コンテナハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドイツの輸送用コンテナから構築された一時的な銀行支店

コンテナハウスとは、コンテナを利用した建築物として認められる住居のこと。コンテナを基礎に設置することでつくられる。内部を改装して民家として使用されたり、複数個積み重ねて多階層化されることもある。現在、日本ではISO規格コンテナは建築物として使用することができないため、使用されるものは全てJIS規格コンテナとなっている。重量鉄骨で作られた箱であるため、非常に頑強であるという特徴を持つ。英語で「container architecture」から、「cargotecture」、または「arkitainer」とも呼ばれる。

長所[編集]

カスタマイズ
輸送用コンテナは、その形状と素材により、さまざまな目的に合わせて簡単に変更が可能。
強度と耐久性
輸送用コンテナは船上で高く積層されるように設計されている。 また、海水がかかる船などの厳しい環境に耐えるように設計されている。
モジュール性
サイズが規格化されており組み合わせることができるため、より大きな構造にすることができる。これにより、設計、計画、および輸送が簡単になる。 輸送を容易にするためにインターロックするよう設計されているので、それらを使用するだけで建築が完了する。空の場合、最大12ユニットまで積み重ねることができる。
施工性
何かを取り付ける場合は、鋼材に溶接またはドリル加工する必要がある。鋼の溶接と切断は建設費を増加させる可能性があるが、全体的には従来の建設よりも依然として低い。
輸送
すでに標準のサイズに適合しているため、コンテナは船、トラック、または鉄道で簡単に輸送可能である。
可用性
広く使用されているため、新品および中古の輸送用コンテナが世界中で利用可能。
費用
中古コンテナは、レンガやモルタルなど、一般的な他の建材に比べて低コストで入手可能。 [要出典]
低い環境負荷
3,500 kgを超える輸送用コンテナをアップサイクルすると、数千キログラムの鋼鉄が節約される。

欠点[編集]

温度
鉄は熱伝導性が高い。極端な温度変化のある環境で人間が居住するためのコンテナは、レンガ、鉄筋コンクリート、木造よりも断熱性が高くなければならない。
柔軟性の欠如
コンテナを組み合わせてより大きな構造を作成することもできるが、標準規格のサイズ(20フィートまたは40フィート)とは異なるサイズを作成するには費用と時間がかかる。
湿度
上記のように、鉄は熱伝導性が高い。 温暖な気候では、湿った内部の空気が鋼鉄に対して凝縮し、結露する。 鋼が十分に防錆処理されていないと錆が発生する。錆は鋼材を減肉させていくことになるので致命的な現象となる。
建設現場
コンテナのサイズと重量は、ほとんどの場合、クレーンまたはフォークリフトで配置する必要がある。木造建築の場合の建設資材は、上層階まで手作業で移動が可能である。
建築許可
建設にを使用することは、産業用建築では一般的だが、住宅の構造にはあまり使用されていない。 自治体がこの申請書を以前に見たことがないため、一部の地域では建築許可の取得が面倒な場合がある。日本ではiso規格鋼材を建材として認めていないため、一般的な海上輸送用コンテナであるiso規格のコンテナは建築許可を取得できない。jis規格鋼材のコンテナならば建築許可を取得できるものの、jis規格のコンテナはマイナーであり高価となる。米国では特定の輸送用コンテナによる建築物は市のゾーニングコードの例外となっているため、建築許可の必要がないものがる。
木材床の処理
オーストラリア政府の検疫要件を満たすため、製造時のほとんどのコンテナ床は、銅(23〜25%)、クロム(38〜45%)、ヒ素(30〜37%)を含む殺虫剤で処理されている。 人が居住する前に、床を取り外して安全に廃棄する必要がある。 利用可能な場合、鋼床のユニットが望ましい。
貨物の流出
コンテナは、その耐用期間中に多種多様な貨物を運ぶ。内面にこぼれや汚染が発生した可能性があり、居住前に清掃する必要がある。理想的には、すべての内部表面をむき出しの金属に研磨ブラストし、非毒性の塗装システムで再塗装する必要がある。
溶剤
製造時に使用される塗料およびシーラントから放出される溶媒は有害な場合がある。
損傷
使用中、コンテナは、摩擦、衝突、および船舶輸送中に上の重い荷物の力によって損傷を受ける。コンテナの検査において、割れた溶接部、ねじれたフレームまたはピン穴が見つかった場合は問題となる。
屋根が弱い
コンテナの両端は非常に強力だが、屋根はそうではない。 300 kg以内の制限が推奨される[要出典]

利用例[編集]

