石垣の積み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
近世の城石垣(江戸城)

石垣の積み方(いしがきのつみかた)では、主に戦国時代以降の日本の寺院、城郭の建築技術である石垣の工法と種類について解説する。

日本の石垣の歴史については「石垣」を参照のこと。

概要[ソースを編集]

戦国時代に城郭が発達するとともに石垣も発達し、全国各地に穴太衆・越前衆・尾張衆・長袖衆など石垣衆という石工集団が現れ、建築を担った。

戦国時代以降の石垣は、主に「空積み」(からづみ)という技法が用いられる。対して、粘土モルタルなどを練りこんで石同士を接着する積み方を「練積み」(ねりづみ)という。練積みはコンクリートやモルタルを接着材として石垣施工に用いられている近代工法での例が多い。城郭で用いられた例は少なく、鎌刃城滋賀県)などに見られる[1][2]。また加藤清正が手がけた慶長15年(1610年)の名古屋城天守石垣は裏込めに三和土を用いた一種の練積みである[3][4]

構造[ソースを編集]

石垣の石は、石垣の出隅に積まれる隅石(すみいし)と法面に積まれる平石(ひらいし)で構成される。底の部分の石のことを根石(ねいし)といい、最上部に据える石のことを天端石(てんばいし)という[2]

盛り土または既存の斜面に段状の切り目を施し(切り土)、底にあたる根元に溝を掘って(根切り)根石を置き並べ、砂利や割栗石という小さく砕いた石を積み石と斜面の間に詰めながら(裏込〈うらごめ〉)石を積み重ねる。地盤が弱い場合は、根切り部分に松材の杭を打ち丸太を並べる梯子胴木(はしごどうぎ)という基礎を敷いた[2]。松材は、水中に沈めておくとほとんど腐敗せず長持ちするため、梯子胴木は主に水に接する石垣の基礎に用いられた[1]

積む石については、以下に述べるが、無加工であるものや加工したものも用いる。切込み接ぎや打込み接ぎのように加工した石を用いる場合は、石同士との隙間が狭まり排水効率が弱まるため排水路や排水口が通される[1]

強度・耐震性[ソースを編集]

ハザマ西形達明関西大学環境都市工学部准教授、地盤防災工学研究室)が共同研究実験を行っている。実験用の実物大石垣で計測した結果、600ガル[5]を超える辺りから変化が見られ始め、石垣にはこれまでの研究以上の耐震性があることが分かった[6][7][8][9][10]。コンクリートブロック壁の強度を上回る実験結果もあり新名神高速道路の一部など道路に使われる場合もある[11]

分類[ソースを編集]

石の加工程度による分類[ソースを編集]

石垣は、加工程度によって、野面積み・打ち込み接ぎ・切り込み接ぎの3つに分けられる。「接ぎ(はぎ)」とは、つなぎ合わせるという意味である。野面積みが最も古い年代に現れた積み方で、次に打込み接ぎ、切込み接ぎの順であるが、切込み接ぎの石垣が現れた以降も野面積みの石垣が見られることもある[1][2]

野面積み(のづらづみ)[ソースを編集]

自然石をそのまま積み上げる方法である。加工せずに積み上げただけなので石の形に統一性がなく、石同士がかみ合っていない。そのため隙間や出っ張りができ、敵に登られやすいという欠点があったが排水性に優れており頑丈である。技術的に初期の石積法で、鎌倉時代末期に現れ、本格的に用いられたのは16世紀戦国時代のことである。野面積みの一種として穴太積み(あのうづみ)があげられるが、穴太積みは穴太衆が手掛けた石垣であって、特に野面積みの一種をいうものではない。穴太衆の技術の高さを誇示する為に江戸後期以降用いられた呼称である。

打込み接ぎ(うちこみはぎ)[ソースを編集]

表面に出る石の角や面をたたき、平たくし石同士の接合面に隙間を減らして積み上げる方法である。関ヶ原の戦い以後、この手法が盛んに用いられた。野面積みより高く、急な勾配が可能になる。

切込み接ぎ(きりこみはぎ)[ソースを編集]

方形に整形した石材を密着させ、積み上げる方法である。慶長5年(1600年)以降、隅石の加工から徐々に平石にまでわたるようになり、江戸時代初期(元和期)以降に多用されるようになった[1]。石材同士が密着しているので排水できないため排水口が設けられる。

