欄間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
欄間

欄間(らんま)は、日本の建築様式のひとつ。採光、通風、装飾といった目的のために天井鴨居との間に設けられる開口部材[1]

概要[編集]

部屋と部屋との境目や、部屋と廊下や縁側との境目に設けられ、採光換気、装飾等を目的として、障子格子、透かし彫り等の彫刻を施した板を嵌め込む。欄間に嵌め込まれる障子は欄間障子、格子は欄間格子と呼ばれるが、このような建具が単に欄間と呼ばれることもある。

奈良時代から寺社建築において採光を確保するために用いられたと考えられ[2]古くは平安時代絵巻物にも原型が見られる[要出典]。後に貴族の住宅建築にも用いられるようになり、江戸時代以降には一般住宅にも採り入れられた[2]

代表的な産地は、富山県南砺市井波地区(井波欄間、井波彫刻)と、大阪府(大阪欄間)である。井波彫刻及び大阪欄間は1975年通商産業大臣から伝統的工芸品の指定を受けており、大阪欄間は2006年地域団体商標として登録されている[3][4][2]

主な産地[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 意匠分類定義カード(L4) 特許庁
  2. ^ a b c d 大阪欄間・大阪欄間彫刻 大阪府
  3. ^ a b 大阪欄間 伝統工芸青山スクエア
  4. ^ 井波彫刻 伝統工芸青山スクエア
  5. ^ 欄間彫刻 かがわの県産品一覧 LOVEさぬきさん(かがわ県産品振興協議会)