森下由実子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
遠藤由美子
別名 エンポコ
ユミ
生誕 (1967-10-05) 1967年10月5日(51歳)
出身地 神奈川県横浜市
ジャンル J-POP
職業 歌手女優
活動期間 1982年 - 1988年
1993年 - 1994年
レーベル ZAIN RECORDS
共同作業者 大塚真美
向井玲子
大槻啓之
小澤正澄
鈴木康志

遠藤 由実子(えんどう ゆみこ、1967年10月5日 - )は、日本の元歌手、女優である。血液型はA型。神奈川県横浜市出身。デビュー当初は遠藤 由美子(えんどう ゆみこ、結婚前の本名)名義でタレント活動を行い、その後、森下 由実子(もりした ゆみこ)名義で歌手として活動していた。 遠藤由美子時代の愛称はエンポコ遠藤実の長女・遠藤由美子とは別人である。

来歴・人物[編集]

1982年12月、女性3人グループ「ソフトクリーム」のメインボーカルとして、フォーライフよりデビュー。当時は渡辺プロダクションに所属した。

1983年7月、「なるほど!ザ・ワールド」のエンディングテーマ「もしもタヌキが世界にいたら」を「ユミ」名義でリリースしてソロデビューする。

1983年9月より、「欽ドン!良い子悪い子普通の子おまけの子」の、「おまけの子」役としてレギュラー出演する。

1985年4月、チェッカーズ主演の映画「CHECKERS IN TAN TAN たぬき」(東宝)にヒロイン役で出演。

ソフトクリームは1985年に解散し、以後は、主に女優・タレントとして活動し、「おヒマなら来てよネ!」や「君が嘘をついた」なと主にフジテレビ系のドラマに数多く出演し、これ以外にもタケダ胃腸薬のCMにて、武田鉄矢(上司役)とカラオケ中という設定で「男と女のラブゲーム」をデュエットした(シングルは非発売)が、1988年末に引退した。

1993年森下 由実子と改名し再デビューした。芸名はビーイングの長戸大幸が名付けた(画数が良いとの理由)。ZAIN RECORDSからデビューシングル「Tears」をリリースし、翌年に1stアルバム「KICK OFF」をリリースするも、セールス的には振るわず結婚を機に再び引退した。

ソフトクリーム時代とビーイング系時代の違い[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

ユミ名義
リリース日 タイトル 楽曲制作
1st 1983年7月 もしもタヌキが世界にいたら 作詞:荒木とよひさ
作曲:坂本龍一
編曲:坂本龍一
2nd 1984年5月 もしもタヌキが世界にいたら2 作詞:荒木とよひさ
作曲:坂本龍一
編曲:瀬尾一三
森下由実子名義
リリース日 タイトル 楽曲制作
1st 1993年8月18日 Tears 作詞:向井玲子
作曲:川島だりあ
編曲:明石昌夫
2nd 1993年11月10日 SOMEBODY TO BELIEVE 作詞:向井玲子
作曲:川島だりあ
編曲:明石昌夫

アルバム[編集]

DVD[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]