イリノイ工科大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Illinois Institute of Technology
IIT Hauptgebäude.jpg
校訓 Transforming Lives. Inventing the Future.
創立 1890
学校種別 私立, Space-grant
運営資金 $235.5 million[1]
学長 Alan W. Cramb[2]
学長 Frances Bronet
教職員 659[3]
学生 7,790 [4]
学部生 2,991[4]
大学院生 3,271[4]
博士課程 1,528[4]
所在地 米国イリノイ州シカゴ
キャンパス Urban, 120エーカー (48.6 ha)[3]
Newspaper TechNews
スポーツ 多様な10チーム
スクールカラー IIT Scarlet      and IIT Gray     [5]
愛称 Scarlet Hawks
マスコット Talon the Hawk
運動競技 NCAA Division III (in transition)[6]
Formerly NAIACACC
所属提携
ウェブサイト www.iit.edu
テンプレートを表示

イリノイ工科大学英語:Illinois Institute of Technology)はアメリカ、イリノイ州シカゴに本校が位置する研究型私立理工系総合大学である。1890年設立。プログラムは建築、エンジニアリング、科学、心理学、ビジネス、通信、ジャーナリズム、デザインと法律で構成されている。IIT(アイ・アイ・ティー)、Illinois Tech(イリノイ・テック)の略称で呼ばれる。

大学のモットーは、Transforming Lives. Inventing the Future。学部生(2,801人)と比較して、大学院生(4,799人)、特に、博士課程の学生(1,528人)の割合が多い、大学院/研究大学である。

同エリアのシカゴ大学が科学に重点を置くのに対し、IITは工学及び科学技術に重きを置く。特に、建築学、航空工学、コンピュータ工学、医用生体工学などが強い。携帯電話の発明、バーコードの発明、オーディオ用カッセットやビデオ用テープなどの磁気記録テープの発明、パラボラ・アンテナの発明で知られる。4名のノーベル賞受賞者が在籍していた(いる)。その内の1名(レオン・レーダーマン)はIITの現役の教授である。

キャンパスの位置[編集]

メインキャンパスはシカゴの西アダムス通り565である。シカゴの中心的な商業地区であるループ地区から南に鉄道(グリーンライン)で10分程である。大学の主な建物及び全体計画はミース・ファン・デル・ローエによって設計され、特にクラウンホールが著名。現在はレム・コールハースマコーミック・トリビューン・キャンパス・センターなど新たな建築も注目されている。シカゴの建築ツアーの名所の一つでもある。 ビジネス系大学院、ロースクールはダウンタウンにキャンパスがあり、金融地区やその他企業からのアクセスは非常に良い。

プログラム[編集]

  • Undergraduatesの人数:2,576
  • Postgraduatesの人数:4,833

Undergraduate プログラム[編集]

Armour College of Engineering

  • Biomedical Engineering
  • Chemical & Biological Engineering
  • Civil, Architectural & Environmental Engineering
  • Electrical & Computer Engineering
  • Mechanical, Materials & Aerospace Engineering

College of Architecture

  • Architecture

College of Science and Letters

  • Applied Mathematics
  • Biological, Chemical & Physical Sciences
  • Computer Science
  • Lewis Department of Humanities
  • Math and Science Education
  • Social Sciences

Institute of Psychology

  • Institute of Psychology

Center for Professional Development

  • Industrial Technology and Management
  • Information Technology and Management

Stuart School of Business

  • Stuart School of Business

Graduate プログラム[編集]

  • Analytical Chemistry
  • Applied Mathematics
  • Architectural Engineering
  • Architecture
  • Biological Engineering
  • Biology
  • Biomedical Engineering
  • Biomedical Imaging and Signals
  • Business Administration (MBA)
  • Chemical Engineering
  • Chemistry
  • Civil Engineering
  • Collegiate Mathematics Education
  • Computer & Electrical Engineering (dual degree)
  • Computer Engineering
  • Computer Science
  • Computer Science & Chemical Engineering
  • Computer Science for Teachers
  • Construction Engineering and Management
  • Design
  • Design Methods
  • Electrical Engineering
  • Electrical and Computer Engineering
  • Electricity Markets
  • Energy/ Environment/ Economics (E3)
  • Environmental Engineering
  • Environmental Management and Sustainability
  • Family Law
  • Finance
  • Food Process Engineering
  • Food Safety and Technology
  • Geoenvironmental Engineering
  • Geotechnical Engineering
  • Health Physics
  • Industrial Technology and Operations
  • Information Architecture
  • Information Technology and Management
  • Integrated Building Delivery
  • Intellectual Property Management and Markets
  • Landscape Architecture
  • Law
  • Management Science
  • Manufacturing Engineering
  • Marketing Communication
  • Materials Science and Engineering
  • Materials and Chemical Synthesis
  • Mathematical Finance
  • Mathematics Education
  • Mechanical and Aerospace Engineering
  • Molecular Biochemistry and Biophysics
  • Network Engineering
  • Personnel and Human Resources Development
  • Physics
  • Power Engineering
  • Psychology
  • Public Administration
  • Public Works
  • Rehabilitation Counseling
  • Science Education
  • Structural Engineering
  • Technical Communication
  • Technical Communication and Information Design
  • Telecommunications and Software Engineering
  • Transportation Engineering
  • VLSI and Microelectronics

