モスクワ・バロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
被昇天教会、ポクロフカ通り、モスクワ (1696年 - 1699年)

モスクワ・バロックロシア語:Московское Бароккоマスコーフスカイェ・バローッカ)は17世紀から18世紀にかけてモスクワで用いられた建築様式。別名、ナルィーシュキン・バロックНарышкинское Бароккоナルィーシュキンスカイェ・バローッカ)。

概要[編集]

モスクワ・バロック様式は、伝統的なロシア建築と、中欧を経てウクライナ・バロック様式の融合で、同時期サンクトペテルブルクではピョートル・バロック様式があった。

最初のバロック教会は、ピョートル大帝の母ナターリヤ・ナルィーシュキナにより建てられた。1730年、モスクワ・バロックは、バルトロメオ・ラストレッリロシア・バロックに引き継がれた。

モスクワ・バロック建築[編集]

ギャラリー[編集]

モスクワ・バロックの建築家[編集]

  • ヤーコフ・ブフヴォツォフ
  • ピョートル・ポタポフ