清水アキラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
清水 アキラ
本名 清水 章
生年月日 (1954-06-29) 1954年6月29日(63歳)
出身地 長野県下高井郡山ノ内町
グループ名 ザ・ハンダースものまね四天王
事務所 清水エイジェンシー
活動時期 1975年
過去の代表番組 ものまね王座決定戦
爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル
公式サイト http://www.shimizuakira.com/
受賞歴
『ものまね王座決定戦』最多5回優勝

清水 アキラ(しみず アキラ、1954年6月29日 - )は、日本ものまねタレントお笑いタレントで、千葉晴久主宰のフロンティア・レーシングの元プロスキーレーサーである。本名、清水 章(しみず あきら)。 清水エイジェンシー所属。

来歴[編集]

長野県下高井郡山ノ内町出身[1]。家業を継ぐため足利工業大学工学部機械工学科に進学するも、20歳の時に父親が他界し、中退。ぎんざNOW!のオーディションに合格し「コメディアン道場」5週連続チャンピオンを達成。ぎんざNOW!の出演を機にバラエティ番組に出演するようになり、後にコメディアン道場のチャンピオン同士でザ・ハンダースを結成。ザ・ワイルドワンズの「想い出の渚」をリメイクするなどのヒット曲を生み出す。「想い出の渚」ではこの年の賞レースをサザンオールスターズの「勝手にシンドバッド」と争い、日本有線放送大賞の新人賞を受賞した。

ハンダースの解散後に清水國明に弟子入り。そして『ものまね王座決定戦』でものまねタレントとしてブレイク。ものまね王座決定戦ではものまね四天王の1人となり、ビジーフォーと並ぶ最多の優勝5回を達成しており、『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』でも数回大トリを務めている。

ものまねは下ネタが多く、特に淡谷のり子からは酷評されていたが、真面目にやればちゃんと評価してくれていた他、松村邦洋もモノマネ芸は素晴らしいが下ネタに力を入れすぎていると評している。

2000年代頃からは油絵を嗜んでおり、加山雄三等の絵を見て勉強、個展を開く。

2004年頃に栗田貫一とお笑いコンビ『アキカン』を結成。

2012年7月15日、「来年いっぱいで、ものまねからは離れようかな。ちょっと休もうと思っています。それと、自分がふたをしてると息子が育たない。ものまねの審査員とかはしたいけど」と話した[2]

2013年11月19日アーノルド・シュワルツェネッガー主演映画『ラストスタンド』のDVD&Blu-ray発売記念イベントにて、モノマネ番組から引退を宣言した事について「これが“最後のお立ち台(ラストスタンド)”なんですか?」と、MCから振られると、「引退するとかじゃなくて、ちょっと休んで芸能界を後ろから見てみようかなと。ホッとしたい。ローンも終わったんでね。昔はローンレンジャーと呼ばれていましたから」と、笑いを取る。あらためて、「35年やってきて、若い子にバトンタッチしなきゃなと。芸能人はサラリーマンと違い定年がないから、区切りが必要。60(歳)を区切りに。そうしないと、ずるずるいっちゃうんだな」と真意を明かす。ただ、「お呼びがかかれば行きますけど、引退するわけではない」と、強調した[3]

2013年11月21日、『ノンストップ!』に出演。19日のイベントで自らが発した“卒婚”が離婚騒ぎになっていることについて「ただ結婚生活の卒業です」と説明するとともに「まさかこんなオオゴトなことになるとは…」と困惑していることを明かした。長野県山ノ内町に移住し、東京と長野を行き来しながら仕事をしていた清水は「好きな魚釣りや家を直したりしているだけ。決して単身赴任などというものではない」と悠々自適な生活を楽しんでいる現況を話した。それに対して、34年間連れ添った妻は「私は(長野での生活は)ダメだな」と東京住まいを選択したと続けた。これが離婚か?別居か?と騒がれたことに「そもそも夫婦仲が良くないのなら私は長野にはいかないです」と離婚危機について完全否定した[4]