ビジネススクール(Stuart School of Business)プログラム詳細[編集]

Stuart(スチュアート)と呼ばれる。特徴として工科大学系である強みを活かし、技術、金融工学系の授業が知られる。特に環境におけるカリキュラムについては高い評価を与えられている。(Sustainable MBAワールドランキング6位;Beyond Grey Pinstripes2003)

ランキング[編集]

  • 学問上最も厳格な大学ランキング 全米24位(Newsweek大学ランキング2012)
  • 卒業後の給料ランキング 全米24位(Payscale.com)
  • 工科大学ランキング 全米8位(http://college.usatoday.com/2015/08/28/top-engineering-colleges/ USA Today])
  • コンピュータ工学 全米3位(College Fractal 2015
  • 電気電子工学 全米26位(College Fractal 2015
  • 航空宇宙工学 全米21位(College Fractal 2015
  • リハビリカウンセリング 全米9位(U.S. News & World Report 2014)
  • 医用生体工学 全米58位(U.S. News & World Report 2014)
  • ロースクールランキング 全米72位(U.S. News & World Report 2014)
  • ロースクール(知的財産権)ランキング 全米7位(U.S. News & World Report 2015
  • 価値の高い大学ランキング 全米42位(U.S. News & World Report 2015
  • 工学部 全米59位(U.S. News & World Report 2014)
  • 工学研究科 全米71位(U.S. News & World Report 2014)
  • 最も美しい大学キャンパス 全米8位(Hercampus.com

歴史[編集]

建築[編集]

マコーミック・トリビューン・キャンパス・センター

ミース・フェン・デル・ローエによる建築

  • クラウンホール(1956)
  • エンジニアリサーチビルディング(1945)
  • ハーティングプラント(1949)
  • カーメモリアル教会(1952)
  • コモンビルディング1953)
  • シーゲルホール(1957)


最近の建築

著名な教員・卒業生[編集]

ノーベル賞受賞者[編集]

  • レオン・レーダーマン(ノーベル物理学賞受賞、1988年、ニュートリノビーム法およびミューニュートリノの発見によるレプトンの二重構造の実証の功績による。現役のIIT教授。)
  • ジャック・シュタインバーガー(ノーベル物理学賞受賞、1998年、ニュートリノビーム法、およびミューニュートリノの発見によるレプトンの二重構造の実証の功績による。)
  • ハーバート・サイモン(ノーベル経済学賞受賞、1978年、意思決定の理論的・実証的研究の功績による。IIT政治学教授。)
  • スーザン・ソロモン(ノーベル平和賞、2007年、IPCCの一員として。地球温暖化で知られる気象学の世界的権威。)

他の著名な出身者[編集]

教授[編集]

脚注[編集]

  1. ^ As of June 30, 2014.U.S. and Canadian Institutions Listed by Fiscal Year 2014 Endowment Market Value and Change in Endowment Market Value from FY 2013 to FY 2014 (Revised February 2015) (PDF)”. 2014 NACUBO-Commonfund Study of Endowments. National Association of College and University Business Officers. 2015年12月1日閲覧。
  2. ^ Alan W. Cramb, Provost”. 2015年12月1日閲覧。
  3. ^ a b IIT Viewbook (PDF)”. pp.  64 (2008年). 2009年3月14日閲覧。
  4. ^ a b c d Quick Facts for Fall 2011”. Illinois Institute of Technology (2011年). 2012年3月1日閲覧。
  5. ^ IIT Identity Standards Manual” (2001年10月). 2008年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月17日閲覧。
  6. ^ “Student athletic association helps ease transition to NCAA”. TechNews. (2013年11月17日). http://www.technewsiit.com/story/student-athletic-association-helps-ease-transition-ncaa 

外部リンク[編集]