東北工業大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東北工業大学
長町キャンパス
長町キャンパス
大学設置/創立 1964年
学校種別 私立
設置者 学校法人東北工業大学
本部所在地 宮城県仙台市太白区八木山香澄町35番1号
キャンパス 八木山キャンパス
長町キャンパス
学部 工学部
ライフデザイン学部
研究科 工学研究科
ライフデザイン学研究科
ウェブサイト 東北工業大学公式サイト
テンプレートを表示

東北工業大学(とうほくこうぎょうだいがく、英語: Tohoku Institute of Technology、公用語表記: 東北工業大学)は、宮城県仙台市太白区八木山香澄町35番1号に本部を置く日本私立大学である。1964年に設置された。大学の略称は東北工大。また東北地方の一部地域では東工大も用いられる[1]

八木山キャンパス正門前

概要[編集]

工学部とライフデザイン学部、大学院を有する私立大学。八木山(本部及び主に工学部)、長町(主にライフデザイン学部)の2つのキャンパスを有する。電気系の法人及び郵政互助会(現・郵政福祉)が設立母体。建設系学科(建築・建設システム)の他、デザイン・環境情報等学科によって構成される。

環境情報工学科研究棟及び教育棟が新規に建設され、施設が拡充される。当該施設建築は、当大学建築学科の考案した制震構造及び制振デバイスを採用。インテリア設計、ピクトグラムサインのデザインをデザイン工学科が担当。

大学補完施設として付属工場、ウェルネスセンター、新技術創造研究センター、e-ラーニングセンター、ハイテク・リサーチ・センターが存在。ハイテク・リサーチ・センターは、文部省(現文部科学省)の支援を受け新技術の開発研究所として、東北地方で唯一の拠点。

せんだいデザインリーグ卒業設計日本一決定戦を主催する仙台建築都市学生会議参加大学。

2014年現在の理事長は岩崎俊一

文部科学省平成26年度「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」に選定。

仙台市地下鉄東西線のまちづくりの課題解決のため仙台市と連携協定。

沿革[編集]

  • 1964年 東北工業大学設置認可。
  • 1964年 東北工業大学開学する。工学部電子工学科及び通信工学科開設。
  • 1966年 建築学科開設。
  • 1967年 土木工学科・工業意匠学科開設。
  • 1968年 計算センター新規開設。
  • 1982年 情報処理教育センター新規開設。
  • 1985年 情報処理技術研究所新規開設。
  • 1990年 東北少年院跡地に二ツ沢キャンパスを新規開設。
  • 1992年 大学院工学研究科修士課程開設。通信工学専攻・建築学専攻・土木工学専攻開設。
  • 1993年 大学院工学研究科修士課程電子工学専攻開設。
  • 1994年 大学院工学研究科博士課程を開設する。通信工学専攻・建築学専攻開設。
  • 1995年 大学院工学研究科博士課程電子工学専攻・土木工学専攻開設。
  • 1997年 東北地方の技術研究の核並びに拠点として、ハイテク・リサーチ・センターを新築。
  • 2000年 大学院工学研究科修士課程デザイン工学専攻開設。
  • 2001年 環境情報工学科開設。
  • 2002年 大学院工学研究科博士課程デザイン工学専攻開設。
  • 2003年 大学院工学研究科博士課程環境情報工学専攻開設。香澄町キャンパス9・10号館新築。土木工学科を建設システム工学科に変更。工業意匠学科をデザイン工学科に変更。
  • 2003年 地域交流拠点として仙台市青葉区の市中心部一角に一番町ロビー新規オープン。
  • 2004年 通信工学科を情報通信工学科に変更。
  • 2005年 新技術創造研究センター新規開設。e-ラーニングセンター。
  • 2006年 新1号館を建設。
  • 2007年 電子工学科を知能エレクトロニクス学科へ変更。
  • 2008年 ライフデザイン学部クリエイティブデザイン学科、安全安心生活デザイン学科、経営コミュニケーション学科開設。香澄町キャンパスを八木山キャンパスに、二ツ沢キャンパスを長町キャンパスに名称変更。
  • 2012年 工学部環境情報工学科を環境エネルギー学科へ再編。大学院ライフデザイン学研究科開設。
  • 2017年 工学部知能エレクトロニクス学科を電気電子工学科に名称変更する。

教育方針及び特徴[編集]

