ離れていたり、出版元の許諾のみで原作者にほとんど断り無く製作された作品が多々あった一方で、本枠はなるべく原作の世界観や原作者の意向を尊重した作りを目指していた。赤川次郎は、自身の原作のものは作品ごとに撮影開始前に脚本に目を通すことができていたとのこと[要出典]
  • 1986年1月30日に放送された堀ちえみ主演の『家族八景』は、当初は1985年12月26日に放送される予定だった[要出典]。しかし、本枠は当日に『木曜ドラマストリート』の枠名を外して『年末特別企画映画』と銘打ち、沢口靖子のデビュー作品である『刑事物語3 潮騒の詩』を放送した。なお、同日にはNHK総合テレビNHK衛星第1テレビで同じく沢口靖子主演の『澪つくしスペシャル』(同名の連続テレビ小説作品の総集編)が放送されていたが[2]、関連性は不明。
  • 『月曜ドラマランド』枠では同時期におニャン子クラブ出演作が多数作られたが、本枠では福永恵規主演の『あぶない課外授業』が放送されたのみである。また、『月曜ドラマランド』のおニャン子クラブ出演作がほぼ恋愛コメディであったのに対し、この作品はおニャン子らしいタイトルとは裏腹に父親の突然の失踪とその謎をめぐるサスペンスというシリアスな内容であった。
  • 『セーラー服三銃士』主演の宮崎ますみ(宮崎萬純)、松下幸枝(松下由樹)、富田靖子は、1983年公開の映画『アイコ十六歳』のオーディションで選ばれてデビューした者同士である。この2作品の製作元はともにアミューズで、3人の当時の所属事務所もアミューズである。また、脇役で出演していた河合美佐も『アイコ十六歳』でデビューして所属事務所もアミューズであるなど、同窓会的なキャスティングが組まれていた。
  • 1986年4月からのプロ野球ナイター中継が雨天中止になった場合の雨傘番組として『シンデレラの階段』(出演:松尾嘉代竜雷太高樹沙耶)が用意されていたが、結局本枠で放送されることはなかった。
  • 『木曜ドラマストリート』枠用に『マイ・フェア・レディース』(出演:柴田恭兵田中美佐子)という作品が製作されるも、放送ラインナップに載ることさえなく、いわゆるお蔵入りになりかけたが[要出典]、本枠の解体から3か月後の1986年12月30日(火曜) 23:20 - 翌1:20 に『年末ドラマスペシャル』と銘打って放送されたことで日の目を見た。監督は、それまで日活ロマンポルノのみを手がけていて一般映画に進出していなかった頃の金子修介

脚注[編集]

フジテレビ系列 木曜20:00 - 20:02枠
前番組 番組名 次番組
今夜のファミリーワイド
(1984年10月4日 - 1985年9月26日)
ドラマストリート情報
(1985年10月17日 - 1986年9月25日)
な・ま・い・き盛り
(1986年10月16日 - 1986年12月18日)
※20:00 - 20:54
フジテレビ系列 木曜20:02 - 20:54枠
木曜ファミリーワイド(第2期)
※20:02 - 21:48
(1984年10月4日 - 1985年9月26日)
木曜ドラマストリート
(1985年10月17日 - 1986年9月25日)
な・ま・い・き盛り
(1986年10月16日 - 1986年12月18日)
※20:00 - 20:54
フジテレビ 木曜20:54 - 21:00枠
木曜ファミリーワイド(第2期)
※20:02 - 21:48
(1984年10月4日 - 1985年9月26日)
木曜ドラマストリート
(1985年10月17日 - 1986年9月25日)
FNNニュース・明日の天気
(1986年9月30日 - 1998年3月24日)
フジテレビ系列 木曜21:00 - 21:48枠
木曜ファミリーワイド(第2期)
※20:02 - 21:48
(1984年10月4日 - 1985年9月26日)
木曜ドラマストリート
(1985年10月17日 - 1986年9月25日)
なんてったって好奇心
(1986年10月16日 - 1988年9月22日)
※21:00 - 21:54