木骨造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
木骨造

木骨造(もっこつぞう)は、建築構造の一つで、木造軸組構法、又はこれと組積造を折衷した構造である。英語表記ではティンバーフレーミング(Timber Framing)、ドイツ語表記ではファッハヴェルクハウス(Fachwerkhaus)、フランス語表記ではコロンバージュ(Colombages)。

概要[編集]

木材によるによりフレーム (骨組)を作り、骨組の間に石材煉瓦(時には漆喰コンクリートも用いる)で壁体を作ることにより耐力壁とし、軸組との両方で荷重を支える。不動産登記事務取扱準則はこれに該当する建物構造として「木骨石造」「木骨れんが造」を挙げる。また、英語の"Half Timber"(ハーフティンバー)の訳語として「半木骨造」とも称する。

中世ヨーロッパ森林の多いドイツフランスオランダイングランド地域において盛んに作られた。日本では、明治期に西洋建築を模倣した建築物に盛んに用いられた。壁体には煉瓦大谷石が用いられた。また倉庫などには、伝統的な土蔵造に組積造の壁を取り入れた和洋折衷の木骨造も用いられた。

1970年代初めには、アメリカカナダで、忠実に再現されたティンバーフレーム(木骨造)が盛んに建て始められた。この復興の影には、Steve Chappell、Jack Sobon、そしてTedd Bensonの研究成果が大きく関わっている。

現在の日本では、歴史的建築物として保存されるのみで、木骨造(木造軸組構法組積造の組み合わせ)が新築されることは皆無である。 また、木造軸組構法のみでの木骨造(ティンバーフレーム)も、建築基準法の定めにより、筋交い耐力壁の使用が義務づけられており、木造軸組構法(伝統工法)ではなくなっている。しかし、綿密に構造設計された木造軸組構法だけは、筋交い耐力壁は必要とせず、今でもその伝統工法は受け継がれている。 国内での木造軸組構法の建築が可能な事業者は、ごく僅かである。