佐藤巧 (工学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 巧(さとう たくみ、大正11年(1922年9月20日 - 平成30年(2018年3月9日)は日本工学者東北大学名誉教授

人物[編集]

飯田須賀斯に師事する。専門は古建築学で、日本住宅および集落史、東北地方を中心とした中近世の古民家、社寺、城郭建築などの調査、保存研究で知られる。戦災で焼失した伊達政宗の霊廟瑞鳳殿の再建、仙台城復元計画なども業績の一部である。宮城県山形県岩手県仙台市それぞれの文化財保護審議委員を長く務めた。

来歴[編集]

受賞歴[編集]

参考文献[編集]

  • 『佐藤巧教授著作目録』東北大学記念資料室、1986年

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース