関西テレビ制作火曜夜9時枠の連続ドラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

関西テレビ制作火曜夜9時枠の連続ドラマは、関西テレビ放送(KTV・カンテレ)を制作局として、2016年10月11日よりフジテレビ系列日本時間火曜日21:00 - 21:54枠で放送されている日本連続ドラマ枠。通称、火9ドラマ[1]

概要[編集]

これまで関西テレビは、1996年4月から2016年9月まで20年半に渡り、火曜22時台(通称『火10』)の枠でテレビドラマを放送していた。しかし、2000年代後半以降は視聴率の低迷に加え、2011年度にNHK総合テレビが『ドラマ10[注 1]、2014年度にTBSテレビが『火曜ドラマ』を新設。特にTBSテレビが高視聴率・話題作を連発するようになったことで更に苦境に立たされることになった。この状況を受け、関西テレビがバラエティ枠に充てていた火曜21時台をドラマ枠に転換する形で開始することになった。なお、これまでの『火10』枠は、関西テレビ制作のバラエティー枠に転換され(事実上の枠交換)、『COOL TV』枠で放送されていた『有吉弘行のダレトク!?』を時間拡大のうえで枠移動となった。

フジテレビ系列としては、火曜21時台でのドラマはフジテレビ火曜9時枠の連続ドラマ(通称:火9)以来1年半ぶりとなる。それに引き続き、本枠も「火9」と呼ばれることがある[2][3]。また、関西テレビ制作のドラマが火曜21時台に放送されるのは、1965年10月 - 1966年3月放送の単発30分ドラマ枠『松本清張シリーズ』以来実に50年半ぶりで、「連続」及び「1時間」は史上初となる。

スポンサーについても体裁上22時台に移動したバラエティ枠と交換しており、カウキャッチャーとしてロート製薬[注 2]のCMが、ヒッチハイクとして小林製薬のCMが流れていた。2020年10月改編でカウキャッチャーのスポンサーが変わり、第一三共ヘルスケアに交代した[注 3]

この枠で放送される作品のジャンルは、サスペンス刑事ドラマが多い[注 4]

関東地区では裏番組として、日本テレビザ!世界仰天ニュース』やTBSテレビ『マツコの知らない世界』、テレビ東京開運!なんでも鑑定団』といった人気番組が放送されているため、視聴率が5%前後に落ち込むこともあり、毎クールで全話平均視聴率が6%前後に低迷することも多い。一方で制作局・関西テレビのある関西地区では二桁に乗せることもあるため、西高東低が顕著である。

火9がドラマ枠になって以降も、改編期や年末年始にこの枠から2時間以上にわたる関西テレビ制作の特番[注 5]を組むことがある(正月3が日など一部の例を除く)。

『明日の約束』以降は、本編の放送終了後に「チェインストーリー」がGYAO!にて配信されている。また『まだ結婚できない男』では、これまでは単発作品のみで行っていた視覚障害者向けのステレオ2方式解説放送をレギュラー放送でも実施した。

同シリーズは「火10」時代から引き続き、多くの作品は東京のプロダクションとの共同制作、ないしは東京支社のスタッフ主体で、東京メディアシティ(TMC)・レモンスタジオ含めた東京周辺のスタジオでの収録が主体となっていたが、2020年夏季クールは2025年日本国際博覧会を控え、京都市神戸市を舞台に、その周辺を含めた関西で全編収録した連続ドラマを2本製作して放送すると発表した[4]。そのうちの1本目・京都市を舞台とした『探偵・由利麟太郎』は6月16日 - 7月14日に5回シリーズとして放送された[注 6]が、2本目・神戸市を舞台とした『DIVER-特殊潜入班-』(5回シリーズ)は、当初4月14日から放送される予定だった東京収録の『竜の道 二つの顔の復讐者』の収録・放送が新型コロナウイルスの流行拡大に伴い制作進行の遅れなどが生じたことから[注 7]、放送の順序を入れ替えて、7月28日 - 9月15日に『竜の道』を放送してから、9月22日から放送を開始した[5]

  • シリーズ終了
    • 2019年10月現在、該当作なし
  • 単発
    • 2016年秋以降、上記を除く全作品

作品[編集]

原則、関西テレビの自社完全制作のため、「制作著作 8 カンテレ」とクレジットされている。ただし以下の制作会社記号が太字の作品は当該制作会社との共同制作作品のためクレジットが異なる。

(初参画順。共同制作・制作協力共通)

『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』『まだ結婚できない男』で「制作 8 カンテレ、MMJ」とクレジットされている。この2作品はいずれも火10時代からMMJが参画している[注 8]ため、火10時代と同じ体制を採った。
『後妻業』『竜の道 二つの顔の復讐者』で「制作 8 カンテレ、共テレ」とクレジットされている。本枠で初めてこの体制を採った『後妻業』の時点で共同テレビのクレジットはフジサンケイグループ統一書体での「共同テレビ」から「共テレ」ロゴに移行していたため、本枠で「制作 8 カンテレ、共同テレビ」とクレジットされた作品は存在しない[注 9]

