架構式構造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

架構式構造(かこうしきこうぞう)とは屋根などを支える構造のこと。「柱・梁構造」「楣(まぐさ)式構造」[1]とも。これに対して壁体で構造物を支えるものは「壁構造」「組積造」などという。

概要[編集]

架構式構造(ラーメン構造)。柱と梁で床スラブを支える。
壁構造。壁体で床スラブを支える。

古くからの建築工法として、建材としての木材が豊富な文化圏ではまず柱を地表に立て、次に柱と柱を横財でつなぎ(これを梁、という)それによって上部構造物を支える仕組みが発達した。一方建材に適した木材が乏しい地域では、日乾し煉瓦や土などで堅固な壁体をつくり、壁によって構造物の主体をなす工法が発達した。前者が架構式構造であり、後者が壁構造である。

架構式構造では柱と梁を主な構造体として、その間に壁を造るため、開口部を大きく取ることができる。煉瓦造などの壁構造に開口部を造る場合、開口部に横材のまぐさ石を置いていたが、石材の大きさに限界があるため、一般家屋などでは余り大きな開口部を取ることが出来なかった。アーチの発明・利用が進んだのも開口部を広く取るための工夫といえる。なお、壁構造であっても屋根は小屋組みでつくるなど、部分的に架構式工法が用いられることが多い。

日本木造住宅に見られる木造軸組構法は伝統的な架構式構造である。木造であっても、ログハウスや2×4工法などのように壁体で床、屋根を支えるものもある。古代ギリシャ神殿はかつて木造であったものが石材に置き換えられたと考えられており、パルテノン神殿などは石造りでありながら柱と梁で切妻屋根を支える構造となっている。同じ神殿でもジッグラトのようなオリエントの神殿は日乾し煉瓦を積み上げた組積造である。

近代以降普及を見た鉄筋コンクリート構造においては架構式(ラーメン構造)が広く利用されている。工法の主流は、梁、床スラブを同時にコンクリート成型する「一体型」である。一方で鉄筋コンクリートの壁構造は高層化が困難であることなどから架構式構造ほどは利用されていない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 建築史で拱式構造アーチ構造)に対比して使われる。

関連項目[編集]