相輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
相輪
六条八幡神社三重塔)

相輪(そうりん)とは、五重塔などの仏塔の屋根から天に向かって突き出た金属製の部分の総称。

概要[編集]

仏教の開祖、釈迦が荼毘に付された際に残された仏舎利を納めた塚であるストゥーパの上に重ねられた傘が起源とされる。 インドは気候が高温のため、釈迦を暑さから守るためと言われている。

相輪の構造[編集]

上から順に

  • 宝珠:仏舎利(釈迦の骨)が納められる。
  • 竜車:高貴な者の乗り物
  • 水煙:火炎のデザインだが火事を避けるため水煙とされている。
  • 九輪(宝輪):五智如来四菩薩を表す。
  • 受花(請花):飾り台。
  • 伏鉢:鉢を伏せた形をした盛り土形の墓、ストゥーパ形。
  • 露盤:伏鉢の土台。

宝珠は仏舎利が納められるため、最も重要とされる。 なお、中心を貫く棒は「擦」(または「刹管」)と呼ばれる。 また、仏舎利は塔の中に安置されていることもある。

関連項目[編集]

飛天が配された薬師寺東塔の水煙(模型)