有吉弘行のダレトク!?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
有吉弘行のダレトク!?
Tokyo media city kinuta 2014.jpg
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 カンテレ
演出 田中経一ホームラン製作所
プロデューサー 細川陽子(関西テレビ)、宇和川隆(クリーク・アンド・リバー社)[1]
出演者 有吉弘行
高橋真麻
ほか
ナレーター 若本規夫
津野しの
字幕 字幕放送
外部リンク 公式ウェブサイト
2013年10月から2016年9月まで
放送時間 火曜日 23:00 - 23:30(30分)
放送期間 2013年10月8日 - 2016年9月6日(132回)
2016年10月から
放送時間 火曜日 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2016年10月18日 - 現在
真実を追究せよ 踊る!デマ捜査官
(パイロット版)
放送時間 日曜日 16:05 - 17:20(75分)
放送期間 2012年4月15日(1回)
テンプレートを表示

有吉弘行のダレトク!?』(ありよしひろいきのダレトク!?)は、2013年10月8日からカンテレの制作で、フジテレビ系列において放送されているバラエティ番組である。

概要[編集]

一般人に広まっている間違った常識をデマとして指摘し、デマが広がる原因となった当事者に直接抗議を言いに行く。スタジオの有吉が当事者との中継で会話しデマを謝罪させる展開も。番組名の「ダレトク!?」には、「デマが広がることで得をしているのは誰か」という意味がある。

関西ローカルで放送された『世の中のデマを一挙撲滅 特命任務DEMA-TRIX』(2011年9月・12月)、『ツキギメ・有吉弘行の信じる者はバカを見る!?』(2013年6月に『ヨルパチーノ』枠で毎週放送)を全国ネット化した番組で、2013年9月に終了した『キャサリン三世』の後番組として放送開始。これとは別に、2012年4月15日に『真実を追求せよ 踊る!デマ捜査官』の番組名で一度、全国ネットでの単発放送の実績がある[2]日曜16:05 - 17:20。『日曜スペシャル』で放送)。

2014年4月1日には、番組初となる1時間半スペシャル『有吉弘行のダレトク!?エイプリルフール祭り』が22:00から放送、同年9月23日には再び1時間半SP『有吉弘行のダレトク!?とりあえず海外行ったけど…スペシャル[3]、2014年最終放送となる12月23日には3回目の1時間半SPをそれぞれ放送[4]、2015年3月24日には2015年では唯一の1時間半SPを放送した[5]。その後は拡大版は放送しなかったが、2016年3月22日には1年振りの1時間半SPを放送した[6]

2014年半ばごろからは方針転換。「デマ」はほとんど取り上げられず、全国各地のおかしなものや料理(特にラーメン)、生活の知恵、オネエ関係など、「ダレトク(=誰得、ネットスラング)」な情報を取り上げている。

2015年12月8日の放送で100回を迎え、レギュラー第1回ゲストの高橋英樹と特番時代の磯野貴理子がゲスト、ローカル時代に出演したほんこんがVTR出演した。

2016年10月18日より、放送時間を1時間繰り上げ・24分拡大し、火曜22:00 - 22:54での放送となった[7]。カンテレ制作の火曜22時台がバラエティーのレギュラー番組になるのは『ひらけ!GOMA王国』以来20年半ぶりとなり、22時台に関西テレビ単独制作のバラエティーのレギュラー番組が放送されるのは日曜22時台前半に放送されていた『カジノザウルス』以来19年半ぶりとなる。なお、火曜23時台前半枠には、新番組『#nakedEve』(引き続きカンテレ制作)が放送開始された。なおスポンサーは体裁上、21時台に移動したカンテレ自社制作連続ドラマと交換となっている。

2017年3月21日には、過去最長となる2時間SPを21:00から放送。

出演者[編集]

MC
進行
  • 高橋真麻(関西ローカルのレギュラー放送から)
スタジオゲスト(準レギュラー)
調査員
ナレーター
過去の出演者

放送内容[編集]

23時時代[編集]

22時時代[編集]

スタッフ[編集]