設立は、地方の理系大学としては1964年(昭和39年)と比較的古く、卒業生は東北地方の企業を中心に首都圏北海道に及ぶ。

各学科で差異はあるものの、1年次より専門科目導入を推進、少人数セミナー形式授業を採用。

1年次前期より教養課程と平行し専門教育課程を順次進めていくことで目的意識喚起を醸成する学習プログラム実施。

入学後に厳しい専門教育を行う。早期より専門教育を実施、欧米型大学に類似の特徴がある。1年次より研究室に配属される学科が存在する。

3、4年進級時に進級認定によって最大約15〜30%の留年生が発生する場合がある。

建築学科では12月、学外施設において、有識者(過去の招聘例は、磯崎新月尾嘉男等建築、都市計画の専門家)を招聘し、講演会を開催、これらは一般市民にも公開。学生の長所を引き出すSTAC(Student Ability Catalog)を採用。東北の建築を描く展を定期開催。建築学科における建築サポートセンター開設による、建築学科独自の支援体制を強化。

建設システム工学科は、土木分野においてJABEE日本技術者教育認定機構)の認定を受ける。1年次より研究室でのセミナーを実施。道路実験室が存在。

情報通信工学科は、3年進級時にオペレーティングシステムやコンピュータハードウェアソフトウェアを必修とする「情報コース」と、通信システムや電波工学を必修とする「通信コース」に大別される。

情報通信工学科は平成18年度、「みやぎIT人材すくすく特区」による特例措置の適用の認定を受け、2006年度以降入学者については、学科指定科目の基準出席率を達成し履修後、修了認定試験に合格した後、「基本情報処理技術者試験」、「初級システムアドミニストレータ試験」の午前試験が免除となる。

デザイン工学科は、プロダクトデザインインダストリアルデザイン及びウェブデザイン等の工業意匠系専門家の養成学科である。

電気電子工学科では、知能システムコース(ロボティクス系)・知能センシングコース(バイオ・フォトニクス系)・知能デバイスコース(マテリアル系)の3種に大別される。知能システムコース(ロボティクス系)では、ロボット要素技術を中心に習得する。知能センシングコース(バイオ・フォトニクス系)では、磁器等利用デバイス研究やナノプローブ利用装置開発を行っている。知能デバイスコース(マテリアル系)では、LSI、マイコン等エレクトロニクスデバイスの専門的知識及び技術を習得する。また3コースを通じ、フロンティア研究を重視している。例として、心理物理実験による人間音声のスペクトル形状知覚の発見と同知見による人間相互会話による疎通と同等の情報伝達信頼性を有す音声インターフェース開発が列挙される。

工学部全学科で高等学校「工業」の教育職員免許状が取得可能。また、電気電子工学科・情報通信工学科・環境情報工学科では高等学校「情報」の教育職員免許状が取得可能。

仙台市青葉区に位置する一番町ロビー(当初は、ゆうちょ銀行仙台支店に隣接するニッセイ仙台ビルの1Fのみに所在していたが、現在は同ビルの1Fと4Fに所在)は、地域コミュニティとのインターフェース機能を持つ交流施設である。当該施設では、研究活動の一部や企画等を常設展示及び公開。

教育・研究[編集]

学部[編集]

  • 工学部
    • 電気電子工学科
    • 情報通信工学科
      • 通信コース
      • 情報コース
    • 建築学科
    • 都市マネジメント学科
      • エンジニアコース
      • プランナーコース
    • 環境エネルギー学科
      • エネルギーコース
      • エコロジーコース
  • ライフデザイン学部
    • クリエイティブデザイン学科
    • 安全安心生活デザイン学科
    • 経営コミュニケーション学科

大学院[編集]

全ての専攻に博士前期・後期課程が設置されている。

  • 工学研究科
    • 電子工学専攻
    • 通信工学専攻
    • 建築学専攻
    • 土木工学専攻
    • 環境情報工学専攻
  • ライフデザイン学研究科
    • デザイン工学専攻

付属機関及び施設[編集]

大学関係者[編集]

学生生活[編集]

スポーツ[編集]

  • 硬式野球部は仙台六大学野球連盟に加盟。
  • 1986年より、毎年8月、北海道工業大学と運動部の定期戦を開催。通算成績は、9勝5敗(第23回大会:2008年実施時点)。
    • 各競技の勝敗をトータルして判定する「総合優勝」は、第10回大会より導入。
    • 2011年は、東北地方太平洋沖地震の影響に伴い中止。代替として、当該大学教職員・学生の激励を目的とした大学訪問を実施、震災関連報告、義援金贈呈等、学生相互の交流が実施される。

サークル・部活動[編集]

  • クラブやサークルは、スポーツ関連の他にカート、モーターサイクル、電子技術等、工学系大学特有のクラブが存在。
  • 体育会は、運動部、サッカー部や硬式及び準硬式野球部などの他にカート部なども存在する。愛好会は、モーターサイクル愛好会が存在。
  • 文化会は、ソフトウェア技術研究会等、工学系大学に即したサークル活動及び愛好会が存在。

