鬼瓦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鬼瓦(おにがわら)は、瓦葺きの屋根の端などに設置される装飾性のあるの総称[1]。単に「鬼」と呼ばれることもある。厄除けと装飾が目的とされるものも多い。

歴史[編集]

ローマ帝国パルミラにおいて、建物の入口の上に厄除けとしてメドゥーサを設置する文化(ゴルゴネイオン)があった。この文化がシルクロード経由で[2]中国に伝来し、日本では奈良時代に唐文化を積極的に取り入れだした頃、急速に全国に普及したとされる。[要出典]

特色[編集]

鬼瓦は、棟の末端に付ける雨仕舞いの役割を兼ねた装飾瓦で、同様の役割を持つ植物性や石、金属などの材料で葺かれた屋根に用いられるものを「鬼板」(おにいた)というが、鬼面が彫刻されていない鬼瓦も鬼板という。一般的に鬼瓦といえば、鬼面の有無にかかわらず棟瓦の端部に付けられた役瓦のことをいう[3]。鬼瓦に付される鬼のモティーフは辟邪(魔よけ)の意味をもつとされる[1]

の顔を彫刻したものから、シンプルな造形の「州浜」(すはま)や「陸」(ろく)と呼ばれるものやの華をあらわしたもの、また、家紋や福の神がついたものなどがある。

古くは日本では蓮の文様が多かったが、奈良時代以降は鬼面(きめん)が主流になったため、鬼瓦と呼ばれるようになった[1]

産地[編集]

鬼瓦を製作する瓦職人を鬼師と呼び、2021年(令和3年)時点で全国に70人から80人の鬼師がいるとされるが、うち約50人は三州瓦の製造地域を拠点としている[4]

さまざまな鬼瓦[編集]

作品[編集]

演目のひとつに「鬼瓦」が存在する。ある大名が鬼瓦を見て、故郷に残した妻を思い出して泣いてしまうという話である。
狂言師の和泉元彌プロレスに参戦した際には、母親の和泉節子率いる応援団が「セッチー鬼瓦軍団」を名乗った。前記の狂言の演目にちなんでの命名である。
  • 鬼瓦(お笑い)
お笑い芸人の春日俊彰オードリー)の持ちギャグで、「鬼瓦」が存在する。これは白目を向き気が狂った表情に両手で顔を四角形に形取って「鬼瓦!」と発しながら鬼瓦の真似を行う。白目以外は般若の面のものまねに近い。
キャラクターとして「鬼瓦」が登場する。鎌倉大仏殿の鬼瓦がセイクリッドセブンという隕石に触れたことで自我を得たというキャラクターで、いつもヒロインと一緒に登場するためペットのような存在として描かれている。
アイテムとして登場、足場にしたりモンスターの足止めに使用する。
魔除けが効き過ぎる鬼瓦のせいで、こまわりの父親が病気になったエピソードがある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 大宰府式鬼瓦 九州歴史資料館、2020年4月10日閲覧。
  2. ^ TBS日立 世界・ふしぎ発見!」2009年10月24日放送回
  3. ^ 近藤豊著『古建築の細部意匠』大河出版 1972年
  4. ^ MIKAWAサーチ (14) 三州の鬼師先駆者の功績」『中日新聞』2021年1月18日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]