ハーフティンバー様式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Beaney Institute 002.jpg
Bramall Hall 1.jpg

ハーフティンバー様式half timbering)は、北方ヨーロッパ木造建築の技法である。半木骨造とも呼ばれる。アルプス以北の北方ヨーロッパ()の木造建築に多く見られる。特に15世紀から17世紀、英国の住宅に多用された。

概要[編集]

名称の由来は、壁と木造の部分が半々となる(半分木造の意味)ためとも、割られた材木を外部に見せるためとも言われる。、斜材(筋違)、間柱、窓台等の軸組は隠されず装飾材としての役目を兼ね、軸組の間を漆喰煉瓦などで仕上げた。

参考資料[編集]

関連項目[編集]