ファイル:Container Wall.jpg
西オーストラリアの鉄鉱石鉱山で半永久的な壁を形成するために積み上げられた輸送コンテナ

設置が早いため、仮設住宅として利用されることがある。長寿命であるためプレハブ的な利用よりも、恒久的に設置される公営住宅としての使われ方をする。日本では東日本大震災時に被災地に設置された[1]

輸送用コンテナに基づく多くの構造物がすでに構築されており、その用途、サイズ、場所、外観は大きく異なる。

未来派の スチュワート・ブランドは、 How Buildings Learnを作成するために必要なすべての材料を組み立てる場所が必要になったとき、輸送用コンテナをオフィススペースに変換し、変換プロセスを同じ本にまとめた。

2006年、南カリフォルニアの建築家Peter DeMariaは、全米に認められたUniform Building Code(UBC)の厳格なガイドラインのもと、米国で最初に2階建てのコンテナ製家屋を建てた。 この家はレドンドビーチハウスであり、貨物コンテナーベースのプレハブホーム会社であるLogical Homesの創設に影響を与えた。 2007年、Logical Homesは、ネバダ州ラスベガスで開催されたコンピューターエレクトロニクスショーのために、旗艦プロジェクトthe Aegeanを作成した。

Adam Kalkinらの建築家 は廃棄された輸送用コンテナの元の形を活用、あるいは部品に使用したオリジナルの家を建てた[2]

コンテナがどのように積み重ねられるかを示すコンテナシティの構造の図。

2000年、アーバンスペースマネジメントは、ロンドンのトリニティブイワーフエリアでコンテナシティIと呼ばれるプロジェクトを完了した。 同社はさらなるコンテナベースの建築プロジェクトを完了し、さらに多くのプロジェクトを進行中。

2006年、オランダの会社Tempohousingは、中国からの輸送コンテナを1,000人分の学生寮に転用した世界最大のコンテナビレッジをアムステルダムで完成させた。[3]

2002年には、ISO標準輸送コンテナが、独立したオンサイトの廃水処理プラントとして使用され始めた。 コンテナを使用することにより、現場での廃水処理に対する費用効果の高いモジュール式のカスタマイズ可能なソリューションが作成され、処理システムを収容するために別の建物を建設する必要がなくなる。

MBAの学生であるブライアン・マッカーシーは、2000年代のMBA視察旅行中に、メキシコのシウダドフアレスの多くの貧しい地域を見て以来、彼はメキシコの典型的なマキラドーラ労働者のために輸送用コンテナ製家屋のプロトタイプを開発した[4]

2006年、Village Undergroundはロンドンのショーディッチに非営利のアーティストのワークスペースを建設した。 そのコンセプトをさらに発展させて、Auro Foxcroftはリサイクルされた輸送コンテナの建築の一部として、ロンドン地下鉄の客車を追加するというアイデアを思いついた。

ライブイベント&エンターテインメント業界への応用:ニューオーリンズで2010年、ドイツの建築家兼プロダクションデザイナーのStefan Beeseは、ニューオーリンズのヴードゥーエクスペリエンスにて、一般的なグランドスタンドの足場構造の代わりに、長さ40フィートの輸送用コンテナ6本を使用して大きな展望デッキとVIPラウンジエリアを制作した。コンテナはまた、年間を通じて他のフェスティバルの保管スペースとしての役割を果たした。上部の2つのコンテナは、各側で9フィートの片持ち梁式で、見晴らしの良い場所である2つのバルコニーを作り、バルコニーには2つのバーもあった。 各コンテナには、「VOODOO」という単語が刻まれており、構造をブランド化するだけでなく、様々な見晴らしの良い場所やサービスエリアの開口部を作成していた。また、開口部自体がイベントの看板として機能するため、バナーやポスターを作成するための追加の材料やエネルギーが必要なかった。

ファイル:Stefan Beese's Eco Shipping Container Lounge by Melissa Carrier.jpg
ルイジアナ州ニューオーリンズのシティパークにある2009&2010 Voodoo Music Experienceの出荷用コンテナで作られたグランドスタンドとVIPラウンジ。 米国。

英国では、砂を詰めたコンテナで作られた壁が変電所にて、セラミック絶縁体の爆発による飛来物からの保護のために巨大な土嚢として使用されている。

2013年10月、 Googleが所有する、輸送用コンテナでできた上部構造を持った2つのバージが、その目的について推測するメディアの注目を集めた[5]

市場[編集]

