扁額

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小諸城三の門とその扁額
土佐神社の神額

扁額(へんがく)は、建物の内外や鳥居などの高い位置に掲出される額(がく)、看板であり、書かれている文字はその建物や寺社名であることが多いが、建物にかける創立者の思いなどを記すことがある。扁額は神社寺院城門茶室などの伝統建築のみでなく、学校体育館トンネルなどの近代建築においても掲げられる。特に神社に掲げられている額を「神額」、寺社に掲げられている額を「寺額」という。扁額の文字は著名人が揮毫することがあり、扁額そのものが書跡としての文化財の扱いを受けることがある[1]。扁額は奉納したものが掲げられることがあり、特に区別して奉納額ということもある[2]

扁額は中国に由来し[3]日本ベトナム韓国などでも見られる。図案(意匠)としては神職であった氏族や家(いえ)が家紋として用いることがあるほか、小出氏の使用した紋として有名である。

皇帝天皇が与える扁額を勅額という。

著名な扁額[編集]

扁額のために著名になり、あるいは通称がついた建造物がある。

  • 首里城の城門の1つである守礼門は、古来の名称は「首里門」、愛称は「上の綾門」(いいのあやじょう)である[4]が、扁額に「守禮之邦」とあることから、門自体がこのように通称される。
  • 筥崎宮の楼門は、扁額に「敵国降伏」とあることから「伏敵門」とも通称される[5]。この扁額の切手については筥崎宮#筥崎宮の勅額切手を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]