刑事物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

刑事物語』(けいじものがたり)は、1982年から1987年までに全5作が公開された日本映画のシリーズ。原作、脚本(第4作を除く)、主演に武田鉄矢(ただし原作と脚本はペンネームである片山蒼名義)。キネマ旬報社が製作し、東宝が配給した。キネマ旬報社は初の映画製作にあたって、同誌や同誌ベストテンから連想される作家性の強い芸術映画ではなく、あえて往年の邦画全盛期に数多くみられたシリーズ・プログラムピクチャーの復活を狙い、監督もその分野で定評のあった渡邊祐介を起用。興行的に一定の成果を収めた。

一般には、武田が演じる片山刑事がハンガーヌンチャクのように振るって相手を叩きのめす「ハンガーヌンチャク」と呼ばれるシーンが有名である。これはできるようになるまで数か月の練習を要したという。また武田が劇中で操る蟷螂拳は、第1シリーズ撮影前に松田隆智から習ったものである。

内容[編集]

武田鉄矢の演じる片山刑事が主人公である。長髪・胴長短足にくたびれたジャケットと膝の抜けたズボンで、一見刑事には見えない。拳法蟷螂拳」の達人である。普段は冴えないが、正義感に溢れており一旦暴れ始めるとやり過ぎてしまい、それが原因で左遷となり日本各地を異動することになる。毎回、赴任先で美しいマドンナに恋をし助けるのだが、最後には失恋して、一人淋しくその土地を去ってゆく物語である。

刑事物語 (第1作)[編集]

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:渡邊祐介
  • 脚本:渡邊祐介、武田鉄矢
  • 原作:片山蒼
  • 音楽:青木望
  • テーマ曲:吉田拓郎海援隊
  • 音楽プロデューサー:三坂洋
  • 主題歌:吉田拓郎「唇をかみしめて
  • 撮影:矢田行男
  • 照明:大西美津男
  • 録音:本田孜
  • 美術:秋森直美
  • 編集:小川信夫
  • 記録:桜木光子
  • 音響効果:知久長五郎
  • MA:東宝録音センター
  • アクション指導:松田隆智
  • 技斗:渡辺安章
  • アクション:ワールドアクショングループ
  • スタント:タカハシレーシング
  • 現像:東京現像所
  • プロデュース:藤倉博、黒木照美
  • 製作者:黒井和男
  • 製作:キネマ旬報社
  • 配給:東宝

エピソード[編集]

  • 片山刑事はハンガーを武器として使用しているが、もともと武器として使っていたのではなく、クリーニング工場で戦闘中、多くの敵を抱えたため、武器として使ったものがたまたまハンガーだったという描写となっている。
  • 幸福の黄色いハンカチ』で武田と共演した高倉健がラスト近くの1シーンに友情出演している(映画『駅 STATION』と同じ役柄、オマージュ)。西田敏行も同様に友情出演。
  • 作中、ソープランドを「トルコ風呂」と呼んでいる[2]。そのため1983年10月22日フジテレビ「ゴールデン洋画劇場」でテレビ放映された際は、放送直前に「作品内に不適切な表現があります」といった断りのテロップが表示された。また「トルコ風呂」という台詞の部分だけ無音にして放映される場合もある。
  • 聾唖の女性ソープ嬢(トルコ嬢)」という難しい役柄を演じた有賀は、この作品後「自分には演技の才能がない」との理由で芸能界を引退した。
  • 劇中の警察署庁舎は、当時の沼津警察署庁舎である。なお、撮影後に移転・改築されており現存しない。

刑事物語2 りんごの詩[編集]

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 製作:黒井和男
  • 原作:片山蒼
  • 脚本:渡辺寿武田鉄矢黒井和男
  • 監督:杉村六郎
  • 音楽:中牟田俊男
  • 音楽プロデューサー:中川孝一
  • 撮影:矢田行男
  • 照明:仲澤廣幸
  • 録音:本田孜、福岡修
  • 美術:西村伸明
  • 編集:小川信夫
  • チーフ助監督:佐藤正道
  • 製作担当者:熊田雅彦
  • 技斗:渡辺安章
  • プロデューサー:藤倉博、黒木照美
  • 歌:吉田拓郎(挿入歌「流星」・エンディングテーマ「唇をかみしめて」)
  • 製作:東宝キネマ旬報社
  • 配給:東宝