積み方による分類[ソースを編集]

石垣の積み方は、布積と乱積の2つに大きく分けられる[1]。石垣最上部の天端(てんば)が垂直になった箇所を雨落とし(あめおとし)といい、その下に反りがあるものを「寺勾配」、雨落としが浅い・無いものを「宮勾配・扇の勾配」という。

布積み(ぬのづみ)
方形に整形した比較的おおきな石を目が横に通るように積み上げる方法で、整層積み(せいそうづみ)[2]ともいう。目地が通っているので、強度に問題がある。現在でも擁壁事業(土留工事)で用いられているが、現在はコンクリート擁壁の表面にモルタルを接着剤とした練り積みであり、強度的問題は無い。
乱積み(らんづみ)
大きさの違う自然石の平石、加工した平石をさまざまな方向に組み合わせ、積み上げる方法で、乱層積み(らんそうづみ)[2]ともいう。安土桃山時代以降に用いられた。

また布積の発展型とされる、「整層乱積み(せいそうらんづみ)」もある。大きさの違う長方形の石を使い、横目を通さないため布積より崩れにくい。

巻石垣
石垣が孕んで(脹らんで)崩落する事を防止するために既存の石垣の前面に築いて補強する石垣。現存する城跡もあるが中でも鳥取城天球丸の巻石垣は球面になっており現時点で確認されている唯一の球面石垣である[12][13][14][15]

外観による分類[ソースを編集]

算木積み(さんぎづみ)
石垣の出角部分(隅石)の積み方である。慶長10年(1605年)前後に用いられて以降、城郭の石垣に見られる[1]。長方体の石の長辺と短辺を交互に重ね合わせることで強度を増している。
谷積み(たにづみ)
平石の隅を立てて積む積み方で、落積み(おとしづみ)ともいう。長方形の平石を用いる例もある。1800年代中期以降に見られ、城石垣ではその多くは近代の造営であるという[1]。またこの積み方は昭和年間に至るまで道路工事で使われ、現在でも多く見ることができる。
亀甲積み(きっこうづみ)
石材を六角形に加工して積み上げる切込み接ぎの石垣の一種である。亀の甲羅の模様ように見えるためこう呼ばれる。力が均等に分散するため、崩れにくいが、江戸後期に低い石垣に用いられた例のみである。沖縄のグスクでは、相方積みともいわれる。
玉石積み(たまいしづみ)
玉石を用いた積み方。頑丈でないため石垣を高くすることはできない。
笑い積み(わらいづみ)
大石の周りに比較的小さな石を積む積み方。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

出典[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e f g h 三浦正幸『城のつくり方図典』小学館、2005年
  2. ^ a b c d e f 西ヶ谷恭弘編、阿部和彦ほか著『城郭の見方・調べ方ハンドブック』東京堂出版、2008年
  3. ^ 田附楠人『兵庫県 JR西日本播但線に於ける「人造石」に関する調査研究』道具学会道具学論集第12号、2005年。
  4. ^ 山本廣次 1986年「日本土木史研究発表会論文集6巻・東海のコンクリートの歴史」
  5. ^ 阪神・淡路大震災で800ガル以上、東日本大震災で2000ガル以上とみられている。
  6. ^ ハザマ、関西大学/実物大石垣で震動実験/伝統的技法に想定以上の耐震性:日刊建設工業新聞(2008年11月19日
  7. ^ 実物大の石垣で初の振動実験、中越沖地震規模では変状見られず:ケンプラッツ土木(2008年11月25日
  8. ^ 地震後に石垣はどう変形するか!ハザマと関西大学が評価手法を開発:ケンプラッツ建設IT(2008年3月18日
  9. ^ ハザマと関西大、城郭石垣の地震時の安定性を実物大模型実験で検証:日経BP(2008年11月19日)
  10. ^ 「実物大石垣の大型震動実験を実施」
  11. ^ 歩道沿い石垣採用 コンクリ強度 上回る
  12. ^ 城郭における全国唯一の球面石垣~鳥取とっとり城跡じょうあと天球てんきゅう丸まる『巻まき石垣いしがき』~
  13. ^ 城郭における全国唯一の球面石垣~鳥取城跡天球丸『巻石垣』~
  14. ^ 史跡鳥取城跡天球丸「巻石垣」の復元について
  15. ^ 鳥取城(因幡国/鳥取県) 天球丸巻石垣

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]