大学祭[編集]

  • 大学祭(工大祭)は年に一度開催される。お笑い芸人等を招聘。

ロケーション[編集]

杜の都仙台の八木山の森林環境に位置する。周辺には、せんだいメディアテーク宮城県美術館が存在。

大学周辺の著名建築及び設計者[編集]

その他[編集]

  • 復興大学
    復興人材育成教育コース、教育復興支援、地域復興支援ワンストップサービス・プラットフォーム、災害ボランティアステーションの4事業からなる、文部科学省の大学復興センター構想の一つとして承認された災害復興人材の育成機関。迅速な復興へ寄与することを主眼としたもの。従来から存在する学都仙台コンソーシアムの単位互換制度を東日本大震災からの復興を目的とし発展した。
  • 父母懇談会
    毎年、東北地方を中心に北海道関東地方において開催。
  • 奨学金制度
    成績優秀者を優遇する種類のもの、地方公共団体、優秀な学生でかつ経済的理由により学業存続が困難な学生に対し奨学金制度を設置。
    郵政互助会が出資したこともあり「郵政互助会教育振興基金奨学生」の制度が利用できた。

施設概要とアクセス方法[編集]

八木山キャンパス[編集]

2008年4月1日より、「香澄町キャンパス」から「八木山キャンパス」に改称された。

長町キャンパス[編集]

2008年4月1日より、「二ツ沢キャンパス」から「長町キャンパス」に改称された。

  • 新幹線、在来線 東京方面、盛岡方面、地下鉄南北線・東西線とも仙台駅下車、仙台駅より仙台市営バス・野草園行き(610系統)にて「茂ヶ崎」または、東北工大長町キャンパス急行バス(628系統)・野草園前東北工大長町キャンパス経由長町四丁目・長町営業所行き(X610系統)で「東北工大長町キャンパス」下車(所要時間約30分)
    • 長町駅(長町駅東口バスターミナル)または、長町南駅(長町南駅・太白区役所前バスプール)からは、仙台市営バス・東北工大長町キャンパス行き(48系統)、東北工大長町キャンパス経由仙台駅前行き(S610系統)、または、東北工大長町キャンパス・仙台駅前・県庁市役所前経由交通局・東北大学病院前行き(K610系統)で「東北工大長町キャンパス」下車、宮城交通宮交自動車学校行きで、「東北工大長町キャンパス入口」下車(宮交自動車学校へはいかず東北工大長町キャンパス行きもあり。その場合は終点下車)
  • 航空機 仙台空港駅より仙台空港アクセス線にて仙台駅下車、仙台駅より仙台市営バス・野草園行きにて「茂ヶ崎」または、東北工大長町キャンパス急行バス・東北工大長町キャンパス経由長町四丁目・長町営業所行きで「東北工業大学長町キャンパス」下車(所要時間約90分 乗り換え時間含まず)
  • 自動車 東北自動車道仙台南インターチェンジまたは仙台宮城インターチェンジより約30分

一番町ロビー[編集]

  • 新幹線、在来線 東京方面、盛岡方面とも仙台駅下車、仙台駅より仙台市営バスの南町通・八幡町経由交通局・大学病院行き(820系統)、または、南町通・八幡町経由川内営業所行き(X820系統)にて「一番町・中郵便局前」下車(所要時間約3分)だが、徒歩15分ほどで到達可能。
  • 地下鉄利用は、東西線の青葉通一番町駅下車、徒歩で交差点南側のアーケードを抜けて向かい右側のビルとなる。

系列校[編集]

対外関係[編集]

国内学術交流協定締結校[編集]

  • 学都仙台コンソーシアム
  • 復興大学
    復興人材育成教育コース、教育復興支援、地域復興支援ワンストップサービス・プラットフォーム、災害ボランティアステーションの4事業。
  • 放送大学学園と単位互換協定を結んでおり、放送大学で取得した単位を卒業に要する単位として認定することができる[2]

海外学術交流協定締結校[編集]

過去に協定締結した海外学術交流協定締結校[編集]

国際交流プロジェクト及び事業関係[編集]

国際協定校との共同事業[編集]

  • 広州大学:環境まちづくり 国際交流セミナー2009@工大
  • 泰日工業大学:モノづくり大学の研究交流:TNIの学内施設及び国立科学技術開発機構研究所(NSTDA)の視察、TNIと本学学生の交流会等、T.I.T.-TNI 国際ジョイントセミナー2010。

産学官連携協定及び共同事業[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]