 2017年8月現在 •=22時台以降から加入

  • 構成:工藤ひろこ/興津豪乃、岩本哲也、坂田康子、樅野太紀、林田晋一(樅野・林田→•)
  • TD:浜島一雄•、竹内弘佳(竹内→一時離脱→復帰)
  • CAM:古俣浩則、河野敬磨
  • VE:阿部あすか•、澤田将人
  • AUD:谷川宏輝•、絹山幸広
  • TP:辻本豊
  • LD:穴田健二•
  • ロケ撮影:畠中宏
  • 美術制作:内藤佳奈子
  • デザイン:野口陽介
  • 美術進行:横山勇
  • 大道具制作:木村敬
  • マルチ:大高貢
  • メイク:吉田みわ
  • 技術協力:fmtRAFTVIC麻布プラザ、東京オフラインセンター
  • 美術協力:フジアール
  • ビジュアルクリエーター:薗部健
  • 編集:奥山雄高
  • MA:高橋友樹
  • TK:五味真琴•
  • 音効:大久保吉久、舛谷佑樹•(2人共3×7
  • タイトルロゴ:岸和弘
  • リサーチ:志田顕悟•(スコープ)、トロリー•
  • 宣伝:天野光晴•、長谷川由紀•(2人共関西テレビ)
  • 編成:古橋由依子•(関西テレビ)
  • AP:白坂潤一•(関西テレビ)、渡邊奈津子、古田早絵•、櫻井弘美(櫻井→一時離脱→復帰)
  • AD:南渚沙、安蒜哲哉、桑幡真禄•、手塚貴志•、秋山真琴•、松尾友里香•、古澤晃一•、下村直人•
  • ディレクター:長沼昭悟(ベイビーディレクター)、太田実(ROFL)、横山健一、大谷卓•、石川のりひさ、小田切大輔、永松近也、鈴木章浩•、横田幸介•(関西テレビ)、南部剣志•(以前はAD)、脇山健人•(関西テレビ)
  • 演出:上記のディレクターの中から週替わりで1名
  • 総合演出:田中経一ホームラン製作所
  • プロデューサー:細川陽子(関西テレビ)、宇和川隆
  • 制作協力:クリーク・アンド・リバー社
  • 制作著作:カンテレ

過去のスタッフ[編集]

  • 構成:本松エリ
  • LD:安藤雄郎
  • 技術協力:ジーマ
  • TK:飯塚愛美
  • 音効:大貫孝輔(3×7)
  • CG:鈴木千夏
  • リサーチ:ビスポ、ジェイキャスト
  • 宣伝:日下俊彦、阿久津奈美、石井千香子•、豊増雄•、馬殿陽子•(全員関西テレビ)
  • 編成:南口博孝(関西テレビ)
  • デスク:武部えみ
  • AP:斉藤如花•、金銀善•
  • AD:片桐和之、吉田良導、中平達将•
  • ディレクター:高橋諒太(関西テレビ)、水野将仁、宮本大輔、渡部修平、瀬津巧(宮本以降→•)

ネット局と放送時間[編集]

「有吉弘行のダレトク!?」ネット局(30分番組時)
放送対象地域 放送局 系列 放送時間 ネット状況
近畿広域圏 関西テレビ (KTV) フジテレビ系列 火曜
23:00 - 23:30
制作局
北海道 北海道文化放送 (UHB) 同時ネット
岩手県 岩手めんこいテレビ (mit)
宮城県 仙台放送 (OX)
秋田県 秋田テレビ (AKT)
山形県 さくらんぼテレビ (SAY)
福島県 福島テレビ (FTV)
関東広域圏 フジテレビ (CX)
長野県 長野放送 (NBS)
新潟県 新潟総合テレビ (NST)
静岡県 テレビ静岡 (SUT)
富山県 富山テレビ (BBT)
石川県 石川テレビ (ITC)
福井県 福井テレビ (FTB)
中京広域圏 東海テレビ (THK)
鳥取県
島根県
山陰中央テレビ (TSK)
岡山県
香川県
岡山放送 (OHK)
広島県 テレビ新広島 (TSS)
愛媛県 テレビ愛媛 (EBC)
高知県 高知さんさんテレビ (KSS)
福岡県 テレビ西日本 (TNC)
佐賀県 サガテレビ (STS)
長崎県 テレビ長崎 (KTN)
熊本県 テレビ熊本 (TKU)
鹿児島県 鹿児島テレビ (KTS)
沖縄県 沖縄テレビ (OTV)
青森県 青森朝日放送 (ABA) テレビ朝日系列 金曜 0:15 - 0:45(木曜深夜)[注 5] 遅れネット
宮崎県 テレビ宮崎 (UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
水曜 1:54 - 2:24(火曜深夜)[注 6]

