真壁 (建築)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

真壁(しんかべ)は、を露出するのこと。日本国内では主に和室数寄屋造り書院造などの伝統工法が用いられた建物、伝統家屋などに見ることができる。外装仕上げに対しても用いられる。

構造[編集]

姫路城・乾小天守(1階内部)

日本の真壁には、塗壁と張り壁の二つがある。

塗り壁とする場合、の間に大壁のものより細い間柱を立て、下から地-胴貫-内法貫-天井貫を土台と平行方向に適切な間隔でかける。竹製の格子(小舞)を組み、縄などで縛り固定し下地としたもの(小舞下地)か、直接ラスボート(塗壁用の石膏ボード)等を張ったもの(石膏ボード下地)の上に漆喰などを塗り重ねることが多い。小舞を組む場合は壁土を塗った(下塗)上に中塗-上塗(仕上げ)を行うことが多い。

張り壁とする場合、柱の間に大壁のものより細い間柱を立て、等間隔に接合部の下地となる胴貫と中間の下地である胴縁を土台と平行方向に適切な間隔でかける。石膏ボードや下地合板などを張り、壁紙を張って仕上げる。

何れも、天井との境に天井回り縁、との境に、幅木、和風の床などでは雑巾摺り、畳敷きの場合は畳寄せが付けられる。普通、大壁で隠れてしまう鴨居敷居も露出する。普通鴨居がなくてもよい場所にも付け鴨居という装飾材が付けられる。その上に長押を付けると本格的な和室となる。

外壁の真壁[編集]

外壁を真壁とする場合、隅柱や露出させたい柱を外に出るように配置するか、他より大きな柱とする必要がある。板状の部材を元の柱か大壁仕上げの壁に取り付けて(付け柱)真壁に見せることもある。また、露出した柱も漆喰などで塗ごめた場合にも真壁造り(総塗籠造)ということがある。城郭建築では長押や柱をそのように塗ごめて形を出させるので長押形(なげしがた)という。欧米などでも伝統的なイメージとして定着している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]