ビシュケクのドルドーイバザールでの活発な貿易。
南アフリカ ケープタウンの ジョースロボパークにあるコンテナ店。

空の輸送コンテナは、 旧ソ連諸国の市場の屋台や倉庫として一般的に使用されている。

ヨーロッパ最大のショッピングモールまたは組織化された市場は 69ヘクタール (170エーカー)の土地と、空港とウクライナオデッサ中央部との間に積み上げられたコンテナで形成された路地で構成されています。 非公式には「 Tolchok 」と名付けられ、正式には第7キロメートル市場として知られ、16,000のベンダーがあり、1,200人の警備員と保守員を雇用している。

中央アジアでは、ほぼ全体が二重に積み上げられたコンテナで構成された、キルギスビシュケクにあるドルドイバザールが匹敵する規模を誇る。安価かつ大量の模造ブランド品がカザフスタンロシアからの旅行者に人気がある。

2011年、 ニュージーランドの クライストチャーチにあるキャシェルモールは、市の中心ビジネス地区を破壊した地震で破壊されてから数ヶ月後に、一連の輸送コンテナで再開した[6]

スターバックスコーヒーは、輸送用コンテナを使用して店舗を建設[7]。 ポップアップモールBoxparkも2011年にロンドンのショアディッチに作成され、その後、 ロンドン大都市圏の他の場所に続いた[8]。 ポップアップショッピングモールであるコモングラウンドは、2016年に韓国のソウルで製造された[9]

その他の用途[編集]

40フィートのポータブルモジュラーデータセンター 。
貧困地区の教育改善に使われている、20フィートの教室。

輸送用コンテナは次の目的でも使用されている

  • 手頃な価格の住宅 [10]
  • プレスボックス
  • サラブレッド種の馬のための緊急ハリケーンシェルター
  • コンセッションスタンド
  • 消防訓練施設[11]
  • 軍事訓練施設
  • 緊急シェルター
  • 校舎[12]
  • アパートやオフィスビル
  • アーティストのスタジオ
  • 店舗[13]
  • レール上の移動可能な展示スペース
  • 通信会社のハブ
  • 銀行の金庫室
  • 診療所
  • レーダーステーション
  • ショッピングモール [14]
  • 寝室
  • レコーディングスタジオ
  • 抽象芸術
  • 運搬可能な工場
  • モジュラーデータセンター (例 Sun Modular Datacenter 、 ポータブルモジュラーデータセンター )
  • 実験室
  • 戦闘員の一時的封じ込め(換気) [15]
  • バスルーム
  • シャワー
  • スターバックスの店舗(例:6350 N. Broadway、Chicago、IL 60660 USA) [16]
  • ワークショップ
  • 船、トラック、列車の複合的な密閉型ストレージ
  • 不安定な地震地帯の家の基礎
  • エレベーター/吹き抜けシャフト
  • パキスタンの長い行進中に写真で報道されたように、道路を遮断し、抗議者を遠ざける[17]
  • ホテル[18]
  • 建設用トレーラー
  • 鉱山サイトの宿泊施設
  • 探検キャンプ
  • SSライト(T-AVB-3)またはSSカーチス(T-AVB-4)に搭載された場合の米国海兵隊の航空整備施設
  • RVキャンピングカー
  • フードトラック
  • 水耕栽培農場
  • バッテリー収納ユニット
  • 仮刑務所 [19]

住宅およびその他の建築向け[編集]

News report from Voice of America about shipping container housing for students in Copenhagen.
出荷用コンテナコテージ。
53フィートの冷凍コンテナホーム

コンテナは、強く、耐久性があり、積み重ね可能で、切断可能で、可動式で、モジュール式で、豊富で、比較的安価であるため、多くの点で理想的な建築材料。建築家利用者は、それらを使用して、家 [要出典] オフィス、アパート、学校、寮、アーティストのスタジオ、緊急避難所また、プールとしても使用されている。 また、シェルターを構築する代わりに、建設現場やその他の会場に「現状のまま」一時的に安全なスペースを提供するために利用される。

1987年11月23日に、フィリップC.クラークは、「1つまたは複数の鋼鉄製出荷用コンテナを建築現場で居住可能な建物に変換する方法およびその製品」として米国特許を申請した。 この特許は、1989年8月8日に特許4854094として付与された。 特許文献には、いくつかの非常に基本的な建築概念が記載されており、おそらく最も古くに記録された、輸送用コンテナの住宅やシェルターを建設する計画が示されている。しかし、この特許は出願時には新規な発明ではなかったかもしれない。 ポール・ソーヤーズはそれ以前、1985年の映画「スペース・レイジ」のセットで使用された大規模な輸送用コンテナの建物について著している。

米軍が20フィートの輸送用コンテナを構造要素として使用することの実現可能性を調査した「構造システムとしてのコンテナの輸送」という1977年のレポートなど、初期のコンテナアーキテクチャ概念については他の例もある。

