ブルータリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブルータリズムを示す代表的な作品であるピッツバーグ大学法科大学院バルコ法科棟英語版[1]

ブルータリズム (brutalism) またはニュー・ブルータリズム (new brutalism) は、1950年代に見られるようになった建築様式で、文化的要素が低く無骨な意匠を建物の外観に多用する。建築資材の質感が強調され、塗装や化粧板は使わない。荒々しさを残した打放しコンクリートなどを用いた彫塑的な表現(ベトン・ブリュット/生のコンクリート)を特徴とする[2][3]

1940年代に新折衷主義などの懐古的な動きが生まれ、モダニズム建築インターナショナル・スタイルが形骸化したことに対し、モダニズム建築の機能主義の原点に立ち返ることを目指してスミッソン夫妻英語版らにより主唱された。1980年代にポストモダン建築が現れると衰退した。

建築例[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Pitt Will Dedicate Law School Building”. Pittsburgh Post-Gazette. (1976年5月1日). https://news.google.com/newspapers?id=JwMOAAAAIBAJ&sjid=gW0DAAAAIBAJ&pg=4744%2C13833 2010年2月1日閲覧。 
  2. ^ The Dezeen guide to Brutalist architecture”. 2022年10月11日閲覧。
  3. ^ Brutalist architecture - a retrospective”. 2022年10月11日閲覧。