2013年12月28日放送の『最強トーナメント2013 ものまね王座大決定戦 新王者誕生スペシャル!!』を以て、フジテレビの『ものまね王座決定戦』及び『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』を卒業(降板)した。

2015年3月16日、「私の何がイケないの?」に出演。「卒婚」のため移住した長野県にほとんど帰らず、東京都内で生活していることが明らかに。「卒婚を卒業しようと思って」と語った。「いい形ができたよねって言ってたんだけど(卒婚による一人暮らしは)実際やってみると大変だね。洗い物は洗わないし、洗濯物は洗濯しないし」と語った。清水は妻の大切さを再認識。妻が出掛ける時には「チューしてかなきゃマズいだろ」と結婚36年目にして新婚時代を取り戻している[5]

2017年10月12日、三男の清水良太郎覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕され、同日夜、自宅前で会見を開き、「良太郎は事務所をクビにする」と発言し、自分自身の体罰を伴った子育てのありかたを上げ、それが良太郎を嘘つきにしたと反省の弁を述べた。さらに、「もう信じることもできない」「話もしたくない」「面会に行く予定もない」と涙ながらに厳しく言い放ちながらも、自分の子供だから、清水家はもう一度最初からやり直しですと語り、約30分の会見は終わった[6]

主なものまねレパートリー[編集]

公式プロフィール[1]より。

人物[編集]

長男は航空会社勤務で、次男が大学卒業後に父親のマネージャーになり、清水エージェンシー(代表取締役清水アキラ)の取締役も務める[7]。三男は清水良太郎で『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』やものまね王座決定戦などにおいて、親子共演もしている。

特技はスキーで、国体選手だったこともある。そのためテレビ番組でもスキーテクニックを披露したり、1997年には英知出版から『清水アキラのスキー絶対上達講座』と第するビデオ教本(VHS)を発表している[8]

顔にセロハンテープを貼って、本人そっくりに見立てる『セロテープ芸』が特技[9]

出演作品[編集]

CD[編集]

  • ラーメンブルース(青江三奈とのデュエットソング。三共(現・第一三共)が発売した低カロリーカップ麺『メルビオラーメン』のCMソングに使われた)
  • 今この道を(2007年11月21日発売のシングル)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b オフィスブルースエット・清水アキラプロフィール
  2. ^ “清水アキラ引退宣言”. nikkansports.com. (2012年7月15日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120715-983846.html 2015年5月3日閲覧。 
  3. ^ “清水アキラ、「モノマネ番組からの引退」や「卒婚」の真意告白!モノマネ披露で盛り上げる”. [NEWSLOUNGE]]. (2013年11月24日). http://newslounge.net/archives/104413 2015年5月3日閲覧。 
  4. ^ “清水アキラ“卒婚”を生告白「夫婦仲が良くないのなら…」”. スポニチAnnexインターネットアーカイブによるキャッシュ). (2013年11月21日). http://web.archive.org/web/20131228130220/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/11/21/kiji/K20131121007054240.html 2013年12月28日閲覧。 
  5. ^ “清水アキラ 卒婚を卒業宣言!1人暮らしは「実際やってみると大変」”. スポニチAnnexインターネットアーカイブによるキャッシュ). (2015年3月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/03/16/kiji/K20150316009994740.html 2015年5月3日閲覧。 
  6. ^ 日刊スポーツ 2017年10月13日15時6分 - 清水容疑者10日前に不可解言動、父アキラ謝罪会見
  7. ^ 違法賭博疑惑・清水アキラ三男 脅迫されていた?東京スポーツ、2017年02月12日
  8. ^ 清水アキラのスキー絶対上達講座(パラレル編) 楽天ブックス
  9. ^ 清水アキラ「セロテープ芸」誕生秘話 アサ芸プラス 2012年11月29日

関連人物[編集]

外部リンク[編集]