城 (き)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(き)は、を表す古語。上代特殊仮名遣ではキ乙類。

百済語[編集]

三国史記』地理志に、「悦城県本百済悦己県」(今の「悦城」県はもと百済の「悦己」県である)、「潔城県本百済結己郡」(今の「潔城」県はもと百済の「結己」郡である)という記述が見られる。これらの例は、“城”の意味を表す百済の言葉(百済語)が、漢字「己」の音で写されていたことを示している。

藤堂明保の推定によれば、「己」は上古音 [kɪəɡ]中古音 [kɪei] となる。

李基文は、百済語で“城”を意味する語が [kɨ] であったことは確実とし、上代日本語の「城(き乙)」を百済語からの借用語と考える。

大和言葉[編集]

「城(き)」という語が独立して用いられた最も古い例は、『日本書紀』欽明天皇 23 年 7 月の条に見える次の歌謡 2 首である。

  • 柯羅倶爾能 基能陪儞陀致底 於譜磨故幡 比例甫囉須母 耶魔等陛武岐底
韓国からくにの に立ちて 大葉子おほばこは 領巾ひれ振らすも 日本やまとへ向きて
  • 柯羅倶爾能 基能陪儞陀々志 於譜磨故幡 比禮甫羅須彌喩 那儞婆陛武岐底
韓国の 城の上に立たし 大葉子は 領巾振らす見ゆ 難波なにはへ向きて

城(き)は韓国朝鮮半島)のものという認識をとどめていると考えられる。

「城(き)」が複合語の後部要素となる場合、古くは連濁を起こすことがなかった。これは外来語の特徴と考えられる。例:「多加紀(高城たかき)」(『古事記』・神武天皇)、「伊波歸(石城いはき)」(『常陸国風土記』・新治郡)。

参照文献[編集]