エピソード[編集]

  • シリーズ最高のヒット作(1983年配給収入12億円)である。公開当時、「東宝映画で最も見たい映画」のNo.1だった。
  • 本作のパンフレットやビデオの写真では片山刑事がハンガーヌンチャクを持っており、武器としてのハンガーがフィーチャーされた作品であるが、実際のアクションシーンではさほど登場していない。ただし、劇中で蟷螂拳を教えた子供から、木製ではなくプラスチック製のハンガーをパスされたときの片山刑事のリアクション(「たけ〜し、ハンガー!……ちが〜う、木のやつ〜っ!」)はシリーズ中でも有名な台詞である。
  • 片山刑事の恋人・石戸谷忍を演じた園みどりはオーディションで選ばれたが、この映画以降に未来貴子と改名した。映画では当初、片山刑事とのラブシーンも撮影したらしいが、カットになったと武田が当時の「キネマ旬報」のインタビューで語っている。
  • 倍賞千恵子の出演シーンは、映画「駅 STATION」のオマージュである。
  • 武田は酒井和歌子の大ファンで、共演が夢だったという。
  • 劇中の警察署は、1981年の移転まで実際に使用されていた弘前警察署の庁舎である。

刑事物語3 潮騒の詩[編集]

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 製作:黒井和男
  • 企画:黒木照美、小島富士夫
  • プロデューサー:藤倉博
  • 原作:片山蒼
  • 脚本:ちゃき克彰武田鉄矢黒井和男
  • 監督:杉村六郎
  • 音楽:佐藤健
  • 撮影:矢田行男
  • 照明:仲澤廣幸
  • 録音:本田孜
  • 美術:西村伸明
  • 編集:小川信夫
  • チーフ助監督:佐藤雅道
  • 製作担当者:富田政男
  • 製作マネージャー:綿引洋
  • 衣装:横瀬誠次
  • スチール:竹内健二
  • 製作係:八鍬敏生、山下秀治
  • 技斗:渡辺安章
  • 歌:吉田拓郎、沢口靖子
  • 製作:東宝、キネマ旬報社
  • 配給:東宝

エピソード[編集]

  • 武田のアクションは殺陣師をつけておらず、体に傷が絶えなかった。また、本作の片山刑事はハンガーヌンチャク、ミニフラフープを武器として使用している。
  • アクションシーンの効果音(ハンガーヌンチャクの音、殴るときの音)が本作から変わっている(以後最終作まで統一)。
  • 武田は、一時期髪型を真似たほどの、自他共に認めるジャッキー・チェンのファンとして有名であるが、本作で共演を熱望していたもののギャラの折り合いがつかず断念したという話がある。なお、本作のオープニングのビルからの落下は『プロジェクトA』でジャッキーが時計台から落下する場面のパロディで、またラストのヒットマンとの野原での対決は『ヤングマスター 師弟出馬』のラストの死闘のパロディである。
  • 片山刑事が追う指名手配犯の命を狙っていた殺し屋を演じていたのは、『やまびこの詩』で殉職する金井刑事を演じた野分龍である。
  • 劇中で警察署として映っている建物は眼科のビルで、実際の警察署は商店街アーケード内にあった。どちらも現存していない。
  • 劇中で海子が走っている通学路を実際に自転車で走ると、5時間以上を要する。
  • 海子が通っている設定の高校では、実際には自転車通学者は男女共に白いヘルメットの着用が義務づけられている。
  • 海子が住んでいる設定の民宿は、海水浴場そばの民家である。
  • エンディングで海子が手を振っている防波堤は、当時陸と繋がっておらず、徒歩での移動は不可能だった。
  • 子供が溺れたと思い、助けるために海に飛び込んだ片山刑事の横から、その子が銛で突いた魚とともに浮上してくるシーンの撮影は11月に行われ、近所を通りがかった男子中学生を拝み倒して撮影された。場所は遠浅の海水浴場で、魚は魚屋で買って使用した。

刑事物語 くろしおの詩[編集]