1時間番組

「有吉弘行のダレトク!?」ネット局(1時間番組時)
放送対象地域 放送局 系列 放送時間 ネット状況
近畿広域圏 関西テレビ(KTV) フジテレビ系列 火曜日 22:00 - 22:54 制作局
北海道 北海道文化放送(UHB) 同時ネット
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
関東広域圏 フジテレビ(CX)
長野県 長野放送(NBS)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
島根県・鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビ熊本(TKU)
大分県 テレビ大分(TOS)[注 7] フジテレビ系列
日本テレビ系列
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) フジテレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)

「有吉弘行のダレトク!?」ネット配信

「有吉弘行のダレトク!?」ネット配信
配信サイト 更新時間 備考
GYAO! 水曜 10:00 更新 最新話限定で無料配信

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当初は通常通り23:00からの予定であったが、「2015年ワールドカップバレーボール 女子」中継(日本の旗 日本×セルビアの旗 セルビア)が65分延長したため、この時間に変更、日付は既に9月2日となり、水曜になってからの放送となった(0:00越え放送は初)。
  2. ^ 当初は通常通り23:00からの予定であったが、「2015年ワールドカップバレーボール 男子」中継(日本の旗 日本× エジプト)が65分延長したため、この時間に変更、日付は既に9月9日となり、水曜になってからの放送となった。
  3. ^ SMBC日本シリーズ 第3戦 「東京ヤクルト×福岡ソフトバンク」戦中継が75分延長したため、この時間に変更、日付は既に10月28日となり、水曜になってからの放送となった。
  4. ^ 19:00の「リオデジャネイロオリンピックバレーボール 世界最終予選・女子」(日本の旗 日本×大韓民国の旗 韓国)中継が40分延長したため。
  5. ^ タイムテーブルでは「木曜深夜バラエティ」と表記されている。
  6. ^ 2014年3月までは火曜 14:55 - 15:25、同年10月7日までは火曜 0:54 - 1:24(月曜深夜)に放送していた。
  7. ^ 1時間時代になり新規にネット開始。

出典[編集]

  1. ^ フジテレビ番組紹介ページ
  2. ^ 『真実を追求せよ 踊る!デマ捜査官』有吉・柳原で大捜査! テレビドガッチ 2013年10月23日閲覧。
  3. ^ TVステーション」(ダイヤモンド社)2014年20号 64頁
  4. ^ 「TVステーション」2015年1号 65頁
  5. ^ 「TVステーション」2015年6号 64頁
  6. ^ 「TVステーション」2016年6号 64頁
  7. ^ “古舘G帯&深夜、ダレトクP帯、ワイドナ統合、みんN&報道2001縮小 - フジ改編”. サンケイスポーツ. (2016年9月5日). http://news.mynavi.jp/news/2016/09/05/118/ 2016年9月5日閲覧。 
  8. ^ THE NEWSα』の1分拡大(23:59 - 翌0:45)のため、1分縮小して放送。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

カンテレ制作・フジテレビ系列 COOL TV火曜枠
前番組 番組名 次番組
キャサリン三世
(2012年10月 - 2013年9月)
有吉弘行のダレトク!?
(2013年10月8日 - 2016年9月6日)
#nakedEve
(2016年10月25日 - 2017年3月28日)
カンテレ制作・フジテレビ系列 火曜22時台
有吉弘行のダレトク!?
(2016年10月18日 - )
【ここからバラエティ枠】
---