2010年代後半[編集]

2016年[編集]

(1)『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断

2017年[編集]

(2)『嘘の戦争
(3)『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
(4)『僕たちがやりました
(5)『明日の約束

2018年[編集]

(6)『FINAL CUT
(7)『シグナル 長期未解決事件捜査班
(8)『健康で文化的な最低限度の生活
(9)『僕らは奇跡でできている

2019年[編集]

(10)『後妻業
(11)『パーフェクトワールド
(12)『TWO WEEKS
(13)『まだ結婚できない男[1]

2020年代前半[編集]

2020年[編集]

(14)『10の秘密
(15)『探偵・由利麟太郎
(16)『竜の道 二つの顔の復讐者
(17)『DIVER-特殊潜入班-
(18)『姉ちゃんの恋人

2021年[編集]

(19)『青のSP―学校内警察・嶋田隆平―

ネット局[編集]

『関西テレビ制作・火9ドラマ』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送日時 ネット形態 備考
近畿広域圏 関西テレビ(KTV) フジテレビ系列 火曜 21:00 - 21:54 制作局
北海道 北海道文化放送(UHB) 同時ネット
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
関東広域圏 フジテレビ(CX)
新潟県 NST新潟総合テレビ[注 11](NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(ftb)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビ熊本(TKU)
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
[注 12]
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) フジテレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)
青森県 青森テレビ(ATV) TBS系列 主に平日午後 遅れネット [注 13]
山梨県 テレビ山梨(UTY)
山口県 テレビ山口(TYS)

インターネット配信[編集]

最新話見逃し配信は関西テレビの放送日時基準のため、地上波放送の終了時刻が繰り下がった場合は、終了次第配信。遅れネット局は動画配信が先行する。
過去分はドラマ毎に配信元が異なるため、各記事を参照。

配信元 更新日時 配信期間 備考
カンテレドーガ 火曜 22:00 更新 7日 同時ネット局の最新話限定で無料配信
TVer

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ こちらは2016年度から金曜日に移動している。
  2. ^ 2010年3月まで番組前半の一社提供であり、同年4月から2016年9月まで複数社の1社として提供していた『SMAP×SMAP』から移動。
  3. ^ ロート製薬は1時間繰り上げの関西テレビローカルセールス番組(『やすとも・友近のキメツケ!※あくまで個人の感想です』)のスポンサーとなり、関西テレビの提供番組は継続している。一方、関西テレビ以外のFNS系の提供番組は今回の改編で一旦途切れたりローカルスポット扱いにされている地域がある。
  4. ^ この場合、テレビ宮崎では同種のジャンルの作品が2時間立て続けに放送される形となる。(詳細は後述)
  5. ^ 2020年3月31日には2時間スペシャルドラマ『あと3回、君に会える』が放送された。
  6. ^ 元々2020年東京オリンピックを控えていたことを念頭に“オリンピックシフト”を組んでいたこともあり、新型コロナウイルスの本格的流行前に撮影は終わっていた。
  7. ^ このため『探偵・由利麟太郎』が始まるまでの4 - 6月上旬は過去に放送された『素敵な選TAXI』のアンコール放送(一部の回はバカリズム竹野内豊の対談を新規に撮り下ろした特別編)に充当した。
  8. ^ 前者は『チーム・バチスタシリーズ』のスタッフ、後者は『結婚できない男』の続編。
  9. ^ ただし放送当時「共テレ」ロゴを制定していなかった『明日の約束』はフジサンケイグループ統一書体で「制作協力 共同テレビ」とクレジットされた。
  10. ^ 主演・窪田正孝間宮祥太朗葉山奨之今野浩喜が「DISH//と凡下高がやりました」としてコラボで主題歌を歌っている。
  11. ^ 2019年9月までは新潟総合テレビ。
  12. ^ 火曜22時台に放送された時代は、テレビ朝日の『東映制作刑事ドラマ枠』を放送しているため、不定期で遅れネットによる番販での放送をしたケースがあったが、22時台から21時台に繰り上がったため同時ネットで放送するようになり、また21時台になってからは全国ネットのスポンサーが付くようになった。
  13. ^ フジテレビが該当時間帯のドラマ枠を制作していた時代は、青森放送(RAB)が土曜正午から放送していた。

出典[編集]

外部リンク[編集]

関西テレビ制作・フジテレビ系列 火曜21:00 - 21:54枠
前番組 番組名 次番組
ニッポンのぞき見太郎
あなたは多数派?少数派?

(2016.4 - 2016.9)
【この番組までバラエティー枠】
関西テレビ制作・
火曜夜9時枠の連続ドラマ
(2016.10 - )
【この番組から連続ドラマ枠】
-