置屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
現代の置屋。京都・小田本では、置屋業のほかに、舞妓などの芸を楽しめるバーとしても営業。

置屋(おきや)は、芸者遊女を抱えている家のことで、料亭待合茶屋などの客の求めに応じて芸者や遊女を差し向ける[1]。遊女屋とも[2]

芸者置屋・芸者屋などとも呼ばれ、これに料理を用意する料理屋(料理店)と場所を貸す待合茶屋や貸座敷を加えて三業といい、通常同一地区内でそれら三業が組織を作り、それを三業組合と言う[3]。こうした芸者遊びのできる場所を三業地(花街遊郭色街など)とも言う。

時代により、料理屋や待合茶屋を兼業する置屋も出てくるようになり、京都島原の「輪違屋」や大阪南地の「大和屋」など、茶屋として名を馳せた店も、もともとは置屋だった。また、花柳界がそれほど大きくない地方では、三業の分化は明確でなく、兼業も多かった。

芸者置屋だけでなく、仲居置屋や酌人置屋などもあり、昭和2年の資料では、芸者置屋業を単に「酌婦のみを置くもの」としている[4]

脚注[編集]

  1. ^ 『大辞林』
  2. ^ 置屋『大百科事典. 第4巻 第1冊』平凡社、昭11至14
  3. ^ 三業組合『大百科事典. 第27巻』平凡社、昭和6-10
  4. ^ 藝妓置屋業 『税務事務提要』東京市財務局収納課 編 (東京市, 1936)

外部リンク[編集]