破城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

破城(はじょう)とは、日本の戦国時代から江戸時代にかけて行われた、を崩し廃止することをいう。城割(しろわり)ともよばれる。

破城が行われた理由[編集]

破城の理由は様々であるが、戦国期には日本各地で行なわれた。戦国中期までは1城ごとの城割が多かったが、織田信長豊臣秀吉の台頭に伴い、領国単位の大規模な城割が行なわれるようになる。さらに江戸時代には、江戸幕府による一国一城令の発布により、おもに西国や東北の外様大名領内で破城・廃城が実施された顕著な例がある。

戦国・織豊時代[編集]

江戸時代[編集]

  • 一国一城令(江戸幕府 1615年6月)
所領内の居城以外の城の破却を行い、1615年(元和元年)7月に発布された武家諸法度における「居城」の確定を目的とするもの。
島原の乱以後、同様の郎党や一揆の立て篭もりを防ぐ対策として実施された。

破城の方法[編集]

破城として行われた方法としては、主に以下のような方法がある。

[編集]

中部地方[編集]

  • 川中島の戦いに関連する城の例
    • 旭山城 - 現在の長野県長野市にあった山城。第2次川中島の戦いの和睦条件で破却された。この時の破城は、小屋や柵などの作治部分の撤去や象徴的な石垣の撤去に留められたと推測される[4]
    • 葛山城 - 現在の長野県長野市にあった山城。「鬼の洗濯板」のように切り刻まれた連続空堀が遺構として遺され、曲輪の使用を不可能としている[5][6][7]
    • 尼巌城 - 現在の長野県長野市にあった山城。主郭から南東の尾根の竪堀に付随して登り石垣状の遺構があるが、破却によって崩され竪堀内に残石が投棄された状態になっている[8]

近畿地方[編集]

  • 筒井城 - 1580年(天正8年)、織田信長によるもの。
  • 大坂城 - 大坂冬の陣(1614年(慶長19年))における徳川方の和平の条件として二ノ丸・三ノ丸・総構(真田丸を含む)破却と堀の埋め立てが盛り込まれ実施された。
  • 置塩城 - 羽柴秀吉によるもの。解体された部材は姫路城へ転用

九州地方[編集]

  • 名護屋城 - 現在の佐賀県唐津市にあった城。寺沢広高による建物部材や石材の転用のための破却行為が行われたが、徹底して破却が行われたのは1638年(寛永15年)の島原の乱の後である。
  • 原城 - 現在の長崎県島原市にあった城。1638年(寛永15年)の島原の乱後に破城が行われ、発掘調査でも破壊された石垣や、土砂などで埋められた虎口が確認された[9]。徹底的破却ではなく、石垣の上半分程度を崩すことで、その崩落土砂で下半分を埋めたのが実態のようで儀礼的な破却にとどまっている[10]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 松尾2017、77頁
  2. ^ 松尾2017、77-78頁
  3. ^ 松尾2017、78-79頁
  4. ^ 三島2006、16頁
  5. ^ 三島2006、18-19, 22, 28-29頁
  6. ^ 三島2016、183, 188頁
  7. ^ 三島2017、297頁
  8. ^ 三島2007, p.22-23, 48.
  9. ^ 松本2004、286頁
  10. ^ 木島2017、399頁

参考文献[編集]

  • 松本慎二「原城跡の検出遺構について」『中世城郭研究』第18号、中世城郭研究会、2004年、 282-287頁、 ISSN 0914-3203 - 第20回 全国城郭研究者セミナー(2003年8月2日開催、中世城郭研究会主催)における同タイトルの報告を活字化したもの。
  • 三島正之「川中島合戦と城郭:関連城郭から展望する合戦の実像」『中世城郭研究』第20号、中世城郭研究会、2006年、 4-41頁、 ISSN 0914-3203
  • 三島正之「川中島合戦と城郭(続):関連城郭から展望する合戦の実像」『中世城郭研究』第21号、中世城郭研究会、2007年、 4-63頁、 ISSN 0914-3203
  • 三島正之 (2016年8月7日). “東国における多重防御遺構の展開”. 第33回 全国城郭研究者セミナー. 中世城郭研究会主催. pp. 181-190(レジメ).. https://www.komazawa-u.ac.jp/~kazov/chujoken/semi2016/ 2020年3月12日閲覧。  - 中世城郭研究』第31号、中世城郭研究会、2017年、 297-298頁。に報告要旨掲載。
  • 木島孝之「原城」『織豊系城郭とは何か:その成果と課題』、村田修三監修・城郭談話会編、サンライズ出版、2017年、 398-399頁、 ISBN 978-4-88325-605-1
  • 松尾良隆「城わり」『織豊系城郭とは何か:その成果と課題』、村田修三監修・城郭談話会編、サンライズ出版、2017年、 77-79頁、 ISBN 978-4-88325-605-1

参考サイト[編集]

関連項目[編集]