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:片山蒼
  • 脚本:ちゃき克彰、黒井和男
  • 監督:渡邊祐介
  • 音楽:林哲司
  • 撮影:矢田行男
  • 照明:山川英明
  • 録音:本田孜
  • 美術:西村伸明
  • 編集:神谷信武
  • 製作担当者:富田政男
  • 助監督:羽石龍太郎、新村良二、佐々部清、土井裕美子
  • スクリプター:原田良子
  • 衣装:横瀬誠次
  • 美粧:田中まり子
  • キャスティングプロデューサー:西川恵雄
  • 製作マネージャー:綿引洋、神岡明樹
  • コーディネーター:星加敏文
  • 製作係:八鍬敏生、小林哲雄、谷籐まさ子
  • 音響効果:福島幸雄
  • スチール:竹内健二
  • 製作者:黒井和男
  • 企画:黒木照美、小島富士夫、庄司隆三
  • プロデューサー:藤倉博
  • 製作:東宝、キネマ旬報社
  • 配給:東宝

エピソード[編集]

  • 本作のみタイトルの「刑事物語」の後に「4」が付かない。
  • 片山刑事の武器はハンガーヌンチャク、ゴルフクラブトンファーのように扱う)。
  • 劇中、片山刑事の住居となっていた建物は、実際に高知に存在していたものをロケで借り受けたものである。その所有者が2006年の大河ドラマ功名が辻』で武田演じる武将・五藤吉兵衛の子孫であったという事実を、武田は大河ドラマの後になって知ったという。
  • 本来は派手な銃撃戦のシーンを撮影する予定だったが、ロケ中に実際の銃撃事件があり、その影響も考えて取りやめになったという。
  • 吉田拓郎が劇中ワンシーンだけ友情出演している。屋台でラーメンを食べている客という設定。植木等演じる女装した警察署長を気持ち悪がって屋台を出て行ってしまうが、その時屋台に入ってきた片山刑事に「あれ、どこかで会ったことありませんでしたっけ?」と聞かれる。
  • ラストのアクションシーンに敵方の一人として大仁田厚が登場している。
  • 当時のテレビでのインタビューでの武田の談によれば、『くろしおの詩』が軽いコメディー路線になったのは、同時期に『幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬』を撮っていたためで、本作を2週間ほどで(東宝との契約上のスケジュールのため)撮り終えたからだそうである。撮影後、武田は過労で倒れている。

刑事物語5 やまびこの詩[編集]

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 製作:黒井和男
  • 企画:黒木照美、小島富士夫、庄司隆三
  • プロデューサー:藤倉博
  • 原案:片山蒼
  • 脚本:片山蒼、榎本修鳥居欽圭
  • 監督:杉村六郎
  • 音楽:千葉和臣
  • 音楽プロデューサー:中川孝一
  • 撮影:丸池納
  • 照明:山川英明
  • 録音:本田孜
  • 美術:西村伸明
  • 編集:小川信夫
  • スプリクター:高橋扶佐緒
  • 美粧:田中まり子
  • チーフ助監督:佐藤敏宏
  • 製作マネージャー:綿引洋、西川八
  • 衣装:横瀬誠次
  • 製作担当者:富田政男
  • スチール:雪松寛
  • 製作:東宝、キネマ旬報社
  • 配給:東宝

エピソード[編集]

  • 片山刑事の武器は三節棍(ハンガーを3つにつなぎ合わせたもの)とテニスラケット(のように扱う)。
  • 本作は賀来千香子と鈴木保奈美の映画デビュー作である。
  • 真咲姉妹(賀来・鈴木)が劇中で生活していたアパートは、2014年時点でも群馬県みなかみ町(当時は月夜野町)に現存する。

音楽[編集]

オープニングテーマ[編集]

  • 海援隊「駅におりたら」(第1作)
    • 劇中では海援隊のメンバーである千葉和臣が歌っているものが使用されている。武田鉄矢ソロ時代のアルバム『風に聞いた話』やベストアルバムなどには、武田がボーカルをとっているものが収録されている。

エンディングテーマ[編集]