1991年の湾岸戦争の間 、コンテナは仮設シェルターとしてだけでなく、換気を可能にするために穴を開けたコンテナがイラク戦争捕虜の輸送用に非標準的な用途を見せた。

コンテナは軍用シェルターにも引き続き使用された。多くの場合はロケット推進榴弾(RPG)などの武器から保護するために、側壁に土嚢を追加することでさらに強化された。

過去10年間のこれらのコンテナの豊富さと相対的な安さは、過去20年間での北米由来の製品の不足に起因する。こういったアジアそして (比較的少ないが) ヨーロッパ由来の製品は、かなりの費用をかけて空または「デッドヘッド」で返送する必要のあるコンテナで到着するが、アジアで新しいコンテナを購入する方が、古いコンテナを返送するよりも安くなることがよくあるためである。したがって、北米の目的地に到着した使用済みコンテナについて、新しい活用法が求められている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2、3階建て仮設が大好評 結露や隣家の音、気にならず 宮城
  2. ^ Linnie Rawlinson (2007年2月16日). “Biography: Adam Kalkin”. CNN. 2011年9月17日閲覧。
  3. ^ Robert Cookson (2009年1月21日). “Hotel changes the landscape of building”. Financial Times. http://www.ft.com/cms/s/0/b9aad44a-e7f1-11dd-b2a5-0000779fd2ac.html#axzz1YGQKwrxk 2011年9月17日閲覧。 
  4. ^ "Shipping containers could be 'dream' homes for thousands." CNN. Accessed September 24, 2008.
  5. ^ Daniel Terdiman (2013年10月25日). “Is Google building a hulking floating data center in SF Bay?”. CNET. 2013年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  6. ^ Matthew Backhouse (2011年10月29日). “Container mall open for business”. New Zealand Herald. http://www.nzherald.co.nz/business/news/article.cfm?c_id=3&objectid=10762489 
  7. ^ Falk, Tyler (2012年1月17日). “Starbucks opens store made from recycled shipping containers”. SmartPlanet. 2014年5月19日閲覧。
  8. ^ Fry, Simon (2017年1月26日). “Boxing clever: The firms based in shipping containers”. BBC. https://www.bbc.co.uk/news/business-38742250 
  9. ^ Wong (2016年11月8日). “World's largest shipping container shopping mall pops up in Seoul”. inhabitat. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  10. ^ Constantineau, Bruce (2013年8月2日). “Vancouver social housing built from shipping containers”. The Vancouver Sun. https://vancouversun.com/Vancouver+social+housing+built+from+shipping+containers/8739234/story.html 2014年5月19日閲覧。 
  11. ^ Building a Fire Training Facility”. 2016年12月20日閲覧。
  12. ^ Costa Mesa Waldorf School is Made From 32 Recycled Shipping Containers”. 2016年12月20日閲覧。
  13. ^ Garone, Elizabeth (2014年11月3日). “A New Use for Shipping Containers: Stores”. Wall Street Journal. ISSN 0099-9660. https://www.wsj.com/articles/a-new-use-for-shipping-containers-stores-1414965266 2016年12月20日閲覧。 
  14. ^ “This shopping mall in Seoul is made entirely of shipping containers”. Business Insider. http://www.businessinsider.com/this-mall-in-seoul-is-made-of-recycled-shipping-containers-2016-7 2016年12月20日閲覧。 
  15. ^ “Escape From An Eritrean Prison”. NPR.org. https://www.npr.org/sections/parallels/2013/05/19/184846121/escape-from-an-eritrean-prison 2016年12月20日閲覧。 
  16. ^ Broadway & Devon: Starbucks Coffee Company” (英語). www.starbucks.com. 2017年8月30日閲覧。
  17. ^ Day Four: On the trail in Islamabad A photoseries by Musadiq Sanwal shows us what is happening on the streets of Islamabad during the Long March.
  18. ^ Shipping Container Hotel”. 2016年12月20日閲覧。
  19. ^ Aaltonen, Riikka (2017年7月14日). “Tältä näyttää Suomen ensimmäinen siirrettävä moduulivankila – Oulun poliisilaitoksen väistötilat saivat käyttöönottoluvan torstaina” (フィンランド語). Kaleva (Oulu, Finland). https://www.kaleva.fi/uutiset/oulu/talta-nayttaa-suomen-ensimmainen-siirrettava-moduulivankila-oulun-poliisilaitoksen-vaistotilat-saivat-kayttoonottoluvan-torstaina/765347/ 2018年9月27日閲覧。 

参考文献[編集]

ジャーナル

外部リンク[編集]