曲り家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
曲り家(岩手県遠野市遠野ふるさと村

曲り家(まがりや)は、伝統的家屋民家)の建築様式のひとつである。曲家、曲屋、曲り屋、曲がり屋、曲り家、曲がり家などの表記も用いられる。

定義と形態[編集]

広義には、長方形平面の直屋(すごや)[1]に対して、L字形平面の家屋をいう[2]母屋(馬屋)がL字形に一体化していることから、「曲り家」と呼ばれる。

こうした伝統的家屋は全国各地に分布しているが、「狭義」とされ、また最も広く知られているのが「南部曲り家」である。南部曲り家と他のL字形家屋との違いについては、突出部に厩を持つ点で共通し、かつ分布域が接触する「中門造」との対比で説明される。中門口(突出部の先端に設けられた入口)をもたないことが、決定的な違いである[3]

外観の特徴[編集]

屋根は本来茅葺で、本屋(母屋)は寄棟、突出部(厩側)は入母屋もしくは寄棟である。本屋と突出部の向きには、右厩タイプ(向かって右側が突出部)と左厩タイプがあり、遠野盆地周辺では後者が多い[4]

内部間取りの特徴[編集]

家畜飼養空間、作業・収納空間、居住空間の3つからなる[4]。遠野盆地周辺では、東側が台所で、南側に厩(うまや)が母屋の下手に接続して突出し、台所のから排出された暖気が厩に流れ込み、飼育されているを温める仕組みになっていることが多い。

南部曲り家の成立[編集]

南部曲り家の成立は、18世紀中期ないし前半まで遡ることができる[5][6]。成立と普及は、南部藩が奨励した、馬の多頭育を目的としたなど諸説があるが、奨励したとする史料が見つかっていなかったり、曲り家同様に大型の厩を備えた直家も存在したりするなど、説得力のある根拠に乏しい状況である[4]。村役人である肝入りなど上層農家に曲り家が多いことから、曲り家と直家の採用には、家格表示の差異もあると考えられている[7][8]

南部曲り家の分布と減少[編集]

南部曲り家は、岩手県南部領地方(旧南部藩領)の岩手県部分のほぼ全域に存在した。 特に、馬産地であった岩手郡紫波郡稗貫郡上閉伊郡下閉伊郡九戸郡に多く見られ、現在の盛岡市・紫波郡周辺と遠野市周辺が曲家分布の核心(高密)地域であった[4]

しかし、南部曲り家の数は減少を続けている。その要因は、遠野市の事例では、1)兼業化の進展、各種大型農用機械の導入、1970年頃までの牛の導入といった経済的要因、2)地域の共同性低下とそれに伴う茅葺屋根の葺き替えの困難化、そして生活改善運動といった社会的要因、3)屋内生活時間の増加、接客機会の減少など家庭生活に関する要因の3つである[9]。その減少過程は、市全域で減少しつつも中心部近郊で早く縁辺部では遅れるという空間的パターンを示した。

南部曲り家の残存・継承[編集]

残存している南部曲り家には、継続的に居宅として使用されているものと、近隣に新しい居宅が建てられた後に物置として使用されてきたものが見られる[10]。これらは、曲り家での生活に対する積極的な意識、あるいは所有者の相対的な経済的困窮によって残存してきた。それらの多くは新たな生活様式にある程度適応させた改造がなされているが、中には茅葺屋根を維持している例も見られる。

遠野市にある「千葉家住宅」および「旧菊池家住宅」(遠野伝承園に市内の小友町から移築)は、国の重要文化財に指定されている。

遠野市の「遠野ふるさと村」や、盛岡市の「盛岡手づくり村」などの観光施設にも、移設復元された南部曲り家がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 直家(すごや)とも表記する。厩と母屋が一体化していてもL字型ではない家は曲り家ではない。
  2. ^ 佐々木史郎(1997):曲屋.山本正三・奥野隆史・石井英也・手塚晃編:『人文地理学辞典』朝倉書店,pp.417.
  3. ^ 米田藤博(1982):岩手県の現存曲り屋について.地理学報,21,pp.11-23.
  4. ^ a b c d 高橋宏一(1992):南部曲家研究の展望と課題.岩手大学人文社会科学部総合委員会編:『文化の基礎理論と諸相の研究』.岩手大学人文社会科学部総合委員会,pp.171-227.
  5. ^ 文化財保護委員会編(1965):『岩手県の民家』.文化財保護委員会,106p.
  6. ^ 東北大学建築学科佐藤巧研究室編(1978):『岩手県の古民家』.岩手県教育委員会,128p.
  7. ^ 小倉強(1955):『東北の民家』.相模書房,277p.
  8. ^ 杉浦直(1988):東北地方における農村家屋形態の地理学的研究-その展開と成果―.東北地理,40,pp.116-117.
  9. ^ 河本大地(2002):岩手県遠野市における南部曲家の減少とその背景.地域地理研究,7,pp.1-18.
  10. ^ 河本大地(2003):岩手県遠野市における南部曲家の現状―その残存と継承に着目して―.地理科学,58-1,pp.46-59.

外部リンク[編集]