  • 吉田拓郎「唇をかみしめて」
    • 武田から依頼を受け、吉田がこの映画用に作ったもの。歌詞は広島弁である。この曲のみを収録したシングル(片面のみカッティングされた変則盤)も発売された。しかし、シングルと実際の映画エンディングで流れる曲は別テイクである。映画で使用されたテイクは1985年発売のベストアルバム吉田拓郎ベスト60」に収録されている(現在は廃盤)。
    • 武田ソロ時代のアルバム『遠い幻燈』やベストアルバムには、武田のカバーヴァージョンが収録されている。
    • 吉田の起用は武田鉄矢以外のスタッフは懐疑的で広島弁の歌詞も「広島が舞台でもないのにおかしい」と否定的であった。それに不満を持った武田は「実際に流して」と恋人との別れのシーンに合わせて流すと皆泣き始め即決となった。2では弘前駅前で合唱し、片山の気分を味わおうと弘前から夜汽車で東京へ帰ったという。また、吉田拓郎本人も鑑賞後に「いい作品にめぐり合えていい仕事が出来た」と語っている。

挿入歌[編集]

  • 海援隊「陽射しに灼かれて」(第1作)
    • 劇中では海援隊のメンバーである中牟田俊男が歌っているものが使用されている。海援隊のアルバム『ようやく解りかけてきた』には、武田がボーカルをとっているものが収録されている。
  • 吉田拓郎「流星」(第2作)
  • 沢口靖子「潮騒の詩」(第3作)
  • 武田鉄矢「コスモス」(第4作)
  • 甲斐バンド「野獣」(第4作)※クレジット表記は無し

その他[編集]

  • 武田は後年、テレビや雑誌で「チャンスがあれば片山をもう一度演じてみたい」と発言している。
  • 武田は胴長短足というあまりにも典型的な日本人の体形のため、そういう人間でも使える拳法を探して見つけたのが蟷螂拳だった。
  • 1982年に『刑事物語』が公開される前に発売された「キネマ旬報」に、武田に蟷螂拳を教えた松田隆智がコメントを寄せている。それによると、松田は本来、芝居のために間に合わせの拳法を教えてほしいとの役者のお願いは断っていたが、武田は毎日トレーニングを積んである程度の体を作っており、その熱意を認めて蟷螂拳を教えることにしたそうである。
  • アミューズソフトエンタテインメントから発売されている第1作を除く、第2作から第5作を収録したDVD-BOX『刑事物語 詩シリーズ』が、2010年1月22日に東宝より発売された。なお、DVD収納ボックスには1作目のDVDも収納できるスペースがある[4]
  • 武田が主演する『3年B組金八先生』第3シリーズ第09話「俺の仕事」では、一人の生徒の母親がテレビ局に勤務しているため学校に来られないため、職場のテレビ局に金八が出向いて面談する場面があり、テレビ局の廊下で「上半身裸でハンガーヌンチャクの練習をしている武田鉄矢(二役)」と金八が遭遇、母親に思わず「武田鉄矢ですか?」と尋ねる、という趣向がある。ちなみに、第1部で金八が生徒に誘われて海援隊のコンサートに行くシーンがある。

映像ソフト[編集]

VHS
  • 刑事物語(1982年、サンリオ CS-1001)
  • 刑事物語2 りんごの詩(1983年、東宝 TG-1233-V)
  • 刑事物語3 潮騒の詩(1984年、東宝 TG-1281-V)
  • 刑事物語 くろしおの詩(1985年、東宝 TG-1162-V)
  • 刑事物語5 やまびこの詩(1987年、東宝 TG-1719)
DVD
  • 刑事物語(2009年9月2日、アミューズソフトエンタテインメント ASBY-4456)
  • 刑事物語2 りんごの詩(2010年1月22日、東宝 TDV-20036D)
  • 刑事物語3 潮騒の詩(2010年1月22日、東宝 TDV-20037D)
  • 刑事物語4 くろしおの詩(2010年1月22日、東宝 TDV-20038D)
  • 刑事物語5 やまびこの詩(2010年1月22日、東宝 TDV-20039D)
  • 刑事物語 詩シリーズDVD-BOX(4枚組)(2010年1月22日、東宝 TDV-20040D)
    • 第2作から第5作をセットにしたDVD-BOX。
Blu-ray Disc
  • 刑事物語 HDリマスター版(2014年5月2日、オデッサ・エンタテインメント OED-10067)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 役名、衣装・小道具などを含め、前年の映画『駅 STATION』のオマージュである。
  2. ^ トルコ人留学生のクレームがきっかけとなり、正式に改称されたのは1984年12月19日である。
  3. ^ 1983年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  4. ^ 刑事物語 詩シリーズDVD-BOX


